NAKAHARA-LAB.net

2017.6.27 06:42/ Jun

「それって、あるあるだよね」という研究が「ある」理由!?

「見えてはいるが、誰も見ていないものを、見えるようにするのが、詩だ」
(長田弘)
   
 先だって、哲学者・鷲田清一さんの本を読んでおりましたら、上記の詩人の長田弘さんの言葉が引用されておりました。非常に含蓄にとむ言葉だな、と思い、思わずメモをとってしまった次第です
  
 僕は「詩」に関しては、まったくの「造詣」も「知識」もございません。
 が、このセンテンスでいわんとしているところは、自分の「土俵」である、研究にもあてはまるよな、と思い、関心をもってしまったのです。
  
   ▼
  
「見えてはいるけれど、誰も見ていないもの」とは、誰もが、ふだん「日常の生活世界」のなかで、自らの「網膜」にはうつっているけれど、「意識や志向性」を当ててはいないものと解釈できそうです。英語でいうならば、「Seen but not noticed(見えてはいるが、気づいてはいない)」ということになるのではないでしょうか。

 そうしたものを「見える化」していく、「Visualize」していくものが、「僕にとっての研究」なのかなと思っています。人は、見えないものは、マネジメントはできません。また、見えないものをもとに、対話することも難しいものです。
「見えないもの」をいかに「見える化」し、人々のあいだに意識を向けてもらったり、そこに対話や議論を生み出すか。これが僕の考える研究です。他人の研究観は、知りません。
  
  ▼
  
 これに関しては思うところもあります。
 苦節20年・・・未だたいした成果をあげていない僕の研究ですが、よく第三者から、よくこうした評価を受けることがあります。
  
「中原さんの研究は、驚きはないけど、あるあるだよね」
  
 はい、出ました、「あるある」(笑)
 皆さん、耳の痛いことをしっかりと告げてくださる、ナイスフィードバッカーですね(笑)。
 「驚きがない、でも、あるある観はある」は、僕が、最も皆さんから評価いただけることです。ありがたいことですね。
   
 この問題なんとか、自分としては「驚きに満ちたアイオープナー(Eye opener)な知見」を生み出したいとも考えるのですが、それは「センイチの世界(1000本に1本)」。残念ながら、僕には、まだクリーンヒットはありません。
  
 しかし、「研究のあるある度」だったら、それよりは「マシな線」はいけるような気がします。「地に足のついた研究をしたい」と常日頃から心がけておりますし、現場に還ることをそもそも最初から考えて、研究をしているからです。
  
 僕に「研究とは何か?」を教えてくださった先生が、かつて、こんなことをおっしゃっていました。
   
「基礎を積み重ねたら、いつか、応用になるという神話を疑え。(中略)最初から、応用することを考えて、しこたま考えて、研究を組みたてることだ。現場をなめるな。(中略)現場に還る研究がしたければ、最初から現場に還ることを想定して、方法を選べ。あとから現場に還ることを考えても、おそいんだ。あとから何とかなると思った研究は、もれなく、何ともならん。
  
現場をなめるな!? :「基礎研究を積み重ねたら、いつか、現場に応用できる」というのは本当か?    
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/7367
  
 願わくば、現場の人々が「見えてはいるが、誰も見ていないもの」、「Seen but not noticed」を、研究というアプローチによって、何とか「見える化」し、それをお返ししたいと願います。
 「あるある」としか感じられなくてもいい。むしろ、それは喜ばしい事態なのかな、と思います。「あるある」がきっかけで、「対話」や「議論」が起こることを願っています。
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
【注目!:研究室のLINEはじめました!】   
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに600名を超える方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
     
友だち追加
  

  
  ーーー
  
新刊「人材開発研究大全」AMAZON予約販売始まりましたが、発売前から重版決定です!ありがとうございます。人材開発研究の最前線を、4部構成・全33章であますところなく所収する国内初のハンドブックです。日本型雇用慣行が崩壊しつつある現在、日本の組織は「能力形成システム」を再構築する必要に迫られています。新人育成・OJTからリーダーシップ開発。民間企業の育成から教師教育・看護教育・医療者の学習まで。どうぞご笑覧くださいませ!
  

    
   
新刊「ひとはもともとアクティブラーナー」(山辺恵理子、木村充、中原淳編、北大路書房)AMAZON予約販売中。高校におけるアクティブラーニングの最新事例(フルカラー!)、今すぐ使えるワークショップ&ワークシートの数々、全国調査事例がぎゅぎゅぎゅと詰まった一冊です。東大 × JCERIの2年間の研究活動の成果!どうぞご笑覧くださいませ!
   

   
    
新刊「育児は仕事の役に立つーワンオペ育児からチーム育児へ」(浜屋祐子、中原淳著 光文社新書)発売中です。AMAZONカテゴリー1位(光文社新書)、経営学カテゴリー2位を記録しました。育児と仕事の良好な関係、ワンオペ育児を乗り越え、チーム育児に転換していくヒントがあふれる書籍です。浜屋祐子さんの修士論文の知見をモティーフにした、育児の科学。どうぞご笑覧くださいませ。
  

   
    
新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、すでに6刷・重版出来・2万部を超えました!AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!
年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。
   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2020.8.7 08:43/ Jun

あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?

出会いは「あなた」を変える!? : 「ひとと出会うときの敷居が低い街」での思い出!?

2020.8.6 08:56/ Jun

出会いは「あなた」を変える!? : 「ひとと出会うときの敷居が低い街」での思い出!?

2020.8.5 09:04/ Jun

新型コロナウィルスは「優秀なひと」の「定義」を書き換えている!? : 己の「学習能力」を駆使せよ、そして「適応」せよ!

あなたの組織や職場では、最近「希望」が失われていませんか?:「成長企業が失速するとき、社員に“何”が起きているのか? 」書評

2020.8.4 08:24/ Jun

あなたの組織や職場では、最近「希望」が失われていませんか?:「成長企業が失速するとき、社員に“何”が起きているのか? 」書評

2020.8.3 12:09/ Jun

人材開発と組織開発の専門ラヂオ番組「モールナイトニッポン」をやっちゃいました!:今、必要な「人と組織のコミュニティメディア」!?