NAKAHARA-LAB.net

2018.11.9 06:41/ Jun

相手に「振り返り」をうながす「問い」の条件

 脳がちぎれそうになるほど、考えさせる問い
 相手に振り返りをうながすような、意外な方向からの問い
   
 ・・・小生、まだまだ修行中ですが、そんな「問い」の与え手になりたいと常日頃から願っています。
    
 個人的な信念を申せば、教員の仕事の本質とは「考えさせること」であり「ともに考えること」です。「問いについて問うこと」は、教えることの本質ではないか、とすら思ってきます。
  
 最近、朧気ながらわかってきたのは、ぐっと考えさせる問いには、いくつかのパターンがあるのかな、ということです。下記に少しメモとして書き出してみましょう。
  
   ・
   ・
   ・
  
1.「もし仮に・・・だとしたら」の問い
 相手がたっている状況、見ている風景を変えて、本質的に相手が何をしたいのかを考えさせる仮定法的な問い。
   
 もし仮に、あなたが・・・だとしたら、あなたは何をしますか?
 もし仮に、あなたが・・・の立場におかれたら、あなたは、何に取り組みますか?
 もし仮に、あなたが、この場のルールを一個だけ変えることができるのだとしたら、何を変えますか?
  
  
2.「今、ここ」の問い
 今、自分のなかには、どのような感情がわきおこっているのか。それについて、どのように思っているのかを問う問い。
   
 今、あなたの心のなかでは、どんな感じがしますか?
 今、あなたは、何を感じていますか?
  
  
3.「そもそも」の問い
 相手に「そもそも」を考えてもらう問い。より遠いビジョンや、将来のことを考えさせる問い
  
 あなたは、そもそも、何をめざしているのですか?
 あなたが、自分のメンバーと見たいなと思う将来の光景は、どんな光景ですか?
 過去のあなたが、今のあなたを見たら、ことを感じますか?
  
  
4.「自分事化」の問い
 何らかの出来事に対して、自分にとっての意味を求める問い。
  
 この出来事は、あなたにとって、どんな意味があったのですか?
 この出来事から、あなたは何を学びましたか?
  
  ・
  ・
  ・
  
 まぁ、これ以外にもたくさんあるでしょう。
 問いについて問うことは、無限です。それこそ、そのあり方を問うていけば、枚挙に暇がないのですが、個人的には、こんな問いがぐっと考えさせる問いにつながるのかな、と思います。
  
 皆さんは、ふだん、面談や面接、教育の現場などで、どんな問いを発していますか?

 お互い、よき問いの与え手になりたいものですね。
 問いのデータベースってあったらいいのにな。
   
 ともかく・・・一週間お疲れ様でした!
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
【ぜひご覧ください!:立教大学経営学部ビジネスリーダーシッププログラムの新紹介動画が公開されました!】
  

  
 立教大学経営学部ビジネスリーダーシッププログラムで学ぶ学生たちの表情や、ビジネスリーダーシッププログラムに多大なる貢献をいただいている先生方、スチューデント・アシスタント、コース・アシスタントの皆さんの奮闘する姿を、どううかご覧ください。一言でいいます。立教経営、楽しいよ。ぜひご覧ください。
 編集を担当してくださった、経営学部3年生の尾花俊弥さんには、この場を借りて、御礼を申し上げます。ありがとうございました!
  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約9300名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
        
友だち追加
    

ブログ一覧に戻る

最新の記事

日本人が「グローバルリーダー」になりきれない、たったひとつの「理由」とは何か?

2019.1.23 06:42/ Jun

日本人が「グローバルリーダー」になりきれない、たったひとつの「理由」とは何か?

2019.1.22 06:26/ Jun

組織開発と人材開発の「あわせ技バーン」ですすめる「働き方改革」!?

2019.1.21 06:56/ Jun

「組織開発の探究」を肴に「オンライン読書会」をやってみたい!

あなたは、どんな「物語」を生きていますか?、あなたの組織はどんな「物語」に囚われていますか?

2019.1.18 06:41/ Jun

あなたは、どんな「物語」を生きていますか?、あなたの組織はどんな「物語」に囚われていますか?

2019.1.16 06:47/ Jun

今、あなたの職場の状態は「排除・同化・差異化・包摂」の4タイプのどれですか?ーダイバーシティ&インクルージョンとは何か?