NAKAHARA-LAB.net

2006.5.22 20:36/ Jun

プレスリリース第一弾! MS講座始動!

東京大学におけるマイクロソフト寄附研究部門
ITを活用した先進教育環境に関する研究プロジェクトを開始

 国立大学法人東京大学(本部:東京都文京区)とマイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区)は、 ITを活用した次世代の教育環境の研究を推進するために提携し、東京大学内にマイクロソフト先進教育環境寄附研究部門(略称 MEET: Microsoft chair of Educational Environment and Technology)を設置し、具体的な研究を2006年5月から開始いたしました。
 この取り組みは、ITを活用した次世代の教育環境の研究の推進を目指し、東京大学とマイクロソフトが、昨年11月に発表した提携の具体的な取り組みの第一弾となります。
 MEETは、東京大学の全学的な教育の情報化の取り組みであるTREEプロジェクト(Todai Redesigning Educational Environment)の一環として、ITを効果的に応用した「課題発見型教育」を実現するための学習環境の創造に取り組みます。
 主としてタブレットPCを活用した先進的教育環境(学習システム)を開発するとともに、タブレットPCの活用による学習効果などを検証していきます。また、研究成果は東京大学の教育現場をはじめ、広く国内外に実践的に還元していくことを目指します。
 具体的には、
 ①学びたい授業を選べる環境を作る
 ②興味関心から問題を引き出す
 ③「読み・書き・発表」スキルを身につける
 という学習段階に合わせて、以下の研究を実施します。
 これらの研究開発においては、マイクロソフトリサーチが開発した最先端技術や、マイクロソフトが全世界で実施している他の教育工学研究プロジェクトの成果を積極的に取り入れて、より実践的な研究を行う予定です。
研究内容:
1.MEET コースカタログ
 最新のWebテクノロジー等を利用して、膨大な授業情報を自動的に整理し、授業と授業の関連を分かりやすく表示するなどして、学生が学びたい授業を見つけ出すことができるようなシラバスシステムを研究開発する。
2.MEET ビデオアーカイブス
 高等教育に資する様々な映像資料をタブレットPC上に映し出し、教育・学習活動の中で柔軟に利用できるようなシステムを研究開発する。学生や教師の興味関心に応じて、学習に役立つ映像シーンを容易に検索できるインタフェースの開発も視野に含める。
3.MEET e-ジャーナル
 タブレットPCによる直感的なマーキング機能等を活用して、アカデミック・リーディング,ライティング能力を育成支援するシステムを研究開発する。テキストマイニングによる要約技術を応用して、適切な指導をフィードバックする機能も検討する。
4.MEET プレゼンテーショントレーナー
 最新のビデオ・テクノロジー等を活用して、PowerPointを利用したプレゼンテーション能力を高めることができる教育システムを研究開発する。
 なお、MEETの開設記念シンポジウムを、2006年6月14日に東京大学一条ホールにて開催する予定です。
詳細はこちらをご参照ください。
URL:http://utmeet.jp/events/index.html

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「学ぶことにはお金がかかる」ー自腹で学んだことのない人にとっての「不都合な真実」!?

2019.2.15 06:40/ Jun

「学ぶことにはお金がかかる」ー自腹で学んだことのない人にとっての「不都合な真実」!?

あなたの会社の人事は「経営・現場」を強くしていますか?

2019.2.14 06:46/ Jun

あなたの会社の人事は「経営・現場」を強くしていますか?

「うちの社員はしゃべらない」のではなく「しゃべらせない何か」が組織にあるだけ!?

2019.2.13 06:53/ Jun

「うちの社員はしゃべらない」のではなく「しゃべらせない何か」が組織にあるだけ!?

あなたの組織に潜む「職場のぐるぐる」とは何か !? : 「個人」を悪者探しで「アチョー」しても問題解決できない、たったひとつの理由!?

2019.2.12 06:40/ Jun

あなたの組織に潜む「職場のぐるぐる」とは何か !? : 「個人」を悪者探しで「アチョー」しても問題解決できない、たったひとつの理由!?

「数字」や「エビデンス」は「現場を変えない」のはなぜか?:組織に存在する「マリアナ海溝」並に深い「溝」の正体!?

2019.2.8 06:46/ Jun

「数字」や「エビデンス」は「現場を変えない」のはなぜか?:組織に存在する「マリアナ海溝」並に深い「溝」の正体!?