NAKAHARA-LAB.net

2022.4.19 08:12/ Jun

あなたの周囲には「過去を手放すことができない難治性マネジャー」はいらっしゃいませんか?

「獲得すること」が苦手なのではない
    「手放すこと」ができないのである
    
  ・
  ・
  ・
   
 1on1(ワン・オー・ワン:上司と部下のあいだの定期的な振り返り面談)などを、各社で推進する施策の導入、これまで、いくつか関らせていただきました。すぐに、そうした制度が定着する企業もあれば、そうでない企業もある。企業といっても、十把一絡げにまとめちゃイカンなぁ、と思います。
    
 否。この問題、正しく言えば、「ひとによる」というのがより正確でしょう。すぐに部下との面談を改善し、信頼を勝ち得る管理職もいる。
 しかし、一方、かたくなに拒み続け、何事もなかったように、これまでどおりのやり方をする管理職もいる。
どんだけ働きかけても、動かない。後者のような管理職を、わたしは、
  
「難治性マネジャー」
  
 と呼んでいます。明らかに、何かを「こじらせている」(トホホ)。
    
 押しても、ひいても、テコでも、重機でも動かない。かたくなに、かたくなに、何かを守り続けている。「変えることができない=治療が難しい」・・・だから難治性マネジャー。
 これで成果を出してくれていれば、経営もヤキモキしないのですけれども、それが、実は、そうでないケースも少なくない。職場でメンタルが発生したり、チームの離職がとまらなかったりするので、ハラハラしている、というのが現実なのかな、と思います。もちろん、高い成果を出しておられる方もいますので、一概には言えません。
  
  ▼ 
  
 こうした場合、経験上、僕には、「確信」に近いことがあります。
   
 それは、
   
 難治性マネジャーが「変われない」のは「知識・スキルを獲得できない」からでは「ない」
   
 ということです。むしろ、頭がいいので、獲得することに問題はないケースが少なくない。
   
 万が一、知識・スキルが足りない、ということであれば、研修をやって、トレーニング機会を用意して、上げ膳・据え膳で、何かを「提供」「伝達」し、転移の機会をあげれば、そこそこのことは、できるようになる。しかし、実際ではそうではない。
   
 知識・スキルが「獲得」できないから、1on1ができないのではない
   
 のです。
   
 むしろ話は「逆」です。
    
 苦手なのは「獲得すること」ではなく「手放すこと」なのです。
   
  ・
  ・
  ・
   
 ■昭和の時代の働き方、考え方を「手放せない」
  時計の針がとまっている  
   
 ■かつての上司から受けてきた薫陶を「手放せない」
  何も考えず、そのまま再生産しちゃう
     
 ■若い頃に「他人からされた、いやなこと」を「手放せない」
  そのまま世代継承しちゃう
    
 ■今の働き方に「最適化」されている
  自分の居場所や家族との関係を「手放せない」
    
  ・
  ・
  ・ 
   
 難治性マネジャーとも形容できる方と、お話をさせていただくとき、強く感じるのは、「手放すこと」に対する本能的怖さと、かたくなさ、です。
 だから、そういうときに、いくら「獲得系の施策」を打っても、うまくいきません。なぜなら「手放せていない」ので、いくら知識やら、スキルやらを「注入」しようとしても、「それ以上、入らない」のです。
   
 ならばどうするのか。
 こういうケースの場合、人材開発にできることは、1)「評価の物差しを変えること」、2)「鏡を提供すること」、ないしは、3)「寄り添って聞き取ること」くらいです。
  
 まず1)「評価の物差しを変える」というのは、そのまんまです。評価とは、もともと「望ましい方向」を示すことです。この「物差し」の基準や方向性を変えることで、望ましい行動をとってもらうというのが一番重要です。
  
 二番目の2)「鏡を提供すること」というのは、いわゆる360度フィードバックなどの機会ですね。自分がどのように見えて、自分の職場やチームが、どの程度、ズレているのかを「鏡」を提供することで「見てもらう」。
    
 最後は、3)1対1でコーチングを提供し、目標設定をして、わずかな「変化」を見逃さず、伸ばしていくお手伝いをすることかな、と思います。
  
 いずれにしても、めちゃんこ「コストがかかります」
 最終的には、どこまで「変化」に期待して、どこまでやるのか、という話になるのだと思います。 
  
 そして、こうした場合の
  
 大人の学び(変化)は「痛み」が伴う
  
 のです。トホホ。それにかかわるひとも、くたびれます。
    
  ▼
  
 今日は「難治性マネジャー」のお話をさせていただきました。
   
 端的にいうと・・・
  
 獲得することは簡単だが、手放すことって難しい
   
  ・
  ・
  ・
  
 あなたの周囲には「過去を手放すことができない難治性マネジャー」はいらっしゃいませんか?
  
