NAKAHARA-LAB.net

2018.3.29 06:35/ Jun

オーセンティックリーダーシップとは「暗黒面に堕ちたリーダー」の「裏返し」である!?

 Authentic leadership(オーセンティック・リーダーシップ)という概念があります。
       
 Authenticとは、もともと「本物である」とか「信頼できる」とか、そういう意味です。
 ならば「オーセンティック・リーダーシップ」とは、直訳すれば、「本物で、信頼できるリーダーシップ」ということになります。
   
 ・・・
  
 さて、この概念、ここだけを切り取ると、いったい「何」を主張しているのか、さっぱりわかりかねます(少なくとも僕は、最初、面食らいました)。
 が、ここにこめられた思いは、僕のざっくり理解によりますと、下記のように理解できます。
(先日、中原研OBの関根さんがリーダーシップ研究会を開催していただき(感謝!)、そこでも最新のハンドブックを読みましたので、まったくあさっての理解というわけでは、ないと思います)
  
 ざっくりいいますと、
  
 オーセンティック・リーダーシップ
    =自己をみつめる+倫理重視+透明性のあるマネジメント
    =フォロワーが自ら動いてしまうような状況が生み出されること
  
 要するに、オーセンティック・リーダーシップとは、
  
1.「リーダーが自分の強みや弱みをしっかりと見つめたうえで
  自分らしさを発揮するリーダーシップ」であり、
  
2.そのリーダーシップ行動は「倫理や価値観」に基づいており、
  
3.誰の目からみてもオープンで透明性のあるリーダー行動をとることで
  
4.このリーダーのもとでは、
  フォロワー(メンバー)自らが
  ついつい自分で動いてしまうような状況を生み出す
  
 ということになります。
  
 ・・・
  
 なんだか、まだ、わかったようなわからないような気にもなりますが、皆さんは、いかがですか?
  
 そんなとき、ひとつ「知的遊戯」としておすすめなのは、「裏返し思考法」というものがございます。物事は「わからないなぁ」、「ピンとこないなぁ」と思ったときには、「裏」をかえしましょう。
  
 すなわち、
  
 ある物事とは、「何」なのか?
  
 を「問う」のではなく、
  
 ある物事は、なぜ、今、生まれてこざるをえなかったのか?
 ある物事が、新しさをもって迎えられたのは、その背後に、どんな背景があるからなのか?
  
 を問うてみるのです。
  
 そうしてみると、賢明なわたしたちは、オーセンティック・リーダーシップをそのまま「裏返し」ます。
 リーダーシップの既存言説が過去数十年積み重ねられてきたなかで、あえて「オーセンティック」という接頭語を用いた背景には、それとは「真逆」の「非・オーセンティック・リーダーシップ」があるからだ、と問うのです。すると、「非・オーセンティック・リーダーシップ」とは、
  
 非・オーセンティック・リーダーシップ
       ||
    自己をみつめず、とってつけたリーダー風行動をとり
       +
    倫理なんかクソクラエで、利益重視、そのためなら悪いこともやらかし
       +
    ナルシズムにもとづき、暗黒面に落ちてしまったダークマネジメントをおこない
       ||
    そういうリーダーのもとで、やむなくフォロワーはついてこざるをえない状況
  
 こういう「非・オーセンティック・リーダーシップ」が、それまでの「世の中で跳梁跋扈していた」から、「オーセンティック・リーダーシップ」という概念が意味を為すのではないか、という仮説を把握できます。
    
 賢明な皆様は、もうおわかりかと思いますが、オーセンティック・リーダーシップとは、それまでの「過去のリーダーシップ論」が、ともすれば、「利益重視の非・オーセンティック・リーダーシップ」に堕してしまったことの反省に生まれた概念でした。
  
 とりわけ、2000年代から2010年代、MBAホルダーとよばれる人々が、エンロンの不正会計など、多くの事件を巻き起こしてしまったことから、その反省にたち、主張されるようになった概念です。
 リーダーなのに、利益のためなら、不正にも手を染める。
 利益のためなら、倫理なんてクソクラエで、何でもやらかす。
 当時は、そうしたリーダー、そして、そういうリーダーを生み出したビジネススクールに批判がよせられた時代でした。
  
 本来ならば、リーダーシップそのものが「自己をみつめる+倫理重視+透明性のあるマネジメント」であるならば、わざわざ、その接頭語として「オーセンティック」と名乗る必要はなかったのです。
 が、リーダーシップに敢えて「オーセンティック」とつけなければならないほど、「暗黒面に落ちてしまったリーダー」は多いということですね。かくして、リーダー教育も、根本から反省を求められるようになったというわけです。
  
 クワバラ、クワバラ
 May the force be with you!
  
  ▼
  
 今日はオーセンティックリーダーシップについて書きました。
  
 オーセンティックリーダーシップの概念は、それを額面通りに受け取るのではなく、いったん、それを「裏返し」にして、そこにこめられた社会的背景を理解しないと、なかなか理解が進まないのかな、とも思うのですが、いかがでしょうか?
  
 あなたのまわりには、「オーセンティックリーダーシップ」は発揮されていますか?
 それとも
 あなたのまわりには「暗黒面に落ちたリーダー」が跳梁跋扈していますか?
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
新刊「実践!フィードバック」が重版2刷決定、前書「フィードバック入門」は3万部突破です。耳の痛いことをいかに部下に通知し、そこから立て直しをはかることができるか。全国各所の管理職研修で用いられています。はじめてリーダーになる方、管理職になる方におすすめの2冊です。どうぞご笑覧くださいませ!
     
 
  
DVD『フィードバック入門』
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/
   
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約6200名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
      
友だち追加
   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2022.5.18 07:45/ Jun

商品をお客様にお届けするとは「アイデア勝負の短距離走」ではなく「試行錯誤に悶絶する長距離走」である!?

「たくさん読む」から「引き算して読む」!?

2022.5.17 08:01/ Jun

「たくさん読む」から「引き算して読む」!?

2022.5.16 08:16/ Jun

経営学習研究所10周年記念イベント「みんなの越境学習論」無事終了!:イベントの全貌を伝えるオンライン新聞、無料ダウンロードできます!

2022.5.13 08:08/ Jun

研修評価は、人材開発の「最後の秘境」である!? : 無料セミナーで研修評価のエッセンスを学びませんか?

2022.5.11 07:31/ Jun

高業績・高い成長実感を示す人事パーソンの「学び」の特徴とは?:日本初!?「人事パーソンの学びとキャリア」に関する総合調査!?