「腰痛とは腰が痛い」的な「問題解決」していませんか?:問題解決に密かに潜むトートロジー!?

 今年も研究室の活動が本格化してきました。

 研究所属の学生個々人の研究もさることながら、いくつかの共同研究プロジェクトも成果をだすべく、それぞれが邁進しているところです。
 すべてが順調?に進むことは・・・「ない!」と言い切ることができますが(泣・・・研究とはまことにうまくいかないものです)、最大限の成果をだすべく大学院生ともども爆走します。

  ▼

 ところで研究をはじめるときには「研究を立案する=問いをたてること」に取り組まなくてはなりません。そして、この「問いをたてる」というのは大変難しいものです。
 特に、経験が浅い場合には、この問いをたてる、というのがどうにもピンとこなく、それに対するアドバイスもどこか「衒学的」にさえ見えてきて、苛立ちを感じます。

 「問いのフォーカスを絞れ」

 とか言われても、「何を、どの程度、しぼんのよ?」と指導教員にぐるぐるパンチをかましたくなるはずです(笑)。

 かくして、ともすれば、あさっての問いをたててみたり、たぶん1万6000年たっても解決できないような「フィージビリティゼロですけんのー」的な問いをたててしまいます。

 よく言われることですが、

「問題解決」で最も難しいのは「問題設定」です。

 問いが「あさって」ならば、問題解決で出てくる答えも「あさって」です。レールが「あさって」なのですから、そこを走る電車も「あさって」の方角にしか向かいません。悲しいかな、「筋の悪い問いをたてる」とは「あさっての方向にレールをひいて爆走するようなもの」です。
 ですので、「問いをたてる」というものは指導教員ならば、もっとも力をいれることのひとつではないかな、と思います。

 個人的な認識を開陳すれば、

 問題設定8割、解決2割

 と言い切ってもよいくらいです。そのくらい「問い」をたてる、というのは大切なことです。

  ▼

 ところで、大学院生指導をそれなりにやってきて、問いをたてるときによく陥りがちな罠というのがいくつかあるような気がします。そのひとつが「トートロジー(同語反復:tautology)」です。

 トートロジーとは、

 無関心とは、関心がないこと
 腰痛で、腰が痛い

 とか、そういうのですね。
 要するに同じ事を繰り返してしまって、負荷される情報量がゼロであるものをトートロジーといいます。
 そして、このトートロジーを生み出しかねないような問いの設定が、特に経験が浅い場合には起こってしまいがちです。

 要するに

「ちょめちょめの分析視座」にたって「ほげほげ」を分析したら「ほげほげの各要素」も「ちょめちょめ」でしょうね、、、やっぱり。

 という感じです。
 
「ちょめちょめ」で見たんだから、「ほげほげ」をみたって「ふがふが」を見たって、「にょろにょろ」を分析したって、「ちょめちょめな結果」がでてくる可能性が高いのは、アタリマエですね。
 喩えていうならば「赤いセロファンを張った眼鏡」で世界をみたら、「やっぱり、すべてが赤色に見えそうですよ」ってことです。
 
 ここで必要なのは「ちょめちょめ」や「赤いセロファン」で物事をみたら、「今までは見ることができなかった、なんらかの発見事実がありそうだ」という「淡い期待」です。
 この「発見」への「淡い期待」があって、それらを0と1の判別をつけるべく「仮説」にまで昇華できた場合に、それがはじめて「問い」になります。研究には「発見事実」がなくてはなりません。その「発見事実」を生み出すのが「研究」です。

 改めて・・・問いをたてるのって難しいですね。

 ▼

 今日は、問いをたてることの難しさについて書きました。
 何もこれは経験の浅い研究者に言えることではなく、熟練の研究者が取り組む研究領域でも、起こりえます。自戒をこめて申し上げますが、そういうものです。ときには、研究者の一団が、そればかり繰り返している研究領域もあるから、まことに微笑ましいものです。
 そういう領域では、何十年たっても、知見は前進しません。
 なぜなら「誰かのつくったテーゼ(主張)」を手をかえ品をかえ、言葉をかえて繰り返すだけで、それ以上の「発見事実」を生み出すべく、問いが設定されていないからです。
 ここで、試みられているのは「発見」ではなく「検証」です。どこかの誰か、第三者(多くは外国の研究)の知見が際限なく「こだま」のように繰り返されていきます。

 問題解決は、課題設定が8割、解決が2割です。自戒をこめて申し上げますが、アイオープナーな問いの設定ができるようになりたいものです。

 そして人生は続く

投稿者 jun : 2015年5月27日 07:18


【前の記事へ移動: 「政治的な人」は「政治的に見えない人」? 】  

「政治的な人」は「政治的に見えない人」?

