NAKAHARA-LAB.net

2018.6.7 06:11/ Jun

リーダーシップとは「天下を取りに行く人」のことではない!:立教経営ビジネスリーダーシッププログラムがめざす「全員発揮型リーダーシップ」!?

※2018年6月8日(金曜日)のブログは、所用にてお休みです!また来週、月曜日にお逢いしましょう! 皆さん、よい週末をお過ごしくださいませ!
   
 ▼
   
「リーダーシップのある人ってさー、なんか、天下を取りにいってそう!」
     
  ・
  ・
  ・
    
 これは、ある高校生の方が、あるとき、もらしたひと言です。
 このときは、志あふれる高校生が全国から数百名集まるイベントで、たまたま審査員として参加した僕に、ある高校生が、印象深いひと言を投げかけてくれました。
    
 リーダーシップのある人=天下を取りに行く人
    
 まことに微笑ましいこの図式に、思わず、笑みがこぼれるのと同時に、「自分が、現職で、成し遂げなければならないことのハードルの高さ」を感じた一瞬でした。
  
  ▼  
  
 立教大学経営学部リーダーシッププログラムでは、今年から新たに「データアナリティクスラボ」を新設し、ビジネスリーダーシッププログラムのなかで取得した様々な学習データを「分析」「集計」して、「自らの教育革新につなげる研究・実践」にスタッフ一同で、取り組んでいます
   
 ユニットには、田中聡助教に着任いただき、田中さんのもとで、データが一元管理されます。田中さんのもとには、データアシスタントとよばれる学部学生たちが、様々なデータ分析に当たる予定です。
    
「データアナリティクスラボ」で教育革新をさらに進める!? ー 立教経営ビジネスリーダーシッププログラムの新たな「挑戦」
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/8984
    
 以下は、田中聡さんが作成してくれた、立教大学経営学部に今年4月に入学した学生のデータのグラフです。
 下記のグラフでは、新入生が入学時点でもっている「リーダーシップのイメージ」をたずねているのですが、見てみると興味深いことがわかります。
  
 
(N=360)
   
 入学時点の学生たちの「リーダーシップ」のイメージというと、
  
・多くの学生が「周りをひっぱる」「カリスマ」「まとめる」といったイメージをもっていることがわかります
  
 一方、
  
・立教経営が大切にしている価値観である「全員が発揮できる」「誰でももつことができる」は入学時点では下位にあることがわかります
    
 冒頭の例と重ねあわせますと、要するに、
   
「リーダーシップのある人ってさー、なんか、天下を取りにいってそう!」
  
 っていうひとこなるわけ(笑)。そして、先ほどの分析では、こちらが「上位」にきています。
  
 こうしたリーダーシップの一般的なイメージに対して、立教経営では、逆に、リーダーシップとは
  
1.「共通の目標」にむかって進むため
2.グループメンバー全員が「よい影響力」をお互いに与え合う「状況」
  
 と考えています。
 
 リーダーシップとは「限られたひと」のためでもなければ、「カリスマ」のためのものでもない。まして「天下を取りに行くひと」のためにあるのではない(笑)「チームの全員が、それぞれの強みにおうじて、よい影響力を発揮し合う状況」を学生たちがみな経験することをめざしているのです
  
 要するに、立教経営がめざしているのは、先ほどのグラフでは「下位」に位置しています。
   
 ね・・・「ハードル高い」でしょ。
 だって、教育プログラムを通じて「上位にランクされているイメージ」と「下位のイメージ」を「逆転」させなければならないのだから(笑)。でも、数字になると、自分たちの課題が「ハッキリ」わかりますね。
   
  ▼
  
 このように、わたしたちは、自分たちの教育プログラムのあり方を、データに基づきながら把握し、それを目的に照らして常にモニタリングを行い、カリキュラムを革新していきます。
  
 今日紹介したデータは一部ですが、こうしたデータはすでに学部のファカルティには共有され、オープンになっています。
 初等中等教育の世界では、カリキュラムマネジメントが提唱されていますが、それに近いことーそれも「データにもとづくカリキュラムマネジメント」を、「学部のカリキュラムレベル」で実施していることになるのかな、と思います。
  
 ま、それにしても、道は遠いね(笑)。
 でもね、道が「遠い」からこそ、「旅」になるんだろう?
 近くに出かけるのは「おつかい」だよね(笑)
   
 そして人生はつづく
  
【見学者募集】
 立教大学経営学部リーダーシッププログラムでは、見学日を設けて、授業見学を受け入れさせていただいております。
 もしご興味がおあり方がいらっしゃったら、ぜひ、お越しください。事務局の皆さん、学生が皆様をエスコートさせていただきます。次回は7月3日です。もちろん無料ですよ!
  
 見学をしてくださった方には、希望制で、「BLPのいま」を定期的にお伝えする「BLPニュース」を購読いただけるサービスにご登録いただくことができます。「BLPパートナーズ」という会員組織です(もちろん無料、いつでも辞められますよ・・・・怪しいツボをお勧めすることはありません・・・笑)。
  
立教リーダーシップ・プログラム参観(見学)のご案内
http://cob.rikkyo.ac.jp/blp/2982.html
 
 どうぞお越しくださいませ! 
  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約7300名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
     
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2018.6.22 05:26/ Jun

日本のリーダーシップ教育の「夜明け」である!:新刊「リーダーシップ教育のフロンティア」が発売になります!

- -

年収800万円でも、次の子どもは「難しい」!? : 「将来、自分がもらう給与」はわからないのに「働く意味」を考えていることの不思議 !?

2018.6.21 06:24/ Jun

年収800万円でも、次の子どもは「難しい」!? : 「将来、自分がもらう給与」はわからないのに「働く意味」を考えていることの不思議 !?

- -

あなたの会社の人事は「御触書(おふれがき)モデル」に支配されていませんか?

2018.6.20 06:02/ Jun

あなたの会社の人事は「御触書(おふれがき)モデル」に支配されていませんか?

- -

私たちには「リフレクション」を「リフレクション」する時間が必要なのかもしれない!? : 佐伯胖・刑部育子・苅宿俊文(著)「ビデオによるリフレクション入門」書評

2018.6.19 06:04/ Jun

私たちには「リフレクション」を「リフレクション」する時間が必要なのかもしれない!? : 佐伯胖・刑部育子・苅宿俊文(著)「ビデオによるリフレクション入門」書評

- -

定年後を「地域の子どもたち」とともに生きる!?:潮田邦夫・中野綾香(編著)「地域×学校×退職者×大学生×…=∞」書評

2018.6.18 05:57/ Jun

定年後を「地域の子どもたち」とともに生きる!?:潮田邦夫・中野綾香(編著)「地域×学校×退職者×大学生×…=∞」書評

- -