NAKAHARA-LAB.net

2018.7.23 05:32/ Jun

生きるとは「トロッコ」を押して夜道を歩くことである!?

 遠い過去に、国語の教科書に掲載されていた作品のなかに、芥川龍之介の短編作品「トロッコ」があった。「トロッコ」のあらすじはこうだ。
   
 ある少年が、ひょんなきっかけから、ふだん鉱夫たちがのっている「トロッコ」に乗りこみ、冒険をする。
 少年が乗った「トロッコ」は、勢いよく走り出してしまい、少年がいまだ見ぬ土地に到着した。急に不安になった少年は、半べそをかいながら、暗い夜道を泣き、トロッコを押して家路につく。
 それから数十年後・・・すっかり中年に達した少年は、出版業界に勤めている。日々の生活に疲れた少年は、ふいに、この出来事を思い出す。
   
 トロッコの物語は、下記のような記述で終わる。
  
 疲れ果てた少年の前には、「藪や坂」のある道が細々と断続している
  
  ・
  ・
  ・
  
 30年くらいまえの記憶をたどっているので、細かいところは異なるかもしれない。大枠では、こんなお話であったかと思うけれど。
  
  ▼
  
 個人的に痛烈に記憶しているのは、トロッコの最後の文章である。
  
 疲れ果てた少年の前には、「藪や坂」のある道が細々と断続している
   
 この1文を読んでいた、当時まだ少年だった僕は、ぼんやりとこんなことを考えていた。
  
 少年であろうとも、中年になろうとも、結局、いつも「藪や坂のある道」が断続してるんだな・・・
 今だけ、トロッコを押してるわけじゃないんだな
 結局、年をとって大人になっても、トロッコを押して、夜道を歩くことになるんだな
  
  ・
  ・
  ・
  
 それから30年
 トロッコの最後の文章に、ひとり感銘を受けていた少年も、いまや中年になった。
 少年の頃には、考えも着かなかった職業につき、少年の頃には思いもよらなかった人々の縁に恵まれ、日々の生活に追われていた。
  
 疲れ果てた少年の前には、藪や坂のある道が細々と断続している・・・
   
 あなたには、ふとした時に思い出す「教科書の作品」はありませんか?
   
 それでも人生はつづく
    
  ーーー
    
 拙著「経営学習論」「職場学習論」(いずれも東京大学出版会)に「Kindle版(電子書籍版)」が刊行されました。「経営学習論」は「人材育成の理論」を5つの視点から論じた本です。「職場学習論」は「どのような職場にいるひとが、いかに仕事のうえでの成長をとげるのか」を論じた本です。いずれも研究・専門書とはなりますが、どうぞご笑覧くださいませ!
  
 
  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約7900名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
       
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「5年もいれば、いっちょあがり」の会社で感じる「一生を、ここで終えるのか」の憂鬱!?

2019.5.23 06:42/ Jun

「5年もいれば、いっちょあがり」の会社で感じる「一生を、ここで終えるのか」の憂鬱!?

なぜ「外科医」は手術ができなかったのか?:わたしたちが密かに囚われている「アンコンシャスバイアス」!?

2019.5.22 07:01/ Jun

なぜ「外科医」は手術ができなかったのか?:わたしたちが密かに囚われている「アンコンシャスバイアス」!?

2019.5.21 07:17/ Jun

日本全国から「数百名の有志」が集う「オンライン読書会」に参加しませんか?

パルスサーベイ(高頻度の組織調査)が「形骸化」していく、たったひとつの「理由」!?

2019.5.20 06:59/ Jun

パルスサーベイ(高頻度の組織調査)が「形骸化」していく、たったひとつの「理由」!?

「スペック転職」から「ストーリー転職」へ:「転職学」がひらく未来!?

2019.5.17 07:01/ Jun

「スペック転職」から「ストーリー転職」へ:「転職学」がひらく未来!?