「顕在化する能力」と「潜在化する能力」の間には「雲泥の差」があるものです。
 たいした長い人生ではないですが、僕が、シャバ?の世界で、モミモミと揉まれながら学んだことのひとつに、このギャップがあります。

 以下は、僕の「わたしの経験論」ですが、こういうことが言えます(今日の話題は何ら学術とは関係ありません!)。
 
  ▼

 例えば、本当に「政治的な人」は「政治的に見えない人」です。いかにもオレオレで「政治的に見える」人は、実は「非政治的な人」です。「政治的である」とは「政治的な自己」を「非政治的に見せること」といっても、過言ではありません。
 「政治を為す」のに「政治的に見えること」は邪魔をすることがあります。だから「政治的にしか振る舞えず、そうとしか見えない人」は、たぶん「政治に向かない人」です。

 シャバで成果を残す、いわゆる「できる人」というのも同様の構造をもっています。「本当にできる人」は、一見「できるように見えない」のです。
 ふだんは「フツーの人」なのですが、ここぞという時に現象に切り込んでくる「切り口」や「思考」、そして物事を成し遂げる「巻き込み力」や「行動力」がハンパではない。
 それとは逆に「本当はできないのに、できるように振る舞う人」というのもいます。それは「できないこと」を覆い隠すパフォーマンスです。だから、本当は「できません」。

 面白いものですね。
 世の中で起こっていることは、いつも「天のじゃく」です。

  ▼

 今日は思い切り「わたしの経験談」を書きました。
 皆さんはいかが思われますか?
 非政治的に見えるあなたは、実は、政治的な人?

 そして人生は続く

投稿者 jun : 2015年5月26日 06:59


【前の記事へ移動: 優れたリーダーは「ホワイトボード」の前に立つ!? : 考えを外化し、共同注意を集 ...】  
【次の記事へ移動: 「腰痛とは腰が痛い」的な「問題解決」していませんか?:問題解決に密かに潜むトート ...】 >

優れたリーダーは「ホワイトボード」の前に立つ!? : 考えを外化し、共同注意を集める

aoiike_2015.png

 今年も、異業種のビジネスパーソンが北海道・美瑛町に集まって、地域課題解決を行うアクションラーニング型の研修がスタートいたしました。
 僕は、発起人のヤフー株式会社の本間さん、池田さんからのご依頼で、この研修の監修者・ファシリテータを、2014年からお引き受けしております。チャレンジングな取り組みにお誘いいただいてありがとうございます。

異業種5社のリーダーが集まる研修をいかにデザインするのか!?
http://www.nakahara-lab.net/2014/05/post_2222.html

リフレクションをうながす「スパイシーなフィードバック」!? 美瑛町・地域課題解決研修2014が終わった!
http://www.nakahara-lab.net/blog/2014/10/post_2294.html

 ところで、この研修では、異業種の各社(ヤフー・アサヒビール・インテリジェンス・日本郵政)の参加者の皆さんが、グループになって、半年間、美瑛をフィールドワークしつつ、地域課題の解決を行います。
  昨年の提案のうち、いくつかはすでに実現ないしは実現の方向に動いているものもあります。

 この週末は、参加者の皆様に、1)フィールドワークの方法論、2)アクションラーニングの愉しみ方、3)リフレクションの方法、4)チームビルディングの方法などを、レクチャーさせていただき、また、はじめてのフィールドワークに取り組んでいただきました。参加者の皆様、各社人事の事務局のみなさまにおかれましては、本当にお疲れさまでした。

  ▼

 この研修の問題解決のプロセスは非常に厳しいものです。
 それまで逢ったことのない、しかも、各社で何かをこれまでに成し遂げてきた方々が参加者ですから、意識や思いのすり合わせを行うところから、話はスタートいたします。チームは、のっけから「ダイバーシティの極み」のような状況からはじまります。
 皆さんのご尽力に頭が下がる一方で、僕自身も全力でこれに取り組む覚悟を決めています。

 今週のセッションでは、非常に印象深い出来事やお話、インテリジェンス・高橋社長を囲んでの車座など、書き切れないほどの面白い出来事が起こりました。インテリジェンスの高橋社長が語る、同社の「これまで」と「これから」には、勝手ながら、ワクワクを感じていましたし、美瑛町の役場の皆さんがかたる美瑛町の課題に関しましては、非常に示唆にとむものがありました。
 一方、参加者の方々の「問題解決のやり方」を拝見していて、非常に印象的だったことがあります。

 それは、

 リーダーシップと「ホワイトボード」の関係

 です。

 問題解決をうまくすすめているチームのなかには、ホワイトボードを用いたり、付箋を用いたりして、まずいったん自分たちのなかにあるアイデアや考えを「外化」して、それらを「共有」していました。

 頭の中から取り出され「外化」されたアイデアには、グループメンバーの「共同注意」が集まります。そうなれば、その後の分析や吟味などが効果的に進みます。

 本間さんは、

 リーダーは「白板」の前に立て!

