NAKAHARA-LAB.net

2018.10.3 06:20/ Jun

プレゼンは、いかに始まり、いかに終うか、である!?

 プレゼンは、いかに始まり、いかに終うか、である
   
  ・
  ・
  ・
    
 もちろん、プレゼンの「中間」で何をいうかも意味がないことはないのですけれども(笑)、最近、そんなことをよく思います。この言葉「世阿弥」が言っている言葉では1ミリもありません。言っているのは、残念ながら、一市民の僕です。そこで意気消沈しないように(笑)。
    
 仕事柄、僕は、課題発表や研究の審査などに加わることも多いのですが、そのときに、「びびび」と伝わるプレゼンは、やはりこの鉄則に配慮があるように思います。ま、個人的な印象です。
   
  ▼
  
 まずは、オープニング(いかにはじまるか)です。
 オープニングでは、何を言い、そのメッセージをいかに保持させるか。これが認知面の課題。印象面では、どのように「あっ、普通とは違う」と思ってもらえるか、がキーです。
 いにしえの理論ならば、これを「初頭効果」と読んだのかもしれません。初頭効果とは、「情報提示においては、一番最初に提示された情報こそが保持される割合がたかく、後続する情報に影響を与えてしまうこと」をいいます。
  
 勝負は、いかにはじまるか、です。
  
「要するに・・・である」
  
 本論、キーメッセージをいかに伝えるかが大切だと思います。
 なぜなら、「聴衆の注意資源」は限られているから。
   
  ▼
   
 次に、クロージング(いかに終うか)です。
  
 クロージングでは、大切なこと、主張を繰り返し、聴衆の皆さんに印象を刻み込み、「やればできる」感を高めていく必要があります。
 いにしえの理論をさらに持ち出すならば、これを「親近効果」とよんだりするのかも知れません。ひとは、最新の情報こそをもっとも把持する傾向がある、ということです。
  
 勝負は、いかに終まうか、です。
  
  ▼
  
 今日の話題は、「そんなこと、わかっとるわい」と思われがちですが、実際の社会では、見事にそうなりません(笑)。だから、社会は面白い。
  
 オープニングが大事だ、と様々なところで、サンザンパラ言われているのにもかかわらず・・・
  
 ・えー、今日は、お天気もわるくですね、お足元の悪いなか・・・えー、えー
  
 ・えー、今日は、わたくし若輩者ではございますが、
  機会をちょうだいいたしましたので、僭越ではございますが・・・
  高いところから恐縮ですが、えーえー
   
 ・えー、実は、わたくしの入社時からのキャリアを申しますとですね・・・
  えー、最初は営業部署に配属されまして、えーえー
  
 となりがちです(笑)。
  
 まことに「愛すべき状況」ですね。
 まぁ、お天気の話も、プレゼンターのことも、興味深いのでいいんですけれどもね。
  
  ▼
   
 一方、クロージングは、
  
 ・あのですね、もう時間がないんでね、最後にひとことだけ
  おまけのスライドがございまして・・・
  まー、これは言っても言わなくてもいいんですけどね
  
 となりがちです。
  
 まことに微笑ましい状況ですね。
 言っても言わなくてもいいことで、最後を「終うん」ですよ。
    
  ▼

 今日はプレゼンのお話をいたしました。秋学期も本格化してきて、学生やビジネスパーソンが、様々な研究発表、課題発表をなさる段にはいってきております。
  
 いかにはじめ、いかに終うか
  
 あなたに与えられた時間、聴衆の注意資源は限られています。
 どうか、プレゼンをお楽しみいただければ、うれしいことです。
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
   
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・トーマツイノベーション著)が、ついに刊行になりました。AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
    

  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約8400名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
      
友だち追加
   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「かつての自分の研究」への「懺悔」!? : 「残業学」の背後に隠された著者の「思い」とは何か?

2018.12.14 06:41/ Jun

「かつての自分の研究」への「懺悔」!? : 「残業学」の背後に隠された著者の「思い」とは何か?

2018.12.13 07:07/ Jun

新刊「残業学ー明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?」好評発売中!:25000人のデータから解き明かす「残業問題」解決の秘訣とは?

研修メニューの「充実」と「料理の美味しさ」を考える!? : 和洋中何でもOKで、味はイマイチの「残念なレストラン」!?

2018.12.12 06:48/ Jun

研修メニューの「充実」と「料理の美味しさ」を考える!? : 和洋中何でもOKで、味はイマイチの「残念なレストラン」!?

組織開発の難問「クソはオレだった問題」をいかに攻略するか!?

2018.12.11 06:41/ Jun

組織開発の難問「クソはオレだった問題」をいかに攻略するか!?

「アルゴリズム至上主義」にモノ申す!?、人文科学の知の「復権」!? : クリスチャン・マスビアウ著「センスメイキング」書評

2018.12.10 06:52/ Jun

「アルゴリズム至上主義」にモノ申す!?、人文科学の知の「復権」!? : クリスチャン・マスビアウ著「センスメイキング」書評