NAKAHARA-LAB.net

2019.2.6 06:24/ Jun

あの人からは、どうしても「学べる気がしない」、たったひとつの理由:「何を学ぶか」から「誰から学ぶか」へ

『リフレクション入門』(坂田哲人、中田正弘、村井尚子、矢野博之、山辺恵理子 著、学文社、2019年)を読みました。ユトレヒト大学名誉教授のフレッド・コルトハーヘンが体系化したリフレクション論を、著者らがコンパクトにまとめ、また独自のワークショップやツールなどをつくり事例として編んだ、おすすめの一冊です。
  

  
 僕自身は2014年のコルトハーヘンの来日のときに、彼のワークショップに参加させていただいたり、また、東大時代の元・同僚に著者の山辺恵理子さんがいらっしゃったので、本書の内容は、朧気ながらわかっているつもりでした。
  
 しかし、これまでその理解は「点」と「点」であったような気がします。今回の著書をもって、「点」として理解していたコルトハーヘンのリフレクション論がむすびつき「点が点でつながった印象」があります。本書を編んでくれた著者らに、心より感謝を申し上げます。
  
 ▼
   
 個人的にもっとも興味深かったのは「教えるひとにとっての不都合な真実」というコルトハーヘンさんの指摘です。
  
 ここで「不都合な真実」とは、
  
1.まったく同じようにみえる教育実践を行っても、「同じ結果」が得られないことが多々あるということ
  
 であり
  
2.その「効果の違い」は「教えるひと」の「あり方」が関係している
  
ということです。
  
 教えるひとの「教える技術」とか「教えるスキル」とか「教える内容的知識」が多い、少ない、という議論をしているのではありません。「教えるひと」の「あり方」≒「存在の仕方」が実は、教育効果に影響を与えている、ということを指摘しています。
  
 これは、「それを言っちゃえば、身もふたもない」とおっしゃる方もいらっしゃるかとは思いますが、「ハダカン」的には「そりゃ、そうだよな」と思い当たる節もありませんか。
  
「何を学ぶのか(What)」も大切だけど、「誰から学ぶのか(From whom)」は、学びの質に大きな影響を与えます。
    
 このひとは、人間として、その「あり方」が尊敬はできない。
 だから、どんなに「教えられて」も、入ってこない。
  
 このひとは、人としてもはや「いかにあるか」という問いを捨てている。
 だから、どんなに「教えられても」、学べない。
  
 そういうことは、シャバの世界では、そこら中に広がっているような気がします。
  
 だからこそ、「教えるひと」は自らの「あり方」を振り返り(リフレクション)し、時に補正していかなければならない、ということになるのでしょう。その具体的なやり方や考え方は、本書をご覧いただければ幸いです。
  

  
 ▼
  
 最近、入試等々がはじまり、また、来年度の授業準備などで、忙しい日々が続いています。
   
 僕自身にも「パサパサに乾いていく心」を見直し、「あり方」を振り返る時間が必要なようです。本書を読みながら、そのような必要性を、痛感しました。
  
 あなたは、最近、「いかにあるか?」を振り返る時間をもてていますか?(自爆)
 
 そして人生はつづく
  

  
 ーーー
  
新刊「残業学」重版出来、5刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・トーマツイノベーション著)が、ついに刊行になりました。AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
   
新刊「組織開発の探究」、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

自分の抱える「生きづらさ」をみずから「命名」せよ!:今日も明日もあさっても「順調に問題」だらけの人生を生きる!?

2019.3.22 06:13/ Jun

自分の抱える「生きづらさ」をみずから「命名」せよ!:今日も明日もあさっても「順調に問題」だらけの人生を生きる!?

2019.3.19 06:42/ Jun

「ゼミの経営」を通して「生きた経営学」を学ぶ!? : 中原ゼミとは「人づくり・組織づくりの知識」を「経験学習」するための社会的装置である!?

学ぶことは「特権」だったのもしれない!? : 「学べる」のに「学ばない」ひと、「学びたい」のに「学べない」ひと

2019.3.18 06:23/ Jun

学ぶことは「特権」だったのもしれない!? : 「学べる」のに「学ばない」ひと、「学びたい」のに「学べない」ひと

相手の「成長」を信じれば信じるほど「饒舌」になれない理由!? : 「失敗すんじゃねー」と「失敗してもOK牧場」の狭間の悶絶!?

2019.3.15 06:37/ Jun

相手の「成長」を信じれば信じるほど「饒舌」になれない理由!? : 「失敗すんじゃねー」と「失敗してもOK牧場」の狭間の悶絶!?

「成功体験にしがみつく」とは「ロマンティックで絶望的な認知のズレ」である!?

2019.3.14 06:36/ Jun

「成功体験にしがみつく」とは「ロマンティックで絶望的な認知のズレ」である!?