NAKAHARA-LAB.net

2022.6.10 08:11/ Jun

「働きやすさ」と「働きがい」こそが「最強の採用メッセージ」である!? : いまどきの学生の、ワークライフバランスへの執着の強さ!

 いまどきの学生の、ワークライフバランス(WLB:Work Life Balance)への執着の強さ!
   
  ・
  ・
  ・
  
 せんだって慶應丸の内シティキャンパスの僕の授業「ラーニングイノベーション論」に、学習院大学の守島基博先生にお越しいただき、「経営に資する人事とは何か?」「全員戦力化をめざす人事とはいかにあるべきか?」についてご講義をいただきました。  
    
 ラーニングイノベーション論がはじまって、もう14年。守島先生におかれましては、初回14年前から、素晴らしい講義をいただき、ありがとうございます。めまぐるしく変わりゆく人事の世界のなかで、毎年、講義内容をアップデートしてくださっておおられることに、心より感謝いたします。
  
  ▼
  
 守島先生の授業内容は、どの内容も素晴らしいものでしたが、参加者のリフレクションシートを拝読しておりますと、
  
 いまどきの学生の、ワークライフバランス(WLB:Work Life Balance)への執着の強さ!
   
 というお言葉が、何名かの受講生の皆さんの琴線に触れたようです。
  
 守島先生は、本講義において、これからの人事部には「従業員に個別に丁寧に向き合い、彼らの働きがいや、成長実感、エンゲージメントを高めていくような人事施策が必要であること」を丁寧に解説なさっていました。
  
「いまどきの学生の、ワークライフバランス(WLB:Work Life Balance)への執着の強さ!」というお言葉は、これから組織にエントリーしてくる世代は、「働きがいや働きやすさなどを重視して、自分の就職する企業を選びますよ」というお話であったと解釈しています。
  
 つまり、
   
 人手不足の時代にあっては、長時間労働などの過剰な負荷がなく、安心・安全に働ける職場こそが「最大の採用メッセージ」になる
   
 人手不足の時代にあっては、仕事のなかでの成長実感を感じられる組織をつくることこそが「最強の採用レピュテーション」になる
   
 ということなのだと思います。
  
 わたしも、まったく同感です。
  
 とりわけ優秀層を採用したいのなら「働きやすさ」と「働きがい」が高い組織づくりをしていることが、マスト条件だと思います。
  
  ▼
  
 今年も、4月以降、自分のゼミ生(中原ゼミ)から、内定先と就職先のリストがぞくぞくとおくられてきています。
   
 今年、ゼミ生の採用先を拝見していて興味深いなと思うのは、学生が最終の就職先を選ぶときに、判断の材料になっていることがかならずしも「組織のサイズ」や「社格」に限られないということです。この傾向は、ここ5年、さらに顕著になっているような気がします。なかには、積極的にベンチャーを選ぶ学生もいます。
  
 学生のなかには、
  
 1.10年後の「その先」に、会社のどの事業が伸びそうかどうか?
  (ここ10年で新規事業が生まれているのか、既存事業を食い潰しているのか?)
    
 2.10年後の「その先」に、その会社は「なんの会社」になろうとしているのか?
  (事業計画には、どの方向に会社を伸ばすことが明言されているか?)
  
 3.自分が30歳くらいになった「その先」に、どういう働き方が可能になるか?
  (共働きが可能か、転勤があるかどうか、夫が転勤になったときにどうなるか、リモートがあるか)
   
 などを考えたり、既存の従業員に質問して最終の就職先を選んでいるひともいます。このなかで、もっとも学生が「執着」するのが、3の「ワークライフバランス」の問題だと思います。これは守島先生がおっしゃっていたことに、ちょうど符合します。
  
  ▼
   
 ちなみに「その先を考えろ!」「その先をイメージせよ!」は、わたしがキャリア選択のときに、学生に申し上げていることのひとつです。最終の就職先を決める上で、もっとも大事なことは、自分の人生を「まっとうする」ときに、何を大事にしたいのかを「その先の目的(めざす生活)」を「イメージすること」です。
    
 個人的には(中原の独断と偏見では)、
  
 ・職業は「手段」であり「目的」ではありません
 (これはひとによると思います。少なくともわたしにとってはそうです)
   
・目的は「well-beingの高い生活を、孤独に陥らずに、おくれるかどうか」です。
 (これはひとによると思います。少なくともわたしにとってはそうです)
  
 「その先を考えろ!」「その先をイメージせよ!」は、自分なりの「well-beingの高い生活」、すなわち「その先」をイメージするからはじまります。つまり「目的」をまずは、意識する。
 そして「その先のイメージ」を実現するためには、どのような場所で、どのような働き方をすればいいのか、という「手段」を考えればよいのだと思います。
   
 俗によく言われる言葉ですが、
  
 イメージできないものは、マネージ(やりくり・コントロール)できません
    
 まずは、自分が、どのような生活をしたいのか、それを「解像度」をあげて、イメージすることだと、わたしは思います。もちろん、思い描いたとおりになんて、人生はなりません。しかし、一度でも「解像度をあげてイメージすること」は、公開しない判断をするうえで、決して無駄にはならないのだと思います。
     
 人生の選択は「その先」をイメージせよ!
  
