NAKAHARA-LAB.net

2017.5.18 06:20/ Jun

次世代リーダーを育成し、組織変革者も元気にする「ケースメソッド」の作成プロセス!?

 自分の組織の組織変革事例を「ケース」にして、
 ケースメソッド教授法を用いて「次世代のリーダーシップ開発」を行うこと
   
   ・
   ・
   ・
    
 経緯を書くと、やたらめったら長くなりそうなのでハショリますが(笑)、今年から、マナビラボ+中原研究室近辺?では、この研究にチャレンジしています。
  
 志をともにすることのできた、ヤフー株式会社の本間浩輔さん、池田潤さん、伊藤洋一、小向洋誌さんらとともに、九州大学・経済学部からケースメソッド教授法の第一人者のひとりであられる星野裕志先生を、東京にお招きして、この数ヶ月、研究会を開催させていただいておりました。ただいま、ある目的にもとに、マナビラボ、研究室から多くの参加者を得て、ケースメソッドのライティングとリーディング(授業)のできる人材を養成しているところです。
  
 星野先生におかれましては、お忙しいところ、我々にケースメソッドのライティング、そして、リーディングをご教授いただき、心より感謝しております。わたしも学習者のひとりとして、先生にご指導をいただいていることは、大変幸せなことです。またヤフーの本間さん、池田さんには、今回の企画でも大変ご協力をいただきました。この場を借りて御礼を申し上げます。ありがとうございました。
  
  ▼
  
 この数ヶ月、わたしたちは、いくつかのチームに分かれて、星野先生のご指導のもと、ケースメソッドのライティングを行ってきました。
 この場ではお名前を差し控えますが、いくつかの組織にご協力をたまわり、「組織の変革事例」についてケースライティングを行ってきたのです。こちらにもご協力いただきました皆様に、心より御礼を申し上げます。本当に貴重な時間をありがとうございました。
  
 来週には、作成いたしましたケースメソッド授業の最終発表会があるのですが、せんだって、僕はチームメンバーである井上佐保子さんと打ち合わせをしておりました。その際、井上さんが、下記のように、非常に興味深いことをおっしゃっていたのが印象的でした。
  
 井上さん曰く
  
「今回、ヒアリングさせていただいた方が、こう、おっしゃっていたんですよ。”今回はありがとうございました。今回、自分の事例を話すことで、これから、自分がやるべきことが、わかってきました”。こちらが時間をいただいたのに、かえって感謝の言葉をいただいて恐縮ですよね」
  
   ・
   ・
   ・
  
 ケースライティングの際、わたしたちは、組織の数人のステークホルダーの方々にヒアリングをおこなわせていただきます。ヒアリングされた内容をチームで話し合い、ひとつの事例にあみこみ、その上で、研修参加者が考えるべき「問い」をつくります。
   
 この「問い」づくりがなかなか難しく、うまくいかない場合には、再取材をさせていただきます。つまり、インターバルをあけて、何度か、ステークホルダーの方々にヒアリングをさせていただく機会を得るのです。先ほどのお言葉は、重ねてヒアリングにご協力いただきました、ある方からうかがった言葉です。
  
 直感的ですが、僕は、先ほどの井上さんの言葉を伺いながら、
  
 よいケースメソッドは「臨床的」なのではないか
  
 ということを思いました。
  
 言葉を換えれば、
  
 よいヒアリングは「臨床的」である
   
 ということになります。
  
 つまり、ヒアリングをする側が「ヒアリングをされる側から単純に情報を取得する」というのではなく、「ヒアリングされる側にも、話すことで、リフレクションが駆動し、考えが整理される」という効能があるのではないか、と思いました。
  
 そして、もし、そうなのだとしたら、
  
 ケースメソッドのライティングプロセスというのは、次世代のリーダーを要請するだけでなく、既存の組織内変革者も「元気にする」効能もあるのではないだろうか?
  
 ケースメソッドとは、組織内の変革者の「リフレクション」を促し、アクションを促進する効能があるのではないか?

 ケースメソッドの作成とは、次世代リーダーの養成と、現・リーダーの活性化を、同時に行える「世代継承性のある組織変革手法」なのではないか
 
 ということも言えそうだなと思っていました。
  
 ま、一事例だから、一般化はできませんけれども(笑) そういう可能性を有している方法として、もっと注目されてもいいのになぁ、という思いを持ちます。

 このあたりは、どうでしょう?
 ケースメソッドのライティングをなされたことのある方のご意見も、ぜひ伺ってみたいところですね。
  
  ▼
  
 来週は、井上さんとともに僕も登壇し、ケースメソッド教授法のリーディング(ディスカッションのファシリテーション)を行います。うまくいくかはどうかはわかりませんが、ご協力いただいた皆様のため、全力を尽くしたいと考えているところです。
  
 そして人生はつづく
    
 ーーー
  
   
新刊「人材開発研究大全」AMAZON予約販売始まりましたが、発売前から重版決定です!ありがとうございます。人材開発研究の最前線を、4部構成・全33章であますところなく所収する国内初のハンドブックです。日本型雇用慣行が崩壊しつつある現在、日本の組織は「能力形成システム」を再構築する必要に迫られています。新人育成・OJTからリーダーシップ開発。民間企業の育成から教師教育・看護教育・医療者の学習まで。どうぞご笑覧くださいませ!
  

    
   
新刊「ひとはもともとアクティブラーナー」(山辺恵理子、木村充、中原淳編、北大路書房)AMAZON予約販売中。高校におけるアクティブラーニングの最新事例(フルカラー!)、今すぐ使えるワークショップ&ワークシートの数々、全国調査事例がぎゅぎゅぎゅと詰まった一冊です。東大 × JCERIの2年間の研究活動の成果!どうぞご笑覧くださいませ!
   

   
    
新刊「育児は仕事の役に立つーワンオペ育児からチーム育児へ」(浜屋祐子、中原淳著 光文社新書)発売中です。AMAZONカテゴリー1位(光文社新書)、経営学カテゴリー2位を記録しました。育児と仕事の良好な関係、ワンオペ育児を乗り越え、チーム育児に転換していくヒントがあふれる書籍です。浜屋祐子さんの修士論文の知見をモティーフにした、育児の科学。どうぞご笑覧くださいませ。
  

   
    
新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、すでに3刷・重版出来です!AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!
年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。
   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「それって、あるあるだよね」という研究が「ある」理由!?

2017.6.27 06:42/ Jun

「それって、あるあるだよね」という研究が「ある」理由!?

- -

「助けてくださいリーダーシップ」と「越後屋的リーダーシップ」!?

2017.6.26 05:50/ Jun

「助けてくださいリーダーシップ」と「越後屋的リーダーシップ」!?

- -

リーダーシップ開発プログラムは「組織開発」たりえるか?:次世代幹部研修の「同じ釜の飯効果」を検証する!?

2017.6.23 06:15/ Jun

リーダーシップ開発プログラムは「組織開発」たりえるか?:次世代幹部研修の「同じ釜の飯効果」を検証する!?

- -

2017.6.22 06:26/ Jun

「お金の無駄遣い」と罵られ、家族からも反対され、それでも新規事業をつくる人の大研究!:新刊「事業をつくる人の大研究」を編んでいます(田中聡・中原淳共著、クロスメディアパブリッシング)

- -

あなたは「29000分のスキマ時間」に何をしていますか?

2017.6.21 06:40/ Jun

あなたは「29000分のスキマ時間」に何をしていますか?

- -