NAKAHARA-LAB.net

2017.9.6 06:25/ Jun

「共働き子育て」の時間感覚は「点」と「一枚の絵」!?

 晩年になると、人生におけるいろいろな記憶が「一本線」ではなく「万華鏡」のように去来する
 鷲田清一「死なないでいる理由」
   
  ・
  ・
  ・
  
 哲学者・鷲田清一先生のご著書「死なないでいる理由」のなかに、こんなくだりがでてきます。
  

  
 晩年になると「記憶」が「一本線」ではなく「万華鏡」になる
  
 今年で42歳になる僕は「晩年」という年齢には、まだまだ達していません。晩年は、まだまだずっと先の地平にあるものです。ですので、鷲田先生がご提示なさった、この「万華鏡」のイメージは、今の自分には、わきません。
  
 しかし、「現在の自分」でも、「かつての自分」と比べて「記憶の変化=時間感覚の変化」は感じとることができます。とりわけ「共働きの子育て」をしている今の僕の感じる時間感覚は、「以前のそれ」と似てもつかないくらい、変化しました。
  
  ▼
  
 僕の家は「共働き × 僕も妻も地方出身者 × 子育て中」ですが、本当に一日、一週間、一年があっという間に過ぎます。「瞬き」をすれば、一日がはじまり、そして終わっている。
    
 朝5時に起きて
 子どもの勉強を見て
 保育園に子どもをおくり
 会議や原稿や講演や授業やゼミにあけくれ
 子どもを迎えて
 9時には寝て
 また朝5時に起きる
  
 朝5時に起きて
 子どもの勉強を見て
 保育園に子どもをおくり
 会議や原稿や講演や授業やゼミにあけくれ
 子どもを迎えて
 9時には寝て
 また朝5時に起きる
  
  ・
  ・
  ・
  
 僕の一日は、このサイクルの繰り返しです。
  
 こんな生活を繰り返し繰り返ししておりますと、
  
 ぼくにとって「一日の記憶」は「一日の始点」に集約されていきます。
 つまり一日を「朝5時の1点」のように感じるのです。

 実際、「ある日の朝5時」に起きたとおもったら、気づけば「次の日の朝5時」になっている感覚です。
 つまり一日は「点」になるーーー
  
 点が7回繰り返されれば一週間。それが30回繰り返されれば一ヶ月です。
 だから、今の僕にとって、日々の生活は「点描」のようなものです。
 無数の点が、そこにはあるーーー
   
 そして、今の僕にとって、一年は「一枚の絵」のように感じられます。
 無数の点からなる「一枚の絵」
   
 気づけば「元旦」を迎え
 はっと我にかえれば「夏」になり
 毎年と同じように「年の瀬」を過ごす。
  
 気づけば「元旦」を迎え
 はっと我にかえれば「夏」になり
 毎年と同じように「年の瀬」を過ごす。
  
  ・
  ・
  ・
  
 気づけば、一枚一枚と「絵」が増えています。
  
  ▼
  
 今の僕にとって、一日とは「点」、一年とは「一枚の絵」
  
 遠い過去を思い起こしてみると、かつて10代-20代の頃は、もう少し違ったメタファであったようにも感じます。
 はやく大人になりたかったあの頃は、一日は「永遠」のように長く感じましたし、一年一年が「長い劇」のようにも感じました。
  
 このように「時間感覚」とは、その人の置かれた「社会的境遇」によって変化するもののようです。
 おそらく、「一日は点、一年とは一枚の絵」である僕の現在の時間感覚も、子どもの成長とともに変化してくるのでしょう。ま、そうなって欲しいけれど。
  
 今のあなたにとって、一日とは、どのように感じますか?
 今のあなたにとって、一年を何かに喩えるのだとしたら、それは「何」ですか?
  
 そして
  
 かつてのあなたにとって、一日、一年は、どんなものでしたか?
  
 そして人生はつづく 
  
 ーーー
  
【注目!:研究室のLINEはじめました!】   
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに約2300名方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
       
友だち追加
   

  
 ーーー
     
僕の新刊「マンガでやさしくわかる部下の育て方」が発売されました。発売後ただちに重版出来です。ありがとうございます。本書は、はじめてチームリーダーのなった方が、4つの部下育成のスキルをマンガで学ぶことのできる書籍です。どうぞご笑覧くださいませ!
      

   
 ーーー
   
新刊「仕事人生のリセットボタンー転機のレッスン」が発売されました。長期化する仕事人生を振り返り、転機を乗り越えるためのヒントにあふれる本です。元アスリート・為末大さんの紆余曲折名人生の遍歴を、中原と為末さんで振り返ることで、その機微とレッスンを学びます。どうぞご笑覧くださいませ!
   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

僕らが「100%全力」で働いちゃいけない理由!?:「100%の内訳」を見直す知性とは何か?

2017.9.26 06:41/ Jun

僕らが「100%全力」で働いちゃいけない理由!?:「100%の内訳」を見直す知性とは何か?

- -

「生きる」とは「他者とのかかわり」の「両面性」に翻弄されること!?

2017.9.25 06:39/ Jun

「生きる」とは「他者とのかかわり」の「両面性」に翻弄されること!?

- -

ハイポテンシャル人材とは「手のかからない人材」ではなく「スポットライト人材」である!?

2017.9.22 05:58/ Jun

ハイポテンシャル人材とは「手のかからない人材」ではなく「スポットライト人材」である!?

- -

あなたは「転身力」を発揮していますか?: 穴のあいた船の上でカクテルパーティしていませんか?

2017.9.21 06:23/ Jun

あなたは「転身力」を発揮していますか?: 穴のあいた船の上でカクテルパーティしていませんか?

- -

自分の抱える「問題」を「自分事」として引き受ける「素人さんたちの大研究」!?

2017.9.20 06:05/ Jun

自分の抱える「問題」を「自分事」として引き受ける「素人さんたちの大研究」!?

- -