NAKAHARA-LAB.net

2005.4.3 21:15/ Jun

アクセス

 僕にとって、とても印象深い雑誌「アクセス」を、先日、研究室の掃除のときに見つけた(アクセスのことについては、2004年12月28日の日記をご覧ください。大学生協が発行している雑誌でした)。

2004年12月28日の日記
http://www.nakahara-lab.net/2004diary12.html

IMG_0601.jpg

IMG_0603.jpg

 1枚目の写真にあるように、この雑誌が発刊されたのは1995年。僕がまだ駒場で学んでいた頃である。
 2枚目の写真には、当時の大阪大学の研究室のWebが掲載されている。このころ、Webサイトをもっている研究室はとても珍しかったことを思い出す(特に文系、教育系ではほとんど皆無!)。
 当時の僕は、まさか自分がこの大学院に進学し、研究を志すとは思っていなかったことであろう。
 懐かしい、あまりに懐かしい。

ブログ一覧に戻る

最新の記事

新年度はじまる4月、「テレワーク迷子」に陥る職場を減らせ!

2021.1.22 07:57/ Jun

新年度はじまる4月、「テレワーク迷子」に陥る職場を減らせ!

テレワークは「新参者」に手厳しい!:あなたの組織には、テレワークで仕事迷子になっている「新参者」がいらっしゃいませんか?

2021.1.21 07:37/ Jun

テレワークは「新参者」に手厳しい!:あなたの組織には、テレワークで仕事迷子になっている「新参者」がいらっしゃいませんか?

2021.1.20 08:08/ Jun

ハイフレックス授業って「オンラインのぞき穴」を教室につくるだけでいいの?

あなたが語っているのは「一番ダシのように澄みきった言葉」ですか? それとも「血合いとアクのまじったドロドロワード」ですか?

2021.1.19 07:57/ Jun

あなたが語っているのは「一番ダシのように澄みきった言葉」ですか? それとも「血合いとアクのまじったドロドロワード」ですか?

コロナ禍で失われつつある「学び」とは何か?:デュデク&マクルアー(編)、絹川友梨(監訳)「応用インプロの挑戦」書評

2021.1.18 07:36/ Jun

コロナ禍で失われつつある「学び」とは何か?:デュデク&マクルアー(編)、絹川友梨(監訳)「応用インプロの挑戦」書評