「人が働き続けたくなる組織」と「ダメなら、新たにとってくりゃいいという組織」の違いとは何か?

 先だって、某プロジェクトのヒアリングにて、パート・アルバイト人材の「驚異的なリテンション率」を誇る組織のHRの方にお話を伺いました。
リテンション(retention)とは、ワンワードで申し上げますと、「採用した人材に、組織の中にいつづけてもらい、働いてもらうこと」です。
 採用や教育にはコストがかかりますので、一定期間の「リテンション率」をあげることは、組織のHR上のアウトカム(達成度)としては、重視されることが多いものです。

 ヒアリングでは、仕事継続(リテンション)に影響を与える様々な要因について、同社にてHRを率いるHさんから、圧倒的先行者の貴重なノウハウを聴かせて頂きました。ありがとうございます。心より感謝です。

 どのお話も非常に印象的でしたが、もっとも心に残ったのは、その「世界観」です。

「だめなら、新たに外から採用すりゃいいという組織」と、「ハイリテンション組織」が異なるのは、組織が暗に想定している「人間観」や「仕事観」かなと思いました。うーん、なんと申し上げてよいのかわからないのですが、「世界観」といいましょうか「HRの思想」といいましょうか、そういうものが決定的に異なるように感じるのです。

 確かに、そりゃー、比べてみれば、外見上の「制度」も「環境」も違うんでしょう。でも、そういうものは「形式的」にはすぐに真似して、似たようなものをつくることができるし、実際にそうなっている。

 だけれども、もっとも違うのは「人間とはどういう存在なのか?」そして「何があれば人は働きがいをもって仕事ができるのか?」ということに関する「組織の答え」なのかな、と思います。
 そうした一連の哲学的な問いに対して明確な解をもち、それにひもづくかたちの制度構築・環境構築をもっていらっしゃるように、僕には感じました。

 制度や環境だけ、形式的に真似したって、絶対に勝てない。

  ▼

 オリンピックイヤー2020年にむけて、大都市圏では「人手不足」が、さらにさらにさらに加速していく予感があります。

 社会予想はさまざまに発表されていますが、数千万人の世界中の人々が、日本にこられるという予想もあるようです。もう5年後のホテルすらとれないんだとか・・・。

 このような中、多くのサービス業では、一定の「人員=量」を確保しつつ、同時に「サービスの質」を確保しなければなりません。サービス業の中にはすでに動き出している組織もございます。

 このような環境下では、おそらく「ダメなら、新たにとればいい」は次第に通用しなくなるのではないかと思います。
「ダメなら、新たに外からとればいい」といいますけど、「外」に人は次第に少なくなるからです・・・人手不足で。また、長期的な視野にたてば、日本は、これから人がどんどん少なくなっていく。
 このような中、「だめなら、新たに外から採用すりゃいいという組織」は、圧倒的な苦難に直面するものと思います。そのような中で、長い時間はかかるとは思いますが、「人が働き続けたくなる組織」が増えていくことを願います。

 このような環境下では、適切な人を選び、できれば長くつとめてもらうことーオンボーディング(同じ船にのってもらうこと)施策が、決定的に重要になると思われます。

 プレスリリース前なので、あまり詳細なことは言えませんが、このプロジェクトにお声がけいただいたことに、プロジェクト代表者のSさん、Tくんはじめ、心より感謝いたします。このプロジェクトがその社会課題に対してなんらかの貢献ができることを願っています。

 また「驚異的なリテンションを誇る組織のHR長 Hさんにも、貴重な時間とインサイト溢れるお話を感謝です。自分のこれまでもとめてきた理論や主張と共鳴する部分が多く、自信が持てました。この領域にでも、自分が貢献しうるのではないかという自信を持てたことが、とても嬉しいことでした。もちろん、まだまだ学ぶべきところは多々ありますが。

 うん、学び多きヒアリングだった!
 そして人生は続く

投稿者 jun : 2015年8月29日 06:13


【前の記事へ移動: ひーひー言っちゃうほど「教えられたい症候群」!? : パサパサに乾いていく自分を ...】  

ひーひー言っちゃうほど「教えられたい症候群」!? : パサパサに乾いていく自分をいかに潤すか?:はじめてのプチ座禅体験

 職業柄、「教えること」を日々行っているせいかわかりませんが、僕は1年間に数回、やや発作的に「教えられたい症候群」にかかってしまうことがあります。
 僕が罹患してしまうのは、「誰かの先生につき従いながら、自分は"学習者"として居合わせ、とにかく教えられたい」ーそういう症候群です。単に「教えられる」だけではないのです。むしろ、「どMなくらいに教えられたい」(笑)。もちろん、学ぶべき事は自分の好きなことなのですけれども、中途半端に教えられるのではなく、むしろ「ひーひー」言わせてほしい(笑)。ちょっと危ない病気です。素人さんにはおすすめできません。

