NAKAHARA-LAB.net

2017.4.13 06:42/ Jun

組織開発は「ジレンマ」だらけ!? : 組織開発実践者がもつべき「倫理」と「価値観」!?

 2日前、僕は、このブログで「組織開発をする人が守らなければならない倫理とは何か?」という記事を書かせていただきました。
  
組織開発をする人が守らなければならない倫理とは何か?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/7552
  
 この話題に対して、かつてからお世話になっている南山大学の土屋耕治先生から情報提供をいただきましたので、この場でも紹介させていただきます。貴重な情報に心より感謝いたします。
 土屋先生は、この話題に対してODNJ2015年次大会で「組織開発 (OD) の倫理: 現状の理解と今後の展開へ向けて」と題したご発表をなさったとのことでした。
  
「組織開発 (OD) の倫理: 現状の理解と今後の展開へ向けて」
https://kojitsuchiya.wordpress.com/2015/08/21/20150823odethicstsuchiya/
  
 土屋先生は、本発表において、まず職業倫理とは何か、周辺領域(臨床心理学)における倫理を整理した上で、組織開発の実践者が持たなければならない倫理を、下記のようにまとめます。
 これまでの僕の理解では「価値観」と「倫理」をあまり区別せずに使っていたので、とても勉強になりました。
  
 個人的に印象深かったのは、先生が、発表中でご紹介なさっていた「倫理的ジレンマ」というモデルです。
  
White, L. P., & Wooten, K. C. (1983). Ethical dilemmas in various stages of organizational development. Academy of Management Review, 8(4), 690-697.
  
 これは、組織開発の担当者がどんなに高邁な価値観や倫理をもっていたとしても、彼 / 彼女が「変革者」としての役割を担う場合において、また、彼 / 彼女がクライアントとつきあわなければならない立場によって、倫理的ディレンマが引き起こされる、というものでしょう。
 ともすれば、役割の葛藤が起きてしまい、ともすれば、倫理に違った行動や振る舞いをとってしまうということを表現しているのかなと思いました。
   
 なかなか生々しくて、興味深いモデルです。
  
 わたしは倫理学者ではないので、これは個人的な考えですが、
 
 倫理とは「ディレンマ」に相対してはじめて問われるもの
  
 だと僕は思います。
  
 そして
  
 実践家は「ディレンマ」の中で、意思決定を行い、実践することを求められます。
  
 そのようなときなのです。倫理が問われるのは。
   
 この場、この状況で、「心あるあなた」なら、どう振る舞うか?
   
 もともとディレンマ状況にある人にとって、この問いは、厳しいものです。

 そして、自らなした実践をときに振り返り、考え続ける場をもつことが、結局、組織開発のみならず、「人に触れる専門家」が、専門家でありつづける限りにおいて背負わなければならない「十字架」のようなものなのかな、と思います。
 ともかく、土屋耕治先生に心より感謝をいたします。貴重な情報をありがとうございました。
  
 そして人生はつづく
  
 ーーー
     
新刊「ひとはもともとアクティブラーナー」(山辺恵理子、木村充、中原淳編、北大路書房)AMAZON予約販売中。高校におけるアクティブラーニングの最新事例(フルカラー!)、今すぐ使えるワークショップ&ワークシートの数々、全国調査事例がぎゅぎゅぎゅと詰まった一冊です。東大 × JCERIの2年間の研究活動の成果!どうぞご笑覧くださいませ!
   

   
    
新刊「育児は仕事の役に立つーワンオペ育児からチーム育児へ」(浜屋祐子、中原淳著 光文社新書)発売中です。AMAZONカテゴリー1位(光文社新書)、経営学カテゴリー2位を記録しました。育児と仕事の良好な関係、ワンオペ育児を乗り越え、チーム育児に転換していくヒントがあふれる書籍です。浜屋祐子さんの修士論文の知見をモティーフにした、育児の科学。どうぞご笑覧くださいませ。
  

   
    
新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、すでに3刷・重版出来です!AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!
年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。
   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「それって、あるあるだよね」という研究が「ある」理由!?

2017.6.27 06:42/ Jun

「それって、あるあるだよね」という研究が「ある」理由!?

- -

「助けてくださいリーダーシップ」と「越後屋的リーダーシップ」!?

2017.6.26 05:50/ Jun

「助けてくださいリーダーシップ」と「越後屋的リーダーシップ」!?

- -

リーダーシップ開発プログラムは「組織開発」たりえるか?:次世代幹部研修の「同じ釜の飯効果」を検証する!?

2017.6.23 06:15/ Jun

リーダーシップ開発プログラムは「組織開発」たりえるか?:次世代幹部研修の「同じ釜の飯効果」を検証する!?

- -

2017.6.22 06:26/ Jun

「お金の無駄遣い」と罵られ、家族からも反対され、それでも新規事業をつくる人の大研究!:新刊「事業をつくる人の大研究」を編んでいます(田中聡・中原淳共著、クロスメディアパブリッシング)

- -

あなたは「29000分のスキマ時間」に何をしていますか?

2017.6.21 06:40/ Jun

あなたは「29000分のスキマ時間」に何をしていますか?

- -