  ▼
    
 今日は就活のことを書きました。
  
 ハダカン的には、内定先から最終決定を選ぶ段階に、そろそろ入っている印象があります。
 
 自分の頭でじっくり考えて、
 自分の働き場所を
 自分で選んで
 自分で決めてください
  
 わたしは皆さんの自己決定を嬉しく思います。
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
Diamond Transition Program for Freshers(オンライン新人研修)
「新人研修をアップデートするための5つのコンセプト」に基づいて開発された、中原が監修をつとめる新人研修プログラムです。全4回にわたって実施する「オンライン研修」と「現場での実践&振り返り」を往還することによって、新人期に直面する壁を乗り越え、トランジションを果たせるよう手厚くサポートできるようになっています。経験学習を習慣化するほか、ストレスマネジメント、フィードバック、ジョブクラフティングなどについて学ぶことができます。
  

Diamond Transition Program for Freshers(オンライン新人研修)
https://jinzai.diamond.ne.jp/items/k00HD0024/
    
 ーーー
      
新刊「研修評価の教科書」好評発売中です。アカデミックな知見に根ざしつつも、実際の企業のなかで実践可能な研修評価とは、いかにあるべきか。「企業における」研修評価のあり方を論じた本です。質問事例などのワークシートなどもついております。3つの企業事例も含まれています。どうぞご笑覧くださいませ。
   

新刊「研修評価の教科書:数字と物語で経営・現場を変える」
https://amzn.to/3ta9mhf
   
     
 ーーー
  

  
新刊「M&A後の組織・職場づくり入門」発売中です。AMAZON「企業再生」カテゴリー1位を記録しました(感謝です!)。
  
これまで税務・法律の観点からしか語られなかった「企業合併(M&A)」の問題に対して、ひとと組織(人材開発・組織開発)の観点からアプローチし、シナジーを生み出す可能性を考えます。
  
M&Aという「巻き込まれ事故」に関わってしまった経営企画・人事・現場の管理者・リーダーの皆様にぜひお読み意いただきたい一冊です!
  

購入はこちら!「M&A後の組織・職場づくり入門」
https://amzn.to/3v0P0bE
     
 ーーー
          
【アンコンシャスバイアス研修・内製化ツールキット開発!】武蔵野大学・島田徳子先生、ダイヤモンド社の皆さん(広瀬一輝さん、永田正樹さん)との数年にわたる共同研究と、NPO法人日本ブラインドサッカー協会との連携で、スマホで手軽に受検できる「アンコンシャスバイアス測定テスト」と、内製化研修(プレゼンキット)を開発しました!。この問題は、学術的な背景などは、わたしどもが、テスト結果に基づき動画像(ビデオ)で解説させていただきます。ご利用くださいませ! ご自身の組織にもっともフィットしたアンコンシャスバイアス研修をつくることができます。どうぞご利用くださいませ!
      
  
■アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)のWebページはこちら!■
https://jinzai.diamond.ne.jp/ub/unconscious-bias/
     
 ーーー
            
新刊「チームワーキング」がオンライン管理職研修になりました。JMAMさんからのリリースです(共同開発をさせていただいた同社の堀尾さん、ありがとうございました。中原は共著者の田中聡さんと監修をつとめさせていただきました)。どうぞご笑覧ください! 
      
リリースしました!「チームワーキング研修版」
https://www.jmam.co.jp/hrm/training/special/teamworking/
     
 書籍「チームワーキング」おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。
     
    
 
https://amzn.to/3esCOrW
            
すべてのリーダー、管理職にチームを動かすスキルを!
ニッポンのチームをアップデートせよ!           
       
 ーーー
    
 職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS(オーディ・アトラス)」が多くの職場で使われはじめています。サーベイはもとより、それをいかに「フィードバック」するかに焦点をあてたツールです。ワークショップも開発しております。どうぞご笑覧くださいませ!
   

職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS」 (パーソル総合研究所・中原の共同開発) 
https://rc.persol-group.co.jp/consulting/survey/service/od-atlas.html
   
  ーーー
       
【好評発売中】1on1のコツをまとめた映像教材を、中原とPHPさんで共同開発しました。上司用、部下用あります。1on1について「同じイメージ」をもつことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス(上司用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
  
経験を成長につなげる1on1(部下用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061   
  
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー

新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、13刷重版出来です!。AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。スピンアウト企画にDVD教材「フィードバック入門」、研修、通信教育もあります。こちらもどうぞご笑覧ください。
     

   
『フィードバック入門』スピンアウト企画
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/

 ーーー
  
【泣くな!新米管理職!】
  
おかげさまで10刷重版出来。「駆け出しマネジャーの成長論」は、「実務担当者」から「新任管理職」への役割移行をいかに進めるかを論じた本です。「脱線」をふせぎ、成果をだすためには「7つの課題」への挑戦が必要であることを解説しています!全国の管理職研修で用いられています。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
パーソル総合研究所と中原は、このテキストをもとにした「マネジャーになる研修」を開発しました。種部吉泰さんとディスカッションは、非常に楽しいものでした。このコースについても、どうぞご覧くださいませ!
  
「マネジャーになる」 研修:プレイヤーからマネジャーへの移行期支援プログラム
https://rc.persol-group.co.jp/seminar/become-a-manager.html
   
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約37000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

妻が「人事」になりまして。それも「人材開発担当」でして(笑)

2022.7.7 07:37/ Jun

妻が「人事」になりまして。それも「人材開発担当」でして(笑)

2022.7.5 07:43/ Jun

【無料イベント参加者募集中!】フィードバックにおける「落とし穴」と「成功」のポイント!?

2022.7.5 00:12/ Jun

【再掲】あなたの会社の内定者の皆さんは「良質な同期の関係性」を築けていますか?:Z世代がつくる、Z世代のための「内定者フォローワークショップ」を体験してみませんか?

2022.7.1 07:57/ Jun

【無料】立教大学大学院で切磋琢磨しつつ学んだ「人材開発・組織開発のプロフェッショナル」を御社で「採用」しませんか?

2022.6.29 07:41/ Jun

【参加者募集中】新刊「研修評価の教科書」無料オンラインセミナー、7月19日(火)開催!