NAKAHARA-LAB.net

2018.4.6 06:19/ Jun

「とにかく組織開発させてくれ王子」と「どうしてもワークショップしたい姫」にご用心 !?

※4月9日(月曜日)はブログの記事を「おやすみ」します。週末2日間労働しておりました。あわてない、あわてない!ひとやすみです。またお逢いしましょう!
   
  
 お客さんに対して、とにかく「組織開発」をやりたい人がいます
  
 一方で、
  
 お客さんの課題を聞いていたら、「組織開発」をすることになった人がいます
  
 この両者は「似ている」ようで、まったく「違い」ます。
 この「違い」がおわかりになられますか?
  
   ▼
  
 人材マネジメントの世界は、こんな事例なら、いくらでもつくれます。
  
 たとえば、
  
 クライアントに、とにかく「ちょめちょめ型ワークショップ」をやりたい人がいます
   
 一方で、
  
 クライアントの話をきいていたら、「ちょめちょめ型ワークショップ」をやることになった人がいます。
   
 この両者も「似ている」ようで、まったく「違い」ます。
 この違いはどこから生まれるのでしょうか?
  
   ・
   ・
   ・
   
 人材マネジメントの世界には、いわゆる「モード」があります(アパレルのように「モード」があるというのが、この世界の悲しいところです・・・!)。
 端的に申し上げれば、年によって「流行」みたいなものがあるのです。だいたい、その「流行」は外国から「輸入」されて、瞬く間に「消費」されます。「自社の地に足のついたリサーチ」から生まれるというよりも、外国からの「直輸入」です。
  
 この「直輸入商品」の「大量消費」のプロセスの中で生まれてしまうのは、冒頭のような事例です。
  
 つまり、
   
 「とにかく組織開発させてくれ王子」や、「どうしてもワークショップしたい姫」が生まれるのです。
  
 「とにかく組織開発させてくれ王子」や「どうしてもワークショップしたい姫」は、「ある一点」において、決定的かつ重要なものを「見落とし」ます。賢明な皆さんは、もうおわかりか、と思うのですが、なんでしょうか。
  
 それは、
  
 お客さんの「課題」を「見える化」すること
 クライアントの「話」に「耳を傾ける」こと
  
 これらのプロセスを通して、「お客さんとともに、課題を同定すること」です。
  
  ▼
  
 一般に、課題解決プロセスは、「課題の同定」と「解決策の実行」という2つの要素からなります。
 シンプルに表現すれば、下記のとおりです。
 
 【課題の同定】:「何」が課題かを決めること(What)
 【解決策の実行】:課題を「解決する策」を決め実行すること(How)
  
 経験的には、【課題の同定】と【解決策の実行】の両者のうち、どちらが重要かと聞かれたら、僕は、圧倒的に
【課題の同定】とおこたえします。

  
 課題解決は、【課題の同定】8割、【解決策の実行】2割
  
 といってもいいくらいです。
  
 だって、「何」が課題かわからないのに、「いかに解決するか?」の「打ち手」を考えても、仕方がないでしょう(笑)。
  
  ▼
  
 冒頭の「とにかく組織開発させてくれ王子」が「どうしてもワークショップしたい姫」が見落としがちなのは、この【課題の同定】の部分なのです。
    
 「とにかく」、組織開発をやりたくて、やりたくてしょーがなくなるのです。
 課題が何かもわからずに・・・
    
 「どうしても」ちょめちょめ型ワークショップがやりたくてうずうずしてしまう
 課題を見ることなしに・・・
   
 「とにかく」や「どうしても」の前に必要なのは、
  
 まずは、クライアントを見ること
 つぎに、クライアントと話をすること
 クライアントとともに、課題を決めること
 
 だと思うのですが、いかがでしょうか。
  
 要するに「課題解決」のプロセスをきちんと回すことです。
  
  ▼
  
 今日は「とにかく組織開発させてくれ王子」や、「どうしてもワークショップしたい姫」(?)の話をいたしました。これらの架空の人物描写をもって、課題解決にとってもっとも大切なことは、「課題を決めること」であるということをお話ししたかったのですが、いかがでしょうか?
  
 あなたのまわりには、「とにかく組織開発させてくれ王子」や「どうしてもワークショップしたい姫」がいらっしゃいませんか?
  
 あなたのまわりには、課題を見定めずに、課題解決策を最初から決めてかかる「専門家」はいませんか?
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
 我が人生、にわかに「立教カラーのパープル」になってきました。「パープルなひと」に少しずつなっています(笑)。昨日は、新しい名刺できました!(手配をいただいた山口さん、ありがとうございます!) 皆さま、改めてですが、名刺交換させてください! 気軽にお声がけください。
  

   
 新しい研究室に、立教カラーの素敵な「のれん」をいただきました。中原研究室のOB/OGの皆さん、ありがとうございます!
  

  
 この土曜日・日曜日は、新入生362名をお迎えする、ウェルカムキャンプです。こちらは舘野さん、SA、CAの学生のみなさんが、素晴らしい企画をねり、ご尽力いただいているようです。本当にお疲れ様です&ありがとうございます!
     
 ウェルカムキャンプには100名ほどの見学のお問い合わせをいただいたようですが、やむなく抽選をさせていただきました。このたびは、50名の方々におこしいただけます。わたしもおりますので、気軽にお声がけください。今回おこたえできなかった方には、授業見学会を定期的に行っています。またご案内を差し上げますので、どうかお許しくださいませ。
     
 立教大学経営学部ウェルカムキャンプ・BL0の紹介ビデオ(2018年度)の新しい紹介動画ができたようです。舘野さんのご指導のもと、3年生の尾花俊弥くんが作ってくれたそうです(感謝です!)。ウェルカムキャンプの一日が概観できそうです。どうぞ、よろしければご覧くださいませ!
   

  
 そして人生はつづく!
   
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約6500名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
      
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

会社はトップダウンで兵隊のように動く?学校は長期休暇がありまくりで働いていない?:ステレオタイプによる「不幸な出会い」を避けるために!?

2018.9.25 06:22/ Jun

会社はトップダウンで兵隊のように動く?学校は長期休暇がありまくりで働いていない?:ステレオタイプによる「不幸な出会い」を避けるために!?

公務員の人材開発は「条例」と「法律」と「引き継ぎ」なのか!?

2018.9.21 06:16/ Jun

公務員の人材開発は「条例」と「法律」と「引き継ぎ」なのか!?

わたしたちは「定型化」のプロフェッショナルである!? : 思考と視野の「狭窄」をいかに防ぐのか?

2018.9.20 06:08/ Jun

わたしたちは「定型化」のプロフェッショナルである!? : 思考と視野の「狭窄」をいかに防ぐのか?

2018.9.19 07:06/ Jun

「ゼミ活動」をとおして「経営」を学ぶ!? : 中原ゼミの採用活動がはじまります!

2018.9.18 06:36/ Jun

あなたの会社では「OJT道」がまだ機能していますか?:OJTを支える「3つの時間」とは何か?