NAKAHARA-LAB.net

2005.4.3 21:15/ Jun

アクセス

 僕にとって、とても印象深い雑誌「アクセス」を、先日、研究室の掃除のときに見つけた(アクセスのことについては、2004年12月28日の日記をご覧ください。大学生協が発行している雑誌でした)。

2004年12月28日の日記
http://www.nakahara-lab.net/2004diary12.html

IMG_0601.jpg

IMG_0603.jpg

 1枚目の写真にあるように、この雑誌が発刊されたのは1995年。僕がまだ駒場で学んでいた頃である。
 2枚目の写真には、当時の大阪大学の研究室のWebが掲載されている。このころ、Webサイトをもっている研究室はとても珍しかったことを思い出す(特に文系、教育系ではほとんど皆無!)。
 当時の僕は、まさか自分がこの大学院に進学し、研究を志すとは思っていなかったことであろう。
 懐かしい、あまりに懐かしい。

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「生まれたての新規事業」が組織の中で「殺される」メカニズムとは何か?

2019.12.11 08:54/ Jun

「生まれたての新規事業」が組織の中で「殺される」メカニズムとは何か?

フィードバックは「憑依」で学び、「憑依」で研ぎ澄ます!?

2019.12.10 07:09/ Jun

フィードバックは「憑依」で学び、「憑依」で研ぎ澄ます!?

「感覚遮断」して生きる私たちの日常と「五感の解放」!?

2019.12.9 07:01/ Jun

「感覚遮断」して生きる私たちの日常と「五感の解放」!?

2019.12.6 06:40/ Jun

「戦艦ヤマト化した研修体系」に巣食う「ゾンビ研修」は「成仏」させたほうがいい!?

2019.12.5 07:11/ Jun

「ひとづくり・組織づくりのプロフェッショナルを養成する大学院」ー入試要項を公開しました!