NAKAHARA-LAB.net

2018.2.22 05:56/ Jun

あなたの会社は「3Kによる人材開発」!?それとも「データに基づく人材開発」!?

「先生、新しい人事制度のことを議論する前にですね、ちょっと、うちの会社のデータを、見て欲しいんですけど・・・」
  
  ・
  ・
  ・
  
「ここ15年で本当に変わったな」と思うことのひとつに「データにもとづく人材開発」があります。
  
 ここで「データにもとづく人材開発」とは、
  
 組織内調査(従業員調査)や人事データベースの「データ」の分析にもとづいて、人事制度・人材開発戦略を構築すること
    
 をさすものとします。おそらく、これとは対照的な人材開発とは、「3Kによる人材開発」です。
   
「3Kによる人材開発」とは、
  
 勘(K)と経験(K)と気合い(K)による人材開発
  
 に他なりません(笑)。
 データなんてどこ吹く風。頼ることができるのは「野生の勘」(笑)
  
   ▼
   
 僕の研究室には、非によって、数多くの人事・人材開発担当者の方がお見えになりますが(すべてにお答えできているわけではありません)、本当にこの数年は、「自社のデータ分析結果」をお持ちになる方が増えた印象があります。
  
 記述統計はもちろんのこと、相関分析、回帰分析、場合によっては、共分散構造分析まで行って、自社の問題点を明らかにする。そのうえで、「このような施策を、うってみてはと考えているけれど、どうだろうか」という議論をなさる方が増えてきた印象があります。
  
 もちろん、お持ちになるのは定量的なデータだけではありません。自社の現場を「ヒアリング」して、自社の問題点の仮説を構築なさる方もいらっしゃいます。
  
 定量か定性かは、さして問題ではありません。大切なのは「自社のデータに根ざして、効果的な人材開発のあり方を考えることができるか、どうか」です。
     
   ▼
  
 人材開発とは「人やチームの能力・スキル・態度の伸張にかかわる問題解決のプロセス」です。大切なのは、それが「問題解決のプロセス」であるということです。
    
 よく知られているように、「適切な問題解決のプロセス」を行うために、もっとも大切なことは「適切に問題を設定すること」です。そして、そのためには「自社のデータ」を収集し、問題の確からしさを高めることが、決定的に重要です。
  
 僕がよくお話しすることのひとつに、「人材開発は企画8割、実施は2割」というのがあります。
  
 後半の「実施は2割」というのは、研修やらワークショップやらを「実施すること・登壇すること」です。そして前半の「企画8割」とは、もちろん、「自社のデータを収集し、適切な問題解決のプロセスをまわすこと」に他なりません。
  
 ついつい、人は、登壇やファシリテーションの技術に目を奪われ、「人材開発は企画2割、実施8割」と考えてしまいますが、それは僕の認識とは異なります。
  
 「人材開発は企画8割、実施は2割」
  
 です。
  
   ▼
  
 今日は「自社データにもとづく人材開発」のお話をさせていただきました。もちろん、人材開発の営為をまわしていくなかでは、「勘(K)と経験(K)と気合い(K)」も時折必要になるのですが、おそらく、それだけでは効果的な施策運用を行うことが難しくなっているような気もします。
  
 あなたの会社の人材開発は「3Kによる人材開発」ですか?
 それとも「データにもとづく人材開発」ですか?
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
     
新刊「事業を創る人の大研究」(田中聡・中原淳著)、発売10日で重版決定、AMAZONカテゴリー1位(オペレーションズ)を記録しました。本書は、「人と組織」の観点から、「新規事業づくり」を論じた本です。新規事業に取り組む人をどのように選び、どのように仕事を任せ、そして支援していけばいいのかを論じています。イノベーション人材、次世代経営人材を育成している教育機関の方にもおすすめの内容です。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
  ーーー
  
新刊「働く大人のための学びの教科書」、AMAZON総合13位、AMZONカテゴリー(仕事術・整理法)1位を記録しました。人生100年時代、私たちは、しなやかに変化しながら、長く働くことが求められています。学校では教えてくれない「大人の学び方」。7人のビジネスパーソンのリアル学びストーリーも収録しています。ぜひご笑覧いただけますと幸いです。
  

  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約5200名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
     
友だち追加
  

  
  ーーー
  
僕が主宰する慶應丸の内シティキャンパスの講座「ラーニングイノベーション」が、第10期生の募集を開始いたしました。これまで10年にわたり、約300名の人事・人材開発担当者のみなさまが受講した講座です(感謝です!)。人生100年、学び直し時代、熱意あふれる30名の受講生のみなさまと「学んで」みませんか? 毎年、満員御礼の講座です。どうぞお早めにお申し込みくださいませ!
  
ラーニングイノベーション論2018
https://www.keiomcc.com/program/lin18a/

ブログ一覧に戻る

最新の記事

この国では、話し合いが、きちんと「教えられていない」のではないか、という疑念!?

2022.1.19 08:00/ Jun

この国では、話し合いが、きちんと「教えられていない」のではないか、という疑念!?

2022.1.18 08:47/ Jun

あなたは「記憶に残らない、幕の内弁当のような研修」をつくっていませんか?

あなたの会社のパルスサーベイは「告げ口ツール化」していませんか?

2022.1.17 09:17/ Jun

あなたの会社のパルスサーベイは「告げ口ツール化」していませんか?

2022.1.11 08:26/ Jun

わたしを「既存のカテゴリー」でくくらないでください!? : 偉大なクリエイターたちの密かな願い!?

2022.1.7 08:16/ Jun

ウィトゲンシュタインはなぜ「暖炉の火かき棒」を振りかざしてマジギレしたのか?:書評「「ポパーとウィトゲンシュタインとのあいだで交わされた世上名高い10分間の大激論の謎」