NAKAHARA-LAB.net

2018.3.23 06:09/ Jun

「1000名の管理職のコミュニケーション能力を劇的に改善する1時間の講演」をサクッとお願いします!?

 まことにありがたいことに、仕事柄、さまざまな場所で、講演をさせていただく機会に恵まれます(お声がけいただき、心より感謝です!)。
     
 本務である教育・研究・事業に差し障るので、95%はお断りをせざるをえない状況にございますが、それでも、月に1度程度は、登壇の機会をいただけます。まことにありがたいことです。
  
  ▼
     
 講演をお引き受けするか、どうか、を決めるとき、僕には、自分なりに決めている「シンプルなルール」があります。それは「現場・経営に変化をもたらすこと」ができそうか、どうかです。
   
 どんな小さなことでも、自分なりに自信をもって「変化をもたらすこと」ができそうだと思えば、お引き受けできそうです。反対に、これは難しそうだな、僕には自信はないな、と思うときには、どんな条件でも、お引き受けできそうにございます。
    
 とてつもなくシンプルなルールですが、「変化」は僕にとって、非常に大きなことです。
   
  ▼
  
 それでは、僕は、具体的に、どのようなことで「変化のきざし」を実感するのか。
   
 それは「不遜な言い方」をすることになってしまうかもしれませんが「ご依頼の内容」から判断をさせていただくことがほとんどです。
  
 たとえば、
   
「管理職のコミュニケーション力を向上させたいのですが、1時間の講演スタイルで、1000人にむけて講義をお願いします。内容は、中原さんのお好きなもので結構です」
  
 と皆さんがご依頼を受けたとしたら、これは「変化」は生まれそうだとお考えでしょうか?
  
 もちろん、中には「1時間の講演」で劇的にコミュニケーションスタイルを変える人もいないわけではないと思います。現場から遠い僕の話でも、もしかすると、そうした変化がもたらされるかもしれません。しかし、99%の人にとっては難しいと思います。
  
 おそらく、講義が終わる10分くらい前には、「あー、今日は、いい話をきけたな、さっ、仕事に戻ろう」となり、30分後には綺麗さっぱり忘れてしまうのが「落ち」でしょう。
 それにですね・・・1時間の講演で、コミュニケーションを劇的に改善してくる管理職がいたら、どんな内容だったのか?と疑ってしまいませんか? 「洗脳」(笑)?
  
「変化」のために、どのようなリソースをかけるのか。
たとえば、そのためには、時間や、クラスサイズはいかにあるべきなのか。「変化」のために、僕は何をお話するべきなのか?この「目算」がたたない場合には、自信をもってお引き受けすることが難しいことになります。
  
  ▼
  
 例をもうひとつ。
  
 たとえば、
  
「当社の事業戦略上、人事制度をかえます。これにともない、管理職の方々にフィードバックを教えたいのですが、いかがでしょうか? ただ、当日、役員会がございまして、社長以下、事業部長も、人事部長も欠席なのですが・・・」
  
 というご依頼をいただけたとします。
 この場合はいかがでしょう?
  
 もしこのご依頼ならば、たぶん、僕は、自信をもってお引き受けできないなと思います。なぜなら、僕が「事業戦略や人事制度の変化」を効果をともない語るのは難しいからです。つまり、この研修には「学ぶコンテキスト(必然性)」が生まれていない。なので、この後に、どのような内容を語っても、参加者には「刺さりません」。
  
 僕ならば、事業責任者、ないしは人事の責任者が、この研修の冒頭に登壇し、事業の変化、人事制度の変化について、生の声で受講生に語り、理解を求めていただきたいと思います。そういう「打ち込み」なしで、変化が起こるとは、僕には思えません。
      
 僕は「変化のきざし」をそのようなディテールで感じます。
   
  ▼
  
 今日は、講演のお話をさせていただきました。
    
 なぜ、このように「現場・経営に変化をもたらすこと」にこだわるかは、それが「人材開発の根幹」だからです。
 人材開発とは、「学びのメカニズムを用いることで、組織・現場の目標達成や変革に資すること」です。自ら、自分の専門の根幹を裏切ることはどうしても、できません。
   
 あなたのまわりの研修では、小さな「変化」は起きていますか?
 あなたは、どのような基準やルールで、研修や講演をお引き受けしていますか?
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
   
新刊「実践!フィードバック」が重版2刷決定、前書「フィードバック入門」は3万部突破です。耳の痛いことをいかに部下に通知し、そこから立て直しをはかることができるか。全国各所の管理職研修で用いられて居明日。はじめてリーダーになる方、管理職になる方におすすめの2冊です。どうぞご笑覧くださいませ!
    
 
  
DVD『フィードバック入門』
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/
  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約5900名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
     
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2019.11.12 07:01/ Jun

将来、あなたの「賃金」はどうなると思いますか?:「働かないおじさん」問題は「中年男性」の問題ではない!

あなたの周囲の「形骸化しすぎてペンペン草すらはえない会議やイベント」を変革する方法!? : プリヤ・パーカー(著)関美和(訳)「最高の集い方」書評

2019.11.11 06:41/ Jun

あなたの周囲の「形骸化しすぎてペンペン草すらはえない会議やイベント」を変革する方法!? : プリヤ・パーカー(著)関美和(訳)「最高の集い方」書評

あなたの持っている「暗黙の上司理論」と、あなたの上司の「暗黙の部下理論」は「いい案配」でマッチしていますか?

2019.11.8 06:55/ Jun

あなたの持っている「暗黙の上司理論」と、あなたの上司の「暗黙の部下理論」は「いい案配」でマッチしていますか?

大量のデータで「ひと儲け」したいビジネスの「盲点」とは何か?

2019.11.7 06:34/ Jun

大量のデータで「ひと儲け」したいビジネスの「盲点」とは何か?

あなたのまわりには「自己目的化した薄っぺらなダメだし振り返り」が蔓延していませんか?

2019.11.6 06:48/ Jun

あなたのまわりには「自己目的化した薄っぺらなダメだし振り返り」が蔓延していませんか?