 しかし、これは、ある意味で、僕の日常を「倒錯」した事態とも言えるのもしれません。
 といいますのは、仕事柄、ふだんは、自分自身が、誰かに対して何かを教えたり、学んでもらったりすることがほとんどです。
 しかし、年に数回、カーニヴァル(もともとは日常と非日常の反転・倒錯の機会ですね。バフチン的世界?)のように、これを「逆転」させたくなるのです。ふだんの自分を消し去り、「誰か」を「先生」とよび、教え導かれたくなってしまうのです。

「喩え」はあまりよくありませんが、この背景にあるのは、「教えること」が「自分の中にある蓄積を外にはきだすこと」のように思えるからなのかもしれません。
 ふだんは、他人に対してアウトプットばかりしているから、だんだんと自分の内面に「蓄積」がなくなる。そう、茨木のり子さんの詩ではありませんが、教えることを繰り返していると、僕は「パサパサ」に「乾いて」きます。嗚呼、もう胃液も出ない(笑)。そんなとき、自分という水瓶に水を注ぐがごとく、インプットをもとめて、「日常の倒錯状況」をつくりたくなるのかもしれません。

 なんか、どMだの、倒錯だの、カーニヴァルだの、ひーひーだの、わかるかな?
 誤解されそう・・・(笑)
 ごめん、気にしないで。
 でも、こういう病気にかかる方、他にもいらっしゃるでしょう?

  ▼

 先だっては「学び?」ということでもないのですが、お坊さんのご指導をあおぎ、生まれてはじめて「座禅」に挑戦しました。
 最近ですと人材開発の領域でもストレスリダクションのニーズが高くなっており「マインドフルネス」とか「マインドフルネス認知療法」いう概念が、注目されることが多くなっておりますね。そういう背景に加えて、自分の仕事もなかなかストレスフルなので、一度、座禅に挑戦してみたかったのですが、ようやくその機会を得たのです。

janenn_bonnou.png

 僕が挑戦したのは本格的な座禅というよりは、「超初心者向けの座禅経験」でしたが、それでも、なかなか新鮮な体験でした。
 にわか「1day超座禅初心者」が偉そうに語ることではないのですけれども(割り引いてきいてください)、僕は、座禅をくみながら、自分の吐く息に集中しつつも、これも、いわゆるひとつの「日常の逆転だよな」と思っていました(嗚呼、煩悩が抜けない)

・足を組むという非日常動作
・猫背を伸ばすという非日常的な姿勢(オフィスワーカーはともすれば猫背気味になりませんか?)
・過去をみつめない、未来もみない、「今」を生きるという知的態度
・他者をたちきり、自己をみつめること

 残念なことに、はじめての座禅は、10分を超えたあたりから、身体がユラユラしはじめてきたので(寝てるわけではないのだけれども、おそらく上半身を支え切れていない)、ダメダメ座禅初心者の見本みたいな状況になってしまいましたが、なかなか興味深い体験ではありました。

 今度、また挑戦してみたいと思っています。

  ▼

 今日は、「教えられたい症候群」について書きました。
 かくして、そんなわけで、ここ1ヶ月ほど、自分の興味のあることを「学びたくて」学びたくてしょうがない衝動にかられています。夏休みもそろそろ終わり、仕事も本格化してくるので、そうもいっていられないのでしょうけれども(笑)。

 そして人生は続く

投稿者 jun : 2015年8月28日 06:26


【前の記事へ移動: 「ひとにまつわる科学」にまつわる禅問答!? 】  
【次の記事へ移動: 「人が働き続けたくなる組織」と「ダメなら、新たにとってくりゃいいという組織」の違 ...】 >

「ひとにまつわる科学」にまつわる禅問答!?

 「ひとの複雑な振る舞い」をサイエンスで解明しようとするときを、それはいとも簡単に「サイエンス」を「超えて」しまうものです。

 サイエンスのその先に広がる「いまだ闇の世界」を「アート(技芸)」と呼んでも、「クラフト(職人仕事)」と読んでも、どちらでもかまいません。「人間がいかに振る舞うか」という問題は、どうしても「論理」だけでは説明がつかないことがあります。多くは「闇の中」。

 思うに、研究者といわれる人は、そのことをよく「自覚」しているのではないかと推察します。
 といいましょうか、僕は「科学者」を「科学の制約」を深く「認識」している人であると、定義します。

 どんなモデルを構築しえたとしても、複雑な人の振る舞いを、今ある方法で、今把握している要因だけで、説明できるわけではありません。たとえば、その説明率は、かなり「かっこ」をつけて多く見積もっても3割とか4割。その残りの6割から7割くらいは、いまだ「闇の中」。現在のやり方で、現在把握している要因では、説明がつかないことの方が多いのです。
(だから、アートも、クラフトも、非サイエンス的なるものを僕は否定は一切しません。)

 だから、時に、僕は「希望」を失いかけます。
 日々、どんなに頑張っても、なかなかクリアな全体像がつかめるわけではありません。
 研究の世界では、努力しても結果が得られないことの方がほとんどです。

 さらに追い打ちをかけるのは「オリジナリティ」の壁です。
 研究をすれば、いちおう、それなりの結果がでてきます。しかし、一般に分析をしても出てくるのは、「既知のこと」であったり、「常識」ばかり。「目を見張るようなアイオープナーな結果」など、1000回やって1回でるかでないかです。逆に、そういうものに一生に一度出会えるのは、幸せなかもしれません

