NAKAHARA-LAB.net

2018.10.25 06:31/ Jun

みんなで「働きたい組織・大喜利」しませんか!?:あなたは「バス」がいいですか?それとも「バイク」がいいですか?

 あなたは「大きなバス」がいいですか? それとも「バイク」がいいですか?
   
  ・
  ・
  ・
  
 先日、ある同年代の方と話していた際、こんなお話になりました(本当はご紹介させていただきたいのですが、確実に、ご迷惑をおかけしてしまうので、やめておきます。でもいつも面白い気づきをくださる方です)。
  
ここで「大きなバス」とは「大企業でつとめることのメタファ」「バイクにのる」とは「フリーランスなど、ひとりでビジネスをおこすこと」。ちょっと面白いメタファでしたので、おすそわけです。
   
  ▼
    
 大企業につとめる、というのは「満員乗車の大きなバス」に乗っているようなものだ。
 バスを「運転」しているのは「他人の運転手」、あなたではない。
 バスの中は「満員」。
 たくさんの乗客がいる。
 たまに「いさかい」がおきて、ストレスも少なくない。
  
 しかし、バスは、多少の風雨は余裕でしのぐことができる。
 雨風が、どんなに激しかろうが、乗客には直接あたらない。
   
 また、バスは、よほどのことがない限り、事故にはあわない、と思われている。
 万が一事故にあっても、よほどひどい事故ではない限り、乗客が直接
 ケガをするわけではない。
  
 バスは、あらかじめ決められた停留場めがけて進む。
 あなたは、自由に、行き先を決められない。
  
  ▼
  
 一方、ひとりで仕事をするとは、「バイク」にのるようなものだ。
 バイクを運転するのは「自分」、あなたである。
 自由気ままに運転することができる。
 満員のバスにのる乗客を横目に「こっちに来なよ」と、からかうこともできる。
  
 しかし、バイクは、風雨には弱い。
 風雨の影響をモロに受けるので、雨風のある日はかなり厳しい。
    
 またバイクは、事故に万が一あえば、ひとたまりもない。
 直接アスファルトにうちつけられて、大けがをおう。
    
 しかし、バイクの旅は気楽だ。
 あらかじめもうけられた停留場もない。
 あなたは、自由に行き先を決めることができる。
  
  ▼
  
 いかがでしょうか。
  
 細かいことをいえば、いろいろツッコミどころがあるメタファですし、いや「大企業はバスじゃない」というのも含めて、いろんな意見があるのだと思います。でも、僕は、面白いなぁ、と思って聞いておりました。いつも素晴らしい気づきをありがとうございます。
    
 このメタファ、その場に何人かのビジネスパーソンがその後加わり、大いに盛り上がりました。
  
 人によっては、
  
 「わたしは、満員のバスがいいなぁ」
  
 という方もいましたし、
  
 「雨風が多少はしのげる、屋根ついてるバイクってないのかな・・・」
  
 と遠い目で語る方もいました。
  
 「大きなバスではなくて、小さなバスがいいな」
  
 という人もいました。
  
 また、このメタファを拡張していけば、、さらに様々なものを喩えることができるような気がします。
    
 たとえば、
  
 ベンチャー企業につとめるって、どんな乗り物にのることなんだろう?
   
 とか
  
 スタートアップをかますことって、どんな乗り物にのることなんだろう?
  
 とか
  
 兼業副業するってことは、どんな乗り物を行き来することなんだろう?
   
 とか
  
 役所や病院につとめることって、どんな乗り物にのることなんだろう?
  
 とかね。
  
 結構、面白いと思いません。
「働きたい組織・大喜利」みたいな感じで、盛り上がること間違いない、と思います。
  
 えー、大企業につとめることとかけて・・・・ととく。
 その心は・・・
  
 山田君、ざぶとん、1枚もってきて!(笑)

  
 今日は、皆さんの「素晴らしいクリエィティブ」に期待して、今日は、ブログ記事を終えたいと思います。
  
 あなたは、今、どんな乗り物にのっていますか?
 あなたは、将来、どんな乗り物に乗りたいですか?
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー

立教大学経営学部の学生が、11/7-20に開催される「ふるさとワーホリ WEEK@BEAMS JAPAN」にて、ふるさとワーキングホリデーの魅力をプレゼンテーションします!
  
ふるさとワーホリ WEEK@BEAMS JAPAN」は、「ふるさとワーキングホリデー」(総務省)、「ビームスジャパン」(BEAMS)、「立教大学経営学部BLP」(担当:舘野泰一 助教)が協働実施したものです。どうぞお誘いあわせのうえ、お越しくださいませ!
    


    

   
  ーーー
  
 中村和彦先生との共著、新刊「組織開発の探究」発売中、重版2刷決定しました!発売後4日での重版決定です。AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約8400名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
      
友だち追加
   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

2019.6.17 06:44/ Jun

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

変革の失敗の92%は、権力をもっているひとが、自ら「変化を恐れること」から生じる!?

2019.6.14 06:40/ Jun

変革の失敗の92%は、権力をもっているひとが、自ら「変化を恐れること」から生じる!?

「明日の受講生」は「赤の他人」、「クドいくらい」が「いい案配」!? : 「なぜ、ここにいるか」をグリップせよ!

2019.6.13 06:18/ Jun

「明日の受講生」は「赤の他人」、「クドいくらい」が「いい案配」!? : 「なぜ、ここにいるか」をグリップせよ!

2019.6.12 06:51/ Jun

【マナビフェス2019】で明るく楽しく「学び・教育の最前線」を学びませんか?

2019.6.11 06:35/ Jun

「新・対話学入門」!? : わたしたちは「対話」をいかにファシリテーションすればいいのか?:「コンテナ」というレンズを通して見える世界