NAKAHARA-LAB.net

2018.4.3 06:22/ Jun

新入生や新入社員におすすめしたい「違和感ノート」!? : フィールドワーカーになったつもりで「違和感」を笑い飛ばそう!

 新年度ですね。
  
 キャンパスには、新入生があふれています。また、通りには、リクルートスーツに身をつつんだ新入社員のみなさんが、闊歩しています。
  
  ▼
   
 ところで、ブログでも何度か書いたことがありますが、この時期、新たに、新しい組織に入る皆さんにおすすめしている、ちょっとした試みがあります。
  
 それは、
  
「違和感ノートをつけること」
  
 です。
  
「違和感ノート」とは、新たに組織に新規参入なさる皆さんが、その瞬間感じた「違和感」を、ほんの「数文字」でもいいので、どこかにメモしておくことです。
  
 例えば、
  
 うちの職場では、就業時間がきても、誰ひとりとして、帰ろうとしない
 (就業時間の境界を意識することが、長時間労働是正の一丁目一番地です)
   
 という笑えない違和感とか・・・
  
 うちの会社では、会議のときは、X部長とY課長がしゃべったあとで、メンバーは発言をする
  
 とか、
   
 違和感ノートでは、新規参入をなさる皆さんが、新たな組織のなかで日々、感じる「違和感」を書き付けておくのです。
    
 興味深いのは、この「違和感」を感じているのは、多くの組織で、新入社員だけです。あたかもフィールドワーカーになったつもりで、フィールドノーツをつけてみてください(笑)
  
 「違和感」は最初にしか感じません。
 そうした違和感を、どこかにメモしておくと、あとで見返したときに結構面白いものです。それらの違和感の中には、多くの場合、新入社員の皆さんが入った「組織の文化」をあらわしていることが多いものです。
  
 僕は、新入社員は「組織文化のリトマス試験紙」のようなものだと思います。彼らには、組織文化の異様さ、特殊さが、最初だけ見えているのですね。面白いですね。
    
  ▼
   
 「違和感ノート」は2つの意味で「よいこと」があります。
   
 ひとつめのよさは、「組織に入ったときに感じる違和感を笑い飛ばせる」ということです。
 
 新たな組織に入るときには、誰しもストレスを感じるものです。あたかもフィールドワーカーのように「違和感」を書き付けておき、それを、あとで見返すと、こんなことに「違和感」を感じていたんだぁ・・・と笑えてきます。
   
 新規参入時の違和感を「笑い飛ばす」
 これは大切なことです。
  
 場合によっては、新入社員同士で、違和感ノートを見せ合う、というのも面白いかもしれませんね。みんなで「笑い飛ばせ」ば、乗り切ることができるかも。
   
 「組織」からなされる「社会化」を待つのではなく、自ら動きましょう。
 そうした機会を使いながら、ぜひ、はやく自ら社会化(能動的社会化)を成し遂げてください。
   
  ▼
    
 ふたつめの効用は、違和感ノートを「あとあと」見なおすと、「自分の成長」を実感できる、ということです。
   
 「違和感ノート」に書かれていることは、おそらく3か月後には、まったく違和感を感じなくなるはずです。組織の中にいれば、組織に固有のルーチン(毎日繰り返されているもの)や文化は、毎日「アタリマエ化」しているからです。
  
 3ヶ月もたてば、あなたは「うちの会社は・・・」「うちの職場は・・・」という言葉を使い出すでしょう。その頃には、おそらく「うちの会社」や「うちの職場」には「違和感」を感じなくなります。
    
 そんなとき、しばらくして、そうした「組織参入時の違和感」を見詰めると、
  
 へー、こんなこともわかんなかったんだ
  
 と成長を実感できます。
   
 また、1年たち、組織の中で働くことにくたびれ始めた頃には、初心を思い出すことができます。「わたしにも、こんな時代があったんだなぁ・・・」と。
    
 社会では、成長実感は、他人が、なかなか与えてはくれません。
 ぜひ、「成長実感」を自分で感じる工夫をなさってください。
    
  ▼
  
 今日は、新たに組織に入る方々におすすめする「違和感ノート」について書きました。
 ちなみに、これは中途採用社員の方にもおすすめの方法です。
  
 今年は、僕自身も、新たな大学に新規参入をしているひとりですので、この「違和感ノート」をつけています。
 
 ちなみに、僕が、新たな大学に入り、最初に感じた「違和感」は、何だと思いますか?
 いや、本当に、超絶くだらないことです。
  
 それは、
  
 学生は、いつも食べている=学生はいつもお腹をすかせている
   
 です(笑)。
  
 今、僕は、2年生のSA、CA(スチューデントアシスタント)の皆さんと授業準備の会議をしているのですが、彼らはミーティングのときに、いつも「おやつ」や「パン」を食べている(笑)。
      
 曰く、
  
 お腹がすいて、仕方が無いそうです(笑)
   
 前職の大学でしたら、お逢いするのは大学院生や社会人。多くは、30を超えた方々でしたので、あまり「お腹がすいて仕方がないひと」「いつも食べているひと」はいませんでした。でも、今は違います。
  
 学生は、いつも食べている
  
 いや、まったく問題ないんですよ、いいの、いいの。
 お腹がすいてんだから、心ゆくまで「食べな」(笑)
   
 これが僕の「違和感ノート」の最初の数行でした。
   
 そして人生はつづく
  
  ーーー

 自分で申し上げるのも、すこし、こっぱずかしいのですが、池袋・ジュンク堂さんで、僕が選んだ書籍のフェアをやっていただいております。もしお近くに足をはこんでいただく機会がございましたら、ひょいと覗いていただけますと幸いです。人材開発、キャリア、学び関連の本がたくさんあると思います。
  

  ーーー

【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約6300名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
     
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

あなたは、最近「0.01の背伸び」をしていますか?「0.99」で仕事をこなしていませんか?

2018.10.19 06:20/ Jun

あなたは、最近「0.01の背伸び」をしていますか?「0.99」で仕事をこなしていませんか?

2018.10.17 18:16/ Jun

本日新刊「組織開発の探究」発売です!:「組織開発と人材開発の未来」がまるごと1冊でわかっちゃう本!?

あなたは、聞き手をただちに「どん引き」させてしまう「言葉」を用いていませんか?

2018.10.17 06:33/ Jun

あなたは、聞き手をただちに「どん引き」させてしまう「言葉」を用いていませんか?

「行動としてのリーダーシップ論」と「現象としてのリーダーシップ論」!?

2018.10.16 06:50/ Jun

「行動としてのリーダーシップ論」と「現象としてのリーダーシップ論」!?

絶対に「勝てないプレゼン」をつくるコツ!?

2018.10.15 06:35/ Jun

絶対に「勝てないプレゼン」をつくるコツ!?