NAKAHARA-LAB.net

2017.6.26 05:50/ Jun

「助けてくださいリーダーシップ」と「越後屋的リーダーシップ」!?

 先だって、あるヒアリングで、ビジネスパーソンの方々にお集まりいただき、自分のマネジメントやリーダーシップについて語っていただいていたときのことです。
 ここでリーダーシップとは、「目標をかかげて、人を動かし、成果をだすこと」と単純に、かつ、ゆるく定義します。
   
 この会合において、僕が心の底から痛感したことがひとつあります。
  
 それぞれの方々のお話をうかがいながら、
  
「なるほど、人のリーダーシップスタイルには千差万別、多種多様なんだな」
  
 と心の底から思いました。
 「結果として人が動き、成果がでればよい」。しかし、そのプロセスで行われていることは、多少の共通点はありながらも、ひとによって千差万別です。
   
 お忙しいところ、インタビューにお集まりいただいたビジネスパーソンの方々には、心より感謝をいたします。ありがとうございました。
  
  ▼
  
 リーダーシップの原理原則は「目標をかかげて、人を動かし、成果をだすこと」です。
 しかし、実際に、リーダーの方々がどのように人を動かしているかを伺うと、ある方は、
  
「助けてくださいリーダーシップ」
  
 を行使している、とおっしゃっていました。
   
 自分の周りには、年齢も自分より上の、様々な人がいる。そうした人々を動かすのは「助けてください」と言えるかどうかだとおっしゃいます。最初から「すみません、助けてください」というスタンスで入った方が、結果として、人は動く。
 言葉を換えれば、「謝罪によるリーダーシップ」「懇願によるリーダーシップ」といえるのかもしれません。
  
 その対極にあるのが「オレのすごさを見よリーダーシップ」です。
 これは、圧倒的なパワーと知識・スキルの差をもって、人を動かそうとします。
   
 つべこべいうんじゃない。
 こうやればよい!
 オレのやり方を見て、そのまま、マネすればいい
  
 という感じでしょうか。
  
 これとは全く別のリーダーシップスタイルとして、「功利型リーダーシップ」といえるようなものをうかがったこともあります。
「功利型リーダーシップ」では、動かしたい相手と自分のあいだに「WIN-WINの関係」を常につくろうとします。なので、このタイプのリーダーシップを行使する方は、相手の動機の「ツボ」を常に観察し続けています。
  
 少しだけ深読みすると、「功利型リーダーシップ」の背後には「人間とはインセンティブ抜きでは動かない」という人間観が透けて見えます。
 「功利型リーダーシップ」の背後には、「インセンティブシステム」によって、リーダーシップ現象を生み出すのだ、という「仕組み志向の考え方」が、感じられるような気がします。言葉をかえますと、「越後屋的発想」にたった、非常に報酬志向のリーダーシップ」といえるのかもしれません。
「越後屋的リーダーシップ」?(笑)
  
  ▼
  
 今日は3つのリーダーシップスタイルについてお話をしました。
 今日の目標は、これら3つのリーダーシップの効果性を考えることではないので、それに関しては議論をしません。
 コンティンジェンシー理論ではないですが、その効果性は、おそらく業界、業種、それぞれの方々が相対する部下の方々によって大きく変わるのではないかと思います。
  
 しかし、もっとも印象的だったのは、こうした場において、
  
「ふだん、自分が部下を動かすときに、心に決めているとがあったら教えてください」
  
 という「問いかけ」があって、これらのことははじめて意識できる、ということです。
  
 参加者の方々の中には、
  
「そうですね・・・・ふだんはそんなこと考えてもみなかった」
  
 とおっしゃっていた方がいらっしゃいました。
  
 このように、自分がふだんやっているリーダーシップスタイルは、他者に対して語ることを通して、浮かび上がってくるものなのではないかと思います。
  
 ふと、先日読んだ本のなかにあった、こんな言葉が脳裏に浮かびます。
  
「(ひとびとは)何かをするときに、そもそも、自分たちがどのようにやっているか、ということに関心がない。彼らは、ただ、それをやることだけに関心がある」
サーサス&ガーフィンケル(1995)「日常性の解剖」
  
 あなたのリーダーシップスタイルは、何ですか?
 あなたは人を動かすとき、何に心がけていますか?
 他者に、自分のリーダーシップスタイルを語ってみませんか?
  
 今週も一週間、頑張りましょう!
 そして人生はつづく
  
 ーーー
  
【注目!:研究室のLINEはじめました!】   
 中原研究室のLINEを運用しています。すでに600名を超える方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
      
友だち追加
    

  
 ーーー
   
【「研修開発ラボ」が生まれ変わりました!】
 新規・研修開発ラボは「人材育成の基礎」から「研修の設計」、そして「社内講師の養成」までを3コースにわけて、別々に、ご受講いただけるようになります。これまでよりも、きめ細やかに、研修のデザインについて学ぶことができます。教科書は「研修開発入門」(ダイヤモンド社)です。もしご興味があるようでしたら、ぜひお越しください!
  
研修開発ラボ
https://jinzai.diamond.ne.jp/lab/
  
ーーー 

【注目情報:人手不足時代をいかに乗り切るか?】     
 パーソルグループさんとの共同研究の成果が、記事になっています。テーマは【アルバイト・パートの採用・育成:人手不足時代をいかに乗り切るか?】です。どうぞご笑覧ください
   
25,000人の大規模調査から、人手不足を解消する画期的な研修プログラムを実現。 ~テクノロジーを活用し集合研修同等の価値を生む
http://www.hrpro.co.jp/series_detail.php?t_no=1126
   

     
 ーーー
    
【フィードバックに関するワークショップを行います!】  
 新刊「フィードバック入門」の内容を数時間のワークショップにさせていただくことになりました。2017年8月8日(火曜日)、小生が登壇し「フィードバックの仕方を学ぶ」体験ワークショップを開催させていただきます。
 耳の痛いことを通知し、立て直す技術。当日は、映像ありーの、実習ありーのの場になると思います。下記は「フィードバック」の特設サイトです。もしご興味がありましたら、ぜひお越しくださいませ!
  
フィードバック入門特設サイト
http://www.php.co.jp/seminar/feedback/
 

ブログ一覧に戻る

最新の記事

昭和時代の「企業拘束性」が時代にあわなくなっている!? : 正社員とは「どこでもいく」「いくらでも働く」「何でもやる」の3点セットを飲み込むことである!?

2024.5.27 08:22/ Jun

昭和時代の「企業拘束性」が時代にあわなくなっている!? : 正社員とは「どこでもいく」「いくらでも働く」「何でもやる」の3点セットを飲み込むことである!?

2024.5.22 17:49/ Jun

【発売前なのに重版決定!感謝です!】新刊「リーダーシップシフト」完成しました!:全員参加型チームをいかにつくるのか?:もうマネジャーは、ひとりで抱え込まなくていい!

詩人は何のために詩を書くのか?:Why am I here?を考える

2024.5.20 11:19/ Jun

詩人は何のために詩を書くのか?:Why am I here?を考える

 あなたの組織には「DE&I(多様性・公正・インクルージョン)」を阻む「3つの壁」が存在していませんか?

2024.5.17 08:34/ Jun

 あなたの組織には「DE&I(多様性・公正・インクルージョン)」を阻む「3つの壁」が存在していませんか?

高齢化による人材開発・組織開発のスキルの「世代継承問題」!?

2024.5.13 08:20/ Jun

高齢化による人材開発・組織開発のスキルの「世代継承問題」!?