 言い方は難しいですが、複雑な人の振る舞いに対して、サイエンスが語りうることは「その程度のこと」なのです。
 
  ▼

 一方で、僕は「希望」も感じます。

 いまだ「闇の中」にある6割には、誰も知らないなんらかの要因やプロセスが存在しているに違いない。それが知りたい。いや、知ることができるに違いない。何かいい方法があれば、そこに接近できるに違いない。僕はそう信じています。

 加えて、オリジナリティの壁についてはこう思います。
 いつも出てくるのは「常識」ばかりというのは、それが真実なのだから仕方がありません。他人は「面白くない」だの、「常識だの」、いろいろご批評をくださいます。しかし、常識に埋もれながらも、そこには1000回に1回くらいの割合で、「おっ?」と思えるような「非常識」が出てくるに違いない。それが生まれるに違いない。それがいつかわかるに違いない。ご批評をありがたく頂戴しながらも、非常識の可能性にかけるのが科学的態度であると僕は思います。

  ▼

 これは僕の個人的な信念ですが、

 科学者とは、「科学が万能である」と盲信している人ではありません。
 むしろ「現在の科学では説明がつかない世界」があることをよく知っている人です。

 同時に、科学者とは、それにもかかわらず、「説明がつかない世界」の存在と、そこに広がる「暗闇」に対して「絶望しない人」のことをいいます。
 科学者とは「闇の中」に広がるいまだ「非科学的な世界」を一様に否定はしません。しかし、自らはそれを「選択」しない人のことをいいます。

 いいかえますと、僕の考える科学者とは
 科学と己の限界に、時に打ちひしがれながらも、「希望」を捨てず、「挑戦」する人のことをいいます。
 
 他人の科学者観は把握しておりませんし、僕の関与するべき問題ではありません。
 少なくとも僕はそうおもっています。

  ▼

 今日は人にまつわる領域を「サイエンスすること」についてお話をしました。
 おおよそ人に関しては「サイエンスすれば」、常に目を見張るような成果が得られる、と考えるのは「性急」すぎます。
 しかし、同時に「人にまつわることにサイエンスなんて意味がない」と諦めることも、また「性急」すぎる気がします。

 希望を失いつつも、希望を捨てない
 常識にまみれつつも、非常識を探す
 負け戦かもしれないけれども、負けない
 説明がつかないものを否定せず、自らは選択しない

 ひとにまつわるサイエンスのことを考えるとき、いつも「禅問答」のようになってしまいます。

 そして人生は続く

投稿者 jun : 2015年8月27日 06:04


【前の記事へ移動: フィードバックとは「結果通知」?それとも「ダメ出し」? 】  
【次の記事へ移動: ひーひー言っちゃうほど「教えられたい症候群」!? : パサパサに乾いていく自分を ...】 >

フィードバックとは「結果通知」?それとも「ダメ出し」?

 突然ですが、ビジネスパーソンの皆さま、「フィードバック」という言葉を耳にしたら、頭に何を思い浮かべますか?

 あるビジネスパーソンは、「フィードバックって聴いたら、"結果を通知されること"かなぁ・・・」とおっしゃっておられました。たとえば、この場合、成績・評価などを一方向的に通知されるのがフィードバックということになるのでしょう。

 あるところでお逢いした方は「フィードバックときけば、ダメ出しのことじゃないですか?」とおっしゃっていました。言葉をかえれば、「詰めミーティング:略して"つめみ"」こそがフィードバック。

 このイメージのズレが大変興味深いですね。
 皆さんはどのようなイメージをもたれますか?

  ▼

 9月、10月と、研究室OBの関根さんが中心になって、フィードバックの近年の先行研究英語文献をザザザと読んでしまう研究会を、東大で開催することになりました(関根さんにはいつも心より感謝いたします。ありがとうございました!)。

 先だってFacebookつながりで、フィードバックに関する英語文献をご紹介いただいたIさんから頂いた情報をもとに、フィードバックに関するレビュー論文等等を読んでいきたいと思っています(Iさんには心より感謝いたします!ありがとうございます!)。

 英語文献をひとりひとつずつ担当して読む研究会なので、かなり劇的ハードであることは請け合いですが、まぁ、そんなようなことを皆で議論してみたいと思っています。

 以前、このブログでご紹介しましたが、「正しい方向に力強く飛び続けるために必要な情報を得ること」がフィードバックの要諦です。

rocket2015.png
すぐに「大丈夫です!」と口にしまう人は、なぜ成長しないのか?
http://www.nakahara-lab.net/blog/2015/08/post_2463.html

 自らも、正しい方向に力強く飛ぶため、学びたいと思います。
 そして人生は続く

投稿者 jun : 2015年8月25日 07:40


【前の記事へ移動: あなたはどんな「聴き方」をしていますか?:松木邦裕著「耳の傾け方:こころの臨床家 ...】  
【次の記事へ移動: 「ひとにまつわる科学」にまつわる禅問答!? 】 >