NAKAHARA-LAB.net

2015.11.24 06:44/ Jun

「研究として成立すること」と「自分が研究したいこと」のせめぎ合い!?

「研究として成立すること」と「研究したいこと」は、似ているようでいて、微妙に異なります。
「研究として成立すること」というのは、いわば「研究になること=体裁をたもった研究としてまとめあげることができること」です。「研究になること」のために必要な要件は、ざっくりいえば、「オリジナリティ」と「適切な研究方法論」です。
 特に、重要なのは前者。
 オリジナリティとかくと、たいそう大げさなことのように聞こえますが、そんなことはありません。どんなに「プチ」でも「ミニ」でも「ちょろ」でもいいから、とりあえず、「これまで他人が誰一人としてやったことのないこと」を為せばよいということになります。
 そして問題はここからはじまります。
「これまで誰もやったことのないこと」というと、大きく分ければ、2つの可能性があります。ひとつは
「あまりに重箱の隅を突きまくっていて、そんなしょーもないこと、誰もやらんわ=おれもやりたくないわ」的な「誰もやっていない」
 と(泣)、
「おっと、こりゃ一本とられたね、その切り口は思いもつかなかったわ」的な「誰もやっていない」
 ですね。
 次回をこめて申し上げますが、悲しいかな、後者の「ものすごい切り口」など、なかなか生まれるわけではありませんので、多くの研究は前者に近いところでなされることが多くなります。
 もちろん、「後者の切り口」をみなめざしているのです。
 研究とは、これら「2つのオリジナリティ」の「せめぎ合い」です。現実を勘案し、どちらに近いところで、「落としどころ」を見つけることができるか。「ギリギリの攻防」がつづきます。
  ▼
 そして、問題は、さらに複雑になります。ここに第二軸目「研究したいこと」が加わることになるからです。
 多くの研究を志す人々は、「研究として成立するか、いなか」という軸を頭の片隅におきながら、それが「自分が研究したいことか、どうか」を考えます。いや、本当はその逆かもしれません。「研究したいこと、したくないこと」を先に考え、その後で「研究として成立するかいなか」を考えます。ともかく、ここには4象限の可能性が生じるのです。
 今、「研究として成立するか、いなか」を縦軸にとり、「研究にしたいかどうか」を「横軸」にとりましょう。そうすると、下記のような図が描けるはずです。
JotNot_2015-11-24-page-1.jpg
1.研究として成立するし、自分もめちゃ研究したい
2.研究として成立するけど、自分としては研究したくない
3.研究として成立しないけど、自分としてはめちゃ研究したい
4.研究としては成立しないし、自分としても研究したくない
 まぁ、1は「理想の姿」、どちらもシオシオノパーの4は「論外」として、問題は2と3です。
「研究として成立するけど、自分としては研究したくない」と「研究として成立しないけど、自分としてはめちゃ研究したい」というものを、いかに対処するか、これが問題です。
 不肖・中原、個人的には、「研究として成立するけど、自分としては研究したくない」ものは、おそらく自分の指導学生には「やるな」と指導すると思います。あるいは、ぎりぎりまで粘って、「自分のやりたいこと」を見つけろ、というと思われます。
 理由は「モティベーションがもたないから」。だって、
 研究は谷あり、谷あり、谷あり、ごく希に山?あり
 なんです。そのプロセスはまことに厳しい。この厳しい道程を、「自分のやりたくないこと」をしょって駆け抜けるには、まことに荷が重すぎます。
 後者の「研究として成立しないけど、自分としてはめちゃ研究したい」をいかに研究として成立させるようにするか。これは、研究指導の醍醐味ですね。
「誰がみても研究としては成立するもの」は、ほっておいても「研究として成立する」のです。問題は、「いや、ちょっとこの合わせ技無理じゃない?」というようなリサーチクエスチョンで、「本人の思いがこもっているもの」を、いかに二人で研究に仕立てていくかです。もっとも楽しく苦しい(Hard fun)ところです。
 ▼
 今日は「研究として成立すること」と「研究したいこと」の微妙な関係を書きました。
 人が思いきり思考し、心ゆくまで探究できる期間は、そう長いわけではありません。僕はいつもそう思って仕事をしています。
 思いのある研究が、世の中に増えることを願います。
 「今、ここ」の瞬間は、思った以上に、短いかもしれません。
 心ゆくまで暴れなさいな(笑)。
 今週も頑張りましょう。
 そして人生はつづく

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「フィードバックとは、先輩から怒られることでしょ?」という「エセ・フィードバック」の蔓延にご注意を!?

2019.7.19 06:21/ Jun

「フィードバックとは、先輩から怒られることでしょ?」という「エセ・フィードバック」の蔓延にご注意を!?

世界初!?「言う言う、もやもや」理論:あなたの「思い」が言えば言うほど、相手に「伝わらない」メカニズムとは何か?

2019.7.18 06:02/ Jun

世界初!?「言う言う、もやもや」理論:あなたの「思い」が言えば言うほど、相手に「伝わらない」メカニズムとは何か?

あなたの会社のサーベイフィードバックは、やらされ感満載のグダグダトークでスマホいじくりまくりの「エセ対話 」になっていませんか?:サーベイフィードバック型組織開発入門!?

2019.7.17 06:20/ Jun

あなたの会社のサーベイフィードバックは、やらされ感満載のグダグダトークでスマホいじくりまくりの「エセ対話 」になっていませんか?:サーベイフィードバック型組織開発入門!?

新卒採用は「楽勝」だったのに「中途採用」で「めちゃめちゃ苦労」する人がハマりやすい「3つの罠」!?

2019.7.16 06:44/ Jun

新卒採用は「楽勝」だったのに「中途採用」で「めちゃめちゃ苦労」する人がハマりやすい「3つの罠」!?

研修・ワークショップの「アチャパー(失敗)」は「はじめと終わりの30分」に頻発する!? : 研修・ワークショップの失敗学!?

2019.7.12 05:59/ Jun

研修・ワークショップの「アチャパー(失敗)」は「はじめと終わりの30分」に頻発する!? : 研修・ワークショップの失敗学!?