NAKAHARA-LAB.net

2005.4.15 19:10/ Jun

多様性のマネジメント

 プロジェクトを行う際の「メンバーの多様性」とは「諸刃の剣」である。
 メンバーの社会的背景、専門性が多様であるが故に、それがうまく調整され、そのチカラが結集したときには、信じられないパワーが生まれる。一人ではできないことが、わかる、できる。
 しかし、多様であるが故に、それはリスクも抱え込む。
 「多様」という言葉が、ある種の「あきらめ」をともなう「逃げ言葉」として語られる状況に陥ったとき、メンバーに共通の目的やタスクは失われる。パフォーマンスなど期待出来る余地もない。集団に生まれる浅慮、極化、無責任については、これまでおびただしい数の研究が生み出されてきた。
 しかし、人間が集まれば、そもそも「多様」になることは否めぬ事実である。どんなに均一なメンバーから構成され、どんなに精密に目的が設定されたとしても、字義通りの意味で「非多様的」な集団は存在しない。
 多様性のマネジメント
 それは極めてチャレンジングな課題でありながら、誰もが挑戦せざるを得ない地平なのかもしれない。プロジェクトが生まれる場所が、実社会になればなるほど、その重要性は増すのではないかと思う。

ブログ一覧に戻る

最新の記事

脳内でひそかに行われる「錆び付きセルフチェック」!?:学生に対するフィードバックの機会では、僕自身が一番学んでいる!?

2021.2.26 07:52/ Jun

脳内でひそかに行われる「錆び付きセルフチェック」!?:学生に対するフィードバックの機会では、僕自身が一番学んでいる!?

2021.2.25 07:33/ Jun

研究アウトプットの裏側は「超絶アナログ付箋紙作業」!?:並べて、動かし、眺めて見つかる「一筋のロジック」!?

2021.2.24 08:05/ Jun

ザ・研修評価!:人材開発に残された「大きな課題」を乗り越える!

紙上完全再現!?「ナラティブセラピーとは何か?」ワークショップの魅力!:国重浩一著「ナラティブセラピーワークショップBOOK1 : 基礎知識と背景概念を知る」書評

2021.2.22 08:15/ Jun

紙上完全再現!?「ナラティブセラピーとは何か?」ワークショップの魅力!:国重浩一著「ナラティブセラピーワークショップBOOK1 : 基礎知識と背景概念を知る」書評

ニッポン社会に「対話」がさっぱり普及しないわけ!?:あなたは「対話」に、どんなイメージをもっていますか?

2021.2.19 08:04/ Jun

ニッポン社会に「対話」がさっぱり普及しないわけ!?:あなたは「対話」に、どんなイメージをもっていますか?