 そして人生はつづく
   
 ーーー
  

  
新刊「M&A後の組織・職場づくり入門」発売中です。AMAZON「企業再生」カテゴリー1位を記録しました(感謝です!)。
  
これまで税務・法律の観点からしか語られなかった「企業合併(M&A)」の問題に対して、ひとと組織(人材開発・組織開発)の観点からアプローチし、シナジーを生み出す可能性を考えます。
  
M&Aという「巻き込まれ事故」に関わってしまった経営企画・人事・現場の管理者・リーダーの皆様にぜひお読み意いただきたい一冊です!
  

購入はこちら!「M&A後の組織・職場づくり入門」
https://amzn.to/3v0P0bE
 
 ーーー
       
武蔵野大学・島田徳子先生、ダイヤモンド社の皆さん(広瀬一輝さん、永田正樹さん)との数年にわたる共同研究と、NPO法人日本ブラインドサッカー協会との連携で、スマホで手軽に受検できる「アンコンシャスバイアス測定テスト」と、内製化研修(プレゼンキット)を開発しました!。この問題は、学術的な背景などは、わたしどもが、テスト結果に基づき動画像(ビデオ)で解説させていただきます。ご利用くださいませ! ご自身の組織にもっともフィットしたアンコンシャスバイアス研修をつくることができます。どうぞご利用くださいませ!
    
ダイヤモンド社共同開発「アンコンシャスバイアス研修」内製化ツールキット    
https://jinzai.diamond.ne.jp/items/k00HD0028/
 
ダイヤモンド社が「アンコンシャスバイアス研修」を開発
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000045710.html
    

    
 ーーー
           
新刊「チームワーキング」がオンライン管理職研修になりました。JMAMさんからのリリースです(共同開発をさせていただいた同社の堀尾さん、ありがとうございました。中原は共著者の田中聡さんと監修をつとめさせていただきました)。どうぞご笑覧ください! 
      
リリースしました!「チームワーキング研修版」
https://www.jmam.co.jp/hrm/training/special/teamworking/
     
 書籍「チームワーキング」おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。
     
    
 
https://amzn.to/3esCOrW
            
すべてのリーダー、管理職にチームを動かすスキルを!
ニッポンのチームをアップデートせよ!           
       
 ーーー
    
 職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS(オーディ・アトラス)」が多くの職場で使われはじめています。サーベイはもとより、それをいかに「フィードバック」するかに焦点をあてたツールです。ワークショップも開発しております。どうぞご笑覧くださいませ!
   

職場診断ツール&ワークショップ「OD-ATRAS」 (パーソル総合研究所・中原の共同開発) 
https://rc.persol-group.co.jp/consulting/survey/service/od-atlas.html
   
  ーーー
       
【好評発売中】1on1のコツをまとめた映像教材を、中原とPHPさんで共同開発しました。上司用、部下用あります。1on1について「同じイメージ」をもつことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス(上司用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
  
経験を成長につなげる1on1(部下用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061   
  
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー

新刊「フィードバック入門:耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術」絶賛発売中、13刷重版出来です!。AMAZON総合13位、1位(マネジメント・人材管理カテゴリー、リーダーシップカテゴリー)を記録!年上の部下、若手のトンガリボーイ、トンガリガール。職場には、多様な人々が集っています。難易度の高い部下育成に悩む管理職向けの新書です。どうぞご笑覧くださいませ。スピンアウト企画にDVD教材「フィードバック入門」、研修、通信教育もあります。こちらもどうぞご笑覧ください。
     

   
『フィードバック入門』スピンアウト企画
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/

 ーーー
  
【泣くな!新米管理職!】
  
おかげさまで10刷重版出来。「駆け出しマネジャーの成長論」は、「実務担当者」から「新任管理職」への役割移行をいかに進めるかを論じた本です。「脱線」をふせぎ、成果をだすためには「7つの課題」への挑戦が必要であることを解説しています!全国の管理職研修で用いられています。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
パーソル総合研究所と中原は、このテキストをもとにした「マネジャーになる研修」を開発しました。種部吉泰さんとディスカッションは、非常に楽しいものでした。このコースについても、どうぞご覧くださいませ!
  
「マネジャーになる」 研修:プレイヤーからマネジャーへの移行期支援プログラム
https://rc.persol-group.co.jp/seminar/become-a-manager.html
   
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約37000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

妻が「人事」になりまして。それも「人材開発担当」でして(笑)

2022.7.7 07:37/ Jun

妻が「人事」になりまして。それも「人材開発担当」でして(笑)

2022.7.5 07:43/ Jun

【無料イベント参加者募集中!】フィードバックにおける「落とし穴」と「成功」のポイント!?

2022.7.5 00:12/ Jun

【再掲】あなたの会社の内定者の皆さんは「良質な同期の関係性」を築けていますか?:Z世代がつくる、Z世代のための「内定者フォローワークショップ」を体験してみませんか?

2022.7.1 07:57/ Jun

【無料】立教大学大学院で切磋琢磨しつつ学んだ「人材開発・組織開発のプロフェッショナル」を御社で「採用」しませんか?

2022.6.29 07:41/ Jun

【参加者募集中】新刊「研修評価の教科書」無料オンラインセミナー、7月19日(火)開催!