NAKAHARA-LAB.net

2017.9.13 06:41/ Jun

新入社員あるある!?「あのー、自分が、何がわからないのか、わからないんです」を「記号表現(?)」するとどうなるか?

 新人教育(OJT)の現場で、よく起こるのはこんな状態です。
 あなたの周囲のOJTの現場では、こんな状況は生まれていませんか?
  
 
  
  ・
  ・
  ・
  ・

 日本企業の人材育成、その中心にあるのは「OJT」です。

 OJT指導では、OJT指導員(先輩社員)が経験の浅い新入社員の指導にあたることが多いのですが、その現場では
  
 「新人がわからないことが、わからない」
  
 すなわち
  
 「新人が”自分で何かをわからないか”がそもそも理解できておらず、
  さらには、そのことがOJT指導員には理解できない」
  
 という事態が起きやすいものです。
  
 その様子は、先ほどの、こんな感じでしょうか?
  
  
  
 なんじゃ、こりゃ?(笑)
  
  ▼
   
 かつて「自己のアイデンティティ」が「他者」によって構成されることを喝破したのは、精神科医のR.D.レインです。
  
 レインは、それまでの常識をくつがえし、「自己」とは「自己によって規定されるもの」ではなく、「自己からみた自己」と「他者からみた自己だと自分が認識する自己」の関連によって構成されることを、著書「自己と他者」において論じました。レインの自己論は、学部の初年次あたりに、教養などで出会うことが多いのかな、と思います。
    

       
 人々のあいだには「自分自身は自分がつくるもんだ!」という強固な思い込みがありますが、レインによれば、それは違います。「自己と他者の複雑な関係」によって、「自己」とは生まれるものなんだよ、ということになるかと思います。自己とは「社会の網の目」のなかで生まれるのです。
  
 ところで、レインが、自らの主張を展開するために生み出した「表記法」が先ほどの「なんじゃこりゃ」です(笑)。
  
 厳密にいうと「自己論とOJT論をごたまぜにするんじゃない」とお叱りを受けそうですが、まぁ、ブログなんだからいいじゃない、ということで、敢えて、概念拡張をして、この表記を用いることにしました。
  
 レインの表記は下記です。
  
 今、仮に
  
 自分自身を「P」
 他者のことを「O」
  
 とします。
  
 そして、
  
 自分自身が自分をみる見方は「P→P」
 自分自身が他者をみる仕方を「P→O」
 他者が他者自身をみる見方を「O→P」
 他者が自分をみ見方を「O→P」
  
 とします。
  
 そうなると、
  
 他者が他者自身をみる見方を、自分が見ていること
 P→(O→O)
   
 他者が自分をみる見方を、自分が見ていること
 P→(O→P)
 
 となります。

 この表記に着想をえて、OJTの現場で起こっていることを表現すると、先ほどのような表記になります。

 今仮に「P=新人」「O=OJT指導員」とします。
 「みること(→)」を「わかること(→)」に転換します。
 また「わかること(→)」のほかに「わからないこと(→に斜線)」をおくならば、下記のようになるかと思うのです。
 
  
 
 ま、遊びよ、遊び(笑)
(小生、24時間365日、起きてるときは、人材開発のことしか考えていません。なので、しょーもないことばかり妄想してしまうのかもしれません)
  
 ▼
 
 人は、熟達に従って、「新たな視野」を獲得していきます。しかし、それは同時に「かつての視野」を失うことでもあります。
 
   
 
 にはご用心!
 
 あなたの周囲では、この状態が起きていませんか?
  
 そして人生はつづく
  
追伸.
 人はどこまで「自己と他者の入れ子」を理解できるのかなと思って、10歳TAKUZOに
  
 P→(O→P)
   
 が理解できるかを聞いてみました。
「あー、わかる、わかる」とは言っておりましたが、たぶん、わかっていないような気がします。10歳ですけれども・・・(笑)我が子は、親に似て単細胞なので。
  
 ーーー
     
新刊「仕事人生のリセットボタンー転機のレッスン」が発売されました。長期化する仕事人生を振り返り、転機を乗り越えるためのヒントにあふれる本です。元アスリート・為末大さんの紆余曲折名人生の遍歴を、中原と為末さんで振り返ることで、その機微とレッスンを学びます。どうぞご笑覧くださいませ!
   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

【再掲:平成生まれの皆さん、イベント参加者募集中!】「働くわたし」の「残業論」!?:平成世代の語る残業、昭和世代が語る残業!?

2017.11.17 05:00/ Jun

【再掲:平成生まれの皆さん、イベント参加者募集中!】「働くわたし」の「残業論」!?:平成世代の語る残業、昭和世代が語る残業!?

- -

「昔の残業」とは「みんなでワイワイと生活すること」だったのではないか?

2017.11.16 06:49/ Jun

「昔の残業」とは「みんなでワイワイと生活すること」だったのではないか?

- -

テレビ会議の「発言ダブリ」や「妙な間」はなぜ生まれるのか?:働き方改革時代に求められる「テレビ会議の心理学」!?

2017.11.15 06:35/ Jun

テレビ会議の「発言ダブリ」や「妙な間」はなぜ生まれるのか?:働き方改革時代に求められる「テレビ会議の心理学」!?

- -

【イベント参加者募集中!】「働くわたし」の「残業論」!?:平成世代の語る残業、昭和世代が語る残業!?

2017.11.14 06:30/ Jun

【イベント参加者募集中!】「働くわたし」の「残業論」!?:平成世代の語る残業、昭和世代が語る残業!?

- -

書くということは、昔の自分に「落とし前」をつけることである!? : 卒論・修論・博論の季節に贈りたいひと言!

2017.11.13 06:53/ Jun

書くということは、昔の自分に「落とし前」をつけることである!? : 卒論・修論・博論の季節に贈りたいひと言!

- -