NAKAHARA-LAB.net

2019.2.27 06:48/ Jun

「ネガティブフィードバック」とは絶対に言わない「ネガティブフィードバック」のやり方とは?

 フィードバックには「ポジティブフィードバック」と「ネガティブフィードバック」という「二分法」が、いつも「亡霊」のようについて回ります。
  
 ここでフィードバックとは「あなたが成長を支援したい相手に、現在の状況を通知し、その後、行動を立て直すお手伝いをすること」のことをいいますフィードバックとは「相手の成長を信じて、相手をうつしだす鏡になってあげること」です。ご存じの通り、フィードバックは「部下育成や成長支援の方法」として、もっとも研究が進んでいる手法のひとつです。
  
 さて、先ほどの二分法。
「ポジティブフィードバック」とは、「通知する情報がポジティブであること」ーすなわち、相手の行動のうち、よくできていること、うまくいっている行動を賞賛するようなフィードバックのことをいいます。
 反対に「ネガティブフィードバック」とは「通知する情報がネガティブであること」ーすなわち、相手の行動のうち、改善を要する「かんばしくないこと」を指摘するようなフィードバックのことです。
  
  ▼
  
 2つのフィードバックのうち、問題は「ネガティブフィードバック」に起こりがちです。
  
 ネガティブフィードバックは、相手に一時的に「刃」を向けなければなりません。
 しかし、誰しも相手との関係を誰しも壊したくないと思いがちですし、嫌な人にはなりたくなりません。小うるさいオヤジだとは思われたくない(笑)。相手のマズイところを指摘することには勇気がいる。
 結果として、ひとは、本当は「耳の痛いこと」を言わなければならないのに、「やさしさオブラート」で包んだり、「まろやかフレーバー」でコーティングしたりするのです。
  
 つまり、多くのひとびとは、
  
 「ネガティブフィードバック」をしようと思っても、「ネガティブフィードバック」ができない
  
 ことが多いのです。
    
 僕は、これまで多くの研修やワークショップで、フィードバックを教えたりしてきました。そして、「ネガティブフィードバックがうまくできない場面」を数多く見てきました。
 最近では、「ネガティブフィードバック」という「物の言い方」をすこし変える、という工夫をしたりしています。一時は「ネガティブフィードバック」を「スパイシーフィードバック」と言い換えたりしていますが、それを「さらに崩した掟破りの言い方?」をしているような気がします(笑)
  
 すなわち、「ネガティブフィードバック」という言い方をするのではなく、
  
 アレッとタイム
 オヤッとシーン
  
 という風に言い方を変えているのです(笑)。
 ていうか、変え過ぎ(笑)
 もはや、「フィードバック」とも言っていない(笑)。
   
 実際には、研修やワークショップなどで、相互フィードバックをしあうとき、
  
「ネガティブフィードバックをしてください」
  
 というのではなく
  
 相手とワークをしていて「アレッ?」という「違和感」を感じた「瞬間」を教えてあげてください
  
 とか
  
 相手と仕事をしていて「オヤッ?」と「違和感」を感じた「シーン」を「再現」してあげてください
  
 とインストラクションを出したりすることがあります。
  
 もうおわかりだとは思いますが、やっていることは「さして変わりません」
 単に「ネガティブフィードバック」という言葉ーとりわけ「ネガティブ」という言葉を使わずに、それを「オヤっ?」とか「アレッ?」に置き換えているだけです(笑)。オヤッと思ったシーンや、アレッと違和感を感じた「光景」を「鏡」のようにうつしとり、相手に伝えていることを求めているのです。
   
 要するに「ネガティブって言っていないだけ」(笑)
  
 でも、これだけの工夫でも、随分、相手に対してものを言いやすくなるようです。
 ま・・・言い方を変えているだけなんですけどね。
  
  ▼
  
 今日は、ネガティブフィードバックについて書きました。
  
 ポジティブフィードバックについてはさして問題は起こりませんが、ネガティブフィードバックに関しては、なかなか難しいものがあります。それを乗り越えるためには、どのような方法がありうるのか。今日は、僕の「一工夫」を書かせていただきました(万能ではない!)。ぜひ、皆さんの知恵をまたお聞かせください。
  
 あなたは、仕事仲間に対して「アレッ?」という違和感を感じた瞬間がありますか?
 相手と仕事をしていて「オヤッ?」と「違和感」を感じたシーンを再現してみてください。
  
 そして人生はつづく
  
 ーーー
  
新刊「残業学」重版出来、5刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・トーマツイノベーション著)が、ついに刊行になりました。AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約10000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
  
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

2019.6.17 06:44/ Jun

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

変革の失敗の92%は、権力をもっているひとが、自ら「変化を恐れること」から生じる!?

2019.6.14 06:40/ Jun

変革の失敗の92%は、権力をもっているひとが、自ら「変化を恐れること」から生じる!?

「明日の受講生」は「赤の他人」、「クドいくらい」が「いい案配」!? : 「なぜ、ここにいるか」をグリップせよ!

2019.6.13 06:18/ Jun

「明日の受講生」は「赤の他人」、「クドいくらい」が「いい案配」!? : 「なぜ、ここにいるか」をグリップせよ!

2019.6.12 06:51/ Jun

【マナビフェス2019】で明るく楽しく「学び・教育の最前線」を学びませんか?

2019.6.11 06:35/ Jun

「新・対話学入門」!? : わたしたちは「対話」をいかにファシリテーションすればいいのか?:「コンテナ」というレンズを通して見える世界