NAKAHARA-LAB.net

2019.1.23 06:42/ Jun

日本人が「グローバルリーダー」になりきれない、たったひとつの「理由」とは何か?

「グローバル企業で、日本人が最も苦手とすることはですね・・・英語じゃないんですよ。それが決定的に不足しているので、本社のリーダーには登用されない。苦手なこと、何だと思いますか? それはね・・・」
   
  ・
  ・
  ・
    
 せんだって、グローバルに展開する企業の、ある人事担当者の方が、こんな意味深な問いを投げかけました。この方は、海外に本社をもつ企業で、かつて、リーダー養成を担当なさっていた方です。
 その方がおっしゃるには、日本人リーダーが、本社の人事責任者と面談して、本社のリーダーとして登用されない理由は「英語ではない」といいます。
   
「もちろん、英語能力も大事ですよ。でも、それは決定打にはならないし、ある程度、できれば、あとは仕事をアサインすれば大きく伸びる。だから、英語じゃないんです」
  
 じゃあ、何なのか?
 皆さんは何だと思われますか?
  
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
   
 曰く、
  
「日本人リーダーが、グローバル本社でもリーダーとして登用されない理由は、社会を自分はどうしたい、と考えたことがないからなんです。面接でよく問われるのは、この3つの問いです。
  
 あなたは、社会のなかで、何が問題だと思うのか?
 あなたは、自分のビジネスで、社会をどのように変えていきたいのか?
 あなたは、ビジネスパーソンとして、社会にどのような貢献ができるのか?
  
 この3つの問いを考えたことが決定的に不足している。だから、この問いを上級管理職から面談で投げかけられても、答えに窮してしまうのです。たとえば、よく出てくる答えが「競合他社(コンペティター)に勝ちます」とか「課長として貢献できます」といったものです。それでは、さすがに、これ以上のポジションは厳しい」
  
「要するに、仕事を一生懸命しているのは素晴らしいことなのですが、目線が下がってしまっているのです。目線をあげて、社会を見なければ、それ以上のポジションにはあがれません。もちろん、アサーティブネス(自己主張)とか、他にも弱いところはありますよ。でも、決定的なものを1つ選べと言われれば、わたしは「社会を語る経験」が不足していること、と答えます」
  
  ・
  ・
  ・
   
 この方のおっしゃっていることは、どの程度一般化できるかどうかは、僕にはわかりません。でも、「一生懸命仕事をするあまり」目線が下がってしまい、社会を見ることができない、というのは、なんとなくさもありなん、と思ってしまいますが、いかがでしょうか。こうしたことは、以前、過去にもいろいろ耳にしたこともありますが、現状が知りたいところです。
  
 ▼
  
 今日は日本人リーダーが苦手とする、たったひとつのことー「社会を語ること」についてお話ししてみました。
 社会を語るためには、常日頃から、社会課題を考える経験をもつことです。あるいは、一生懸命仕事をした際には、折に触れて、内省を試みることしかないのではないか、と思います。
  
 あなたの周囲のリーダーは、社会を語ることができますか?
 あなたは、自分の仕事で、社会をどうしたいですか?
 あなたは、一所懸命仕事をするあまり、最近、目線が下がっていませんか?
   
 そして人生はつづく
  
 ーーー
  
新刊「残業学」重版出来、4刷決定です!(心より感謝です)。AMAZONの各カテゴリーで1位を記録しました(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・トーマツイノベーション著)が、ついに刊行になりました。AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
   

  
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約10000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
  
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「学ぶことにはお金がかかる」ー自腹で学んだことのない人にとっての「不都合な真実」!?

2019.2.15 06:40/ Jun

「学ぶことにはお金がかかる」ー自腹で学んだことのない人にとっての「不都合な真実」!?

あなたの会社の人事は「経営・現場」を強くしていますか?

2019.2.14 06:46/ Jun

あなたの会社の人事は「経営・現場」を強くしていますか?

「うちの社員はしゃべらない」のではなく「しゃべらせない何か」が組織にあるだけ!?

2019.2.13 06:53/ Jun

「うちの社員はしゃべらない」のではなく「しゃべらせない何か」が組織にあるだけ!?

あなたの組織に潜む「職場のぐるぐる」とは何か !? : 「個人」を悪者探しで「アチョー」しても問題解決できない、たったひとつの理由!?

2019.2.12 06:40/ Jun

あなたの組織に潜む「職場のぐるぐる」とは何か !? : 「個人」を悪者探しで「アチョー」しても問題解決できない、たったひとつの理由!?

「数字」や「エビデンス」は「現場を変えない」のはなぜか?:組織に存在する「マリアナ海溝」並に深い「溝」の正体!?

2019.2.8 06:46/ Jun

「数字」や「エビデンス」は「現場を変えない」のはなぜか?:組織に存在する「マリアナ海溝」並に深い「溝」の正体!?