 とおっしゃっていましたが、なるほどな、と思いました。ダイバーシティあふれるチームのなかで、自分がひとり席をたち、ホワイトボードの前に立つことは勇気がいることです。しかし、なかなか「まとまらない」ものを、そのままにするのではなく、一歩先に進む勇気をもって、積極的に「外化」を促す。それによって生み出される効果は、確かにあるような気がします。

 もちろん、白板やホワイトボードの前にたてば「必ず」リーダシップが生まれたり、問題解決が進むとは言い切れません。
 が、チームがうまれたばかりの頃に、拡散しがちなアイデアを「外化」し、とにもかくにも共同注意を集めることは効果的であると思いました。
 一部のコンサルティングファームでは「白板を制するものは問題解決を制する」とまで言い切るところもあるのだとか。まことに興味深いですね。

 ▼

 ようやくスタートしたプロジェクトはさらに本格化していきます。フィールドワークで徹底して現地の聞き取りを行っていただき、獲得した一次データをもとに、イシュー度の高い課題を立案し、解決策を考えます。
 参加者の皆様のほか、美瑛町役場、美瑛町民のみなさま、参加者の方々のご努力・ご尽力には頭が下がります。お疲れさまでした。

 皆さんのワクワク感あふれる提案を、心の底から楽しみにしつつ、帰京しました。

 そして人生は続く

投稿者 jun : 2015年5月25日 05:35


【前の記事へ移動: あなたの「勝ちパターン」は「寿命」がきていませんか?:痛みを伴う「勝ちパターン」 ...】  
【次の記事へ移動: 「政治的な人」は「政治的に見えない人」? 】 >

あなたの「勝ちパターン」は「寿命」がきていませんか?:痛みを伴う「勝ちパターン」のアンラーニング!?

 先だって、僕が主宰する授業「ラーニングイノベーション論」に、北海道大学大学院・経済学研究科の松尾睦先生にご登壇いただき、「経験学習」について、参加者の皆様で議論をさせていただく機会を得ました。
 毎年のことながら、松尾先生にはお忙しい中、貴重なお時間をたまわり、心より感謝いたします。本当にどうもありがとうございます。

  ▼

 松尾先生には、示唆に富むたくさんの概念をご紹介頂きましたが、最も印象的だったのは「勝ちパターンを捨てることの難しさ」、いわゆる「アンラーニング(Unlearning)」に関することでした。
 松尾先生は、米長邦雄さんの著書「不運のすすめ」から、米長さんの下記のような逸話を紹介し、このことを論じておられました。

 それによりますと、米長さんが、かつて、とてつもないスランプに陥った際、若い棋士が、米長さんに下記のような助言をなさったそうです。

「先生と戦うのは非常に楽です。先生は得意技、十八番をいくつも持っていますね。でも、こちらのほうも先生の十八番は全部調べて、対策を立てているんです。勝つためには、先生は、自分の得意技を捨てることです」

 なかなか、面白い指摘ですね。この若手は「よくぞ言った」という感じがしますが、皆さまはいかがお感じになりますか? 松尾先生には、興味深い事例をご紹介いただき心より感謝いたします。

  ▼

 人は成長していけば、次第に、経験を通じて自分の「勝ちパターン」を身につけていきます。この領域ならば、こうすれば勝てる。これが「勝ちパターン」です。

 しかし、この「勝ちパターン」は、実は本人が思うほど「安泰」ではありません。なぜなら、「勝ちパターン」は、常に自分のライバルに「見つめられ」、かつ「分析されている」からです。実際には、いつかの局面で、自分の「勝ちパターン」を無化するか、ズラして、全く異なる戦い方をしなくてはならなくなります。

 しかし「勝ちパターンを無化すること」「勝ちパターンをズラすこと」は多くの場合、痛みや葛藤をともないます。

「負けているのは、実は偶然なんじゃないだろうか」
「もしかすれば、勝ちパターンで逃げ切れるんじゃないだろうか」

 という思いが頭をもたげます。
 また「勝ちパターン」を相対化した先に「新たな勝ちパターン」が生まれる可能性があるとは誰も言い切れないからわけですから、「既存の勝ちパターン」を相対化するのは「勇気」が必要です。
 しかしやらなければ、それまで「伝家の宝刀」だと思っていた「勝ちパターン」が「負けパターン」に変わり果てます。
 自分のライバルは、常に、相手の「勝ちパターン」を「重荷」にするような戦略をとり、勝ちパターンを凌駕しようとするからです。

 ▼

 今日は経験を通じて獲得される「勝ちパターン」について書きました。このように経験を通じて学ばれるものとは、必ずしも、寿命が長いわけではありません。

 要するに大切なことは、「経験を通じて学ぶことをチェックすること」であり「経験を通じて学び続けることをやめないこと」ですねだということになりますね。

 あなたには経験を通じて獲得された「勝ちパターン」がありますか?
 その「勝ちパターン」、実は、寿命がきていませんか?

 そして人生は続く


 

投稿者 jun : 2015年5月22日 05:38


【前の記事へ移動: 「人材開発の知識・スキル」が学べる専門教育機関!? 】  
【次の記事へ移動: 優れたリーダーは「ホワイトボード」の前に立つ!? : 考えを外化し、共同注意を集 ...】 >