NAKAHARA-LAB.net

2018.7.9 06:10/ Jun

あなたは「知らな過ぎ」ですか?それとも「知り過ぎ」ていますか?:

「知らな過ぎ」でいることは、知識社会においては、自分を「不利な立場」に追い込んでしまいます。
   
 変化していく社会にサバイブするための、
 知識がない。
 スキルがない。
 専門性がない。
  
 これはまことにシンドイ。
   
 敵と向き合い「闘おう」にも、自分には「武器」がない。
 ロールプレイングゲーム(RPG)において、街を出れば、どんなに小さな「ザコキャラ」でも、「武器」なしでは勝てないのと同じように、知識社会においては「知ること」はサバイブするための「必須の武器」です。
  
 武器をもって、街を出よ
  
 ならぬ
  
 書をもって、街を出よ
  
 が、現代社会の特質を物語ります。
       
  ▼
    
 しかしながら、「知り過ぎてしまうこと」も、また「知識社会」においては、自分を「不利な立場」に追い込んでしまうことも、ままあります。
  
 それは、
   
 「知り過ぎている」がゆえに「捨てられない」、だから「変われない」
  
 からです。
  
 変化していく社会においては、いったん「知ってしまったこと」が、「時代に遅れ」になるスピードは、相対的に高いものです。
 自分の研究領域の話だけを考えても、これは本当にそう思いますね。5年前の議論など、30年前のことのように感じます。それほど、早い。
    
 だとすれば、「知っている」ーすなわち、「ある特定の領域」に、知識やスキルや専門性を「確立」していること自体が、リスクになり得ます。
 なぜなら、自分が得意としている「ある特定の領域」という「領域の存在」自体が「無化」してしまうことが、少なくないからです。
    
 しかしながら、人には「外」が見えません。
 人は「すでに無化してしまった、自分が得意な領域」にしがみつくものです。
  
 なぜなら、それは「知りすぎている」からです。「知りすぎている」がゆえに「捨てられない」のです。
  
 かくして、時間がたつと
  
 「知りすぎているひと」はいつのまにか「知らな過ぎのひと」に変わっていきます。
   
 そして、まことに痛々しいのは「自分だけがそれを知らない」という状態になるのです。
   
  ▼
    
 このように考えると、現代の知識社会をサバイブするとは「知らな過ぎ(知識が不足していること)」と「知り過ぎていること」の微妙なバランスの上に成り立っていることがわかります。
    
 今、仮に「知らな過ぎ」と「知り過ぎ」を両極端の「数直線」と考えます。これを今、「知ることの数直線」とよびましょう。
  
 「知ることの数直線」には、真ん中の「0」の箇所に「ちょうどよい案配で知っている」という「1点」が生まれます。
  
 「知ることの数直線」には、知識の過不足のない箇所は「0」の場所、「1点」しかありません。そう「ちょうどよい案配で知っている」とは、ほんの「1点」なのです。
  
 そして、それ以外は、私たちは「知識が不足している」か、ないしは「知りすぎている」状況にある。
   
 知識が不足しているがゆえに、今現在、サバイブすることにシンドサをもっているのか
   
 ないしは
  
 知りすぎているがゆえに、将来、サバイブすることにシンドサををもっているのか
  
 そのどちらかです。
  
 あなたは「知らな過ぎ」ですか?それとも「知り過ぎて」いますか?
    
  ▼
  
 結局、わたしたちには、何が必要なのでしょうか?
  
 まず大事なことは、自分自身が「知ることの数直線」において、どこに「定位」しているのか。どのポジションに位置付いているのかを知ることです。いったん自分を「メタ(上位)」の立場におき、自分を客観的に見つめる力が必要です。これを「リフレクション」といいます。
 
 あるいは、自分自身でそれを行うのが難しければ、「耳の痛いことをしっかりと告げてくれる他者」から、自分に自分の状態を「鏡」のようにかえしてもらうことです。これを「フィードバック」といいます。
   
 そのうえで「知らない」ときには「学ぶこと」。
「知りすぎている」ときには「捨てること」と、捨てたもののかわりに「学ぶこと」です。
  
 いわゆる「Learning」と「Unlearning」の往還こそが、究極の答えなのかも知れません。
 
  ▼
  
 歴史の本などを読んでいると、どの時代を生きていくのも大変だったとは思います。圧政に苦しむ時代、飢饉に苦しむ時代・・・いろんな時代がありました。現在に「圧政」や「飢饉」が「ない」とは言い切れないものの、現代社会にはまた特有の課題があります。
  
 それは、
  
 自分自身が「知らな過ぎ」であるか「知り過ぎている」の、どちらかの状態にある
  
 ということです。

 わたしたちは
  
「知らな過ぎ」でいるか「知り過ぎ」ている社会を、サバイブをしなければなりません。
   
 そして、こういう社会をサバイブするということも、なかなかタフなことであるなぁと思います。
      
あなたは「知らな過ぎ」ですか?それとも「知り過ぎて」いますか?
   
 そして人生はつづく
  
  ーーー
    
新刊「研修開発入門ー研修転移の理論と実践」がダイヤモンド社から刊行されました。研修転移とは「研修で学んだことを、いかに現場で実践し、成果を残すか」ということです。この世には「学べてはいるけれど、研修転移がない研修」が多々ございます。そのような研修の効果性をいかに高め、いかに評価するのか。「研修転移の理論と実践」の両方を一冊で兼ねそろえた本邦初の本だと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約7700名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
     
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

若手はなぜ「カンパニーホッピング」を繰り返し、すぐに会社を辞めてしまうのか?:若手をドカーンと元気にする「栄養剤みたいな研修」ないですか?

2018.7.19 06:19/ Jun

若手はなぜ「カンパニーホッピング」を繰り返し、すぐに会社を辞めてしまうのか?:若手をドカーンと元気にする「栄養剤みたいな研修」ないですか?

- -

あなたの周りのリーダーたちは「足し算型の組織観」と「非・足し算型の組織観」のどちらをもっていますか?

2018.7.18 06:01/ Jun

あなたの周りのリーダーたちは「足し算型の組織観」と「非・足し算型の組織観」のどちらをもっていますか?

- -

「働き方改革でとにかく時間がない職場」に「対話型組織開発の良さ」をいかに伝えるのか?

2018.7.17 06:21/ Jun

「働き方改革でとにかく時間がない職場」に「対話型組織開発の良さ」をいかに伝えるのか?

- -

2018.7.15 08:29/ Jun

続・対話型組織開発とは何か?:対話型組織開発とは「問うことによる組織変革」である!?

- -

2018.7.14 07:18/ Jun

対話型組織開発とは何か?ー「語り方・意味づけの変革にもとづく組織変革」論

- -