NAKAHARA-LAB.net

2016.11.10 06:45/ Jun

日本初!リフレクションの「展示会」が開催されるそうです!(主催:Reflection Night)

 今から2年前、2014年の冬頃。
 各企業で人材開発を主に担当なさっている方々がやっている自主勉強会・交流会・コミュニティ「リフレクションナイト」ご一行様が、中原研究室にお越しになりました。
   
「リフレクションナイト」は、組織の中で人材育成などを担当なさっている方々、数十名程度が定期的・自主的に集い、「リフレクションや気づきを促す技法」についてテストと議論を重ねているコミュニティだそうです。
(教育業界や医療業界、看護業界の皆さん、企業でもそのようなコミュニティがあるんですよ!)
  
 今から2年前、僕は、リフレクションナイトの皆様が、自分たちの力でリフレクションの手法を「考案」したり、リフレクションそのものに議論を深めていらっしゃったことに僕は感銘を受けました。どこかのエライ誰かが考えたリフレクションを「盲信」したりするのではなく、自分たちの力で、自分たちの仕事の文脈にフィットしたリフレクションのあり方を、仲間をつのって、考えていらっしゃるところが素敵だなと思ったのです。
  
 で、調子にのって、ついつい、いつもの悪い癖で・・・
   
「そこまでお考えになられているのでしたら、これは広く展示会をしてみてはどうでしょう。リフレクションについて、いつもやったり、考えたりしていることを、エキシビジョンにして、展示会やってみてはどうですか? 協力をさせていただきます」
  
 といった趣旨のことを申し上げたような気がします。
 実現すれば、日本初の試みです(笑)たぶん。
  
 それから2年・・・。
 リフレクションナイトの皆様が、大変にご尽力なさり、ついに、リフレクションナイトのエキシビジョンが開催されることになったそうです。
 素晴らしいことですね。頭が下がります。お疲れさまです。
  
 つきましては、皆様にご案内だそうです。
 リフレクションエキシビジョンのテーマは【2016年をリフレクションするワーク】。
 この日のためにメンバーがさまざまに考案したワークをもとに、参加者のみなさま自身が2016年を「振り返る場」にしてくださるそうです。
    
 僕も「参加者」として参加をしたいと考えています。
  
リフレクションエキシビジョン
日時:2016年12月15日(木)19:00~21:30
場所:東京都港区西新橋(参加者の方には追って詳細をメールでご案内します)
定員:100名
主催:Reflection Night
協力:フライデーリフレクション
企画チーム:小田川・中島・成田・宮木
   
 外部にも一般公開し、どなたでもご参加いただけるようです。
   
 2016年のリフレクションをなさりたい方、さまざまなリフレクションワークについて知りたい方は、ぜひご検討をお願いします。参加申し込みは下記のリフレクションナイトのページから可能です。
    
リフレクションナイト ~みんなの作戦タイム~
http://ameblo.jp/reflectionight/entry-12218009773.html

 年末、リフレクションエキシビジョンでお逢いしましょう
 そして人生はつづく

ブログ一覧に戻る

最新の記事

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

2019.6.17 06:44/ Jun

ダラダラ上司・コロコロ上司・グリグリ上司にご用心!:うちの職場に来ないで、もれなく、感染するよ!?

変革の失敗の92%は、権力をもっているひとが、自ら「変化を恐れること」から生じる!?

2019.6.14 06:40/ Jun

変革の失敗の92%は、権力をもっているひとが、自ら「変化を恐れること」から生じる!?

「明日の受講生」は「赤の他人」、「クドいくらい」が「いい案配」!? : 「なぜ、ここにいるか」をグリップせよ!

2019.6.13 06:18/ Jun

「明日の受講生」は「赤の他人」、「クドいくらい」が「いい案配」!? : 「なぜ、ここにいるか」をグリップせよ!

2019.6.12 06:51/ Jun

【マナビフェス2019】で明るく楽しく「学び・教育の最前線」を学びませんか?

2019.6.11 06:35/ Jun

「新・対話学入門」!? : わたしたちは「対話」をいかにファシリテーションすればいいのか?:「コンテナ」というレンズを通して見える世界