NAKAHARA-LAB.net

2021.12.20 08:08/ Jun

ワークショップづくりとは「勇気」をもって「ひとつの世界観」を選び取ることである!?

 ワークショップには「ひとつの世界観」が必要である!
      
  ・
  ・
  ・
  
 わたしは人材開発・組織開発を専門とする研究者です。よって、わたしが指導する学生たちは「ワークショップの開発」などを行ったりすることが多いものです。
   
 たとえば、学部2年生は、ダイヤモンド社さんとの共同研究で、「新卒・内定者向けのワークショップの開発」を行っておりますし、大学院1年生のなかには、クライアント組織に人材開発・組織開発のワークショップを展開している日方々もいらっしゃいます。まことにお疲れ様です。
   
 学部生・大学院生のみなさんがつくるワークショップを拝見していて、最近、思うことは、
  
 ワークショップをつくるときには「ひとつの世界観」を選び取ることが必要である!
  
 ということです。
   
 別の言葉でいえば、
    
 ひとつのワークショップには、ひとつの文脈、ひとつの目的、ひとつのストーリーだけがあればいい
  
 ということになるのかな、と思います。
  
 逆にいうと、
  
 内容を「てんこ盛り」したワークショップは、伝わらない
  
 ということです。
  
 別の言葉でいえば、
  
 One workshop, One context, One purpose, One story
  
 とも言えるかもしれません。
     
  ▼
    
 たとえば、文脈に関して。
    
 ひとつのワークショップのなかで、冒頭部はゲーム的なワーク「ほにゃららモンスターゲームをやろう!」とかいうノリではじまったのに、後半部分が、ゴリゴリのレクチャーになるのは、世界観を統一できていません。
  
 参加者が途中で、ズッコケて、置き去りにされてしまいます。最初は楽しかったのに、結局、最後はゴリゴリの教え込みかい、と言いたくなってしまうのです。
    
 たとえば、目的に関して。
    
 ひとつのワークショップのなかで、2つも3つも目的を入れ込んでしまうのは、学習者を混乱させてしまいます。結局、「何をやる場」なのか、わかりません。
  
 最後に、ストーリー。
    
 ひとつのワークショップに、ワークやらエクササイズやらを、いくつも入れ込んでしまうと、それらの意味が「薄まります」。一番深刻なのは、ワークやらエクササイズの「つながり」がわかりません。ワークショップには、伝えたいことを「ひとつのつながり(One story)」にして伝えることが重要なのです。
  
 要するに
  
 ワークショップ開発とは「どれだけ盛るか」ではなく「何に焦点を当てるか」
  
 なのです。
  
 ワークショップ開発では「本当に言いたいこと」や「本当に伝えたいこと」だけを「選ぶ」とよいと思います。
  
 逆にいうと「本当に言いたいこと」や「本当に伝えたいこと」以外は「選ばない」「言わない」勇気が必要です。
  

  
 しかし、どうしても経験が浅いうちは、何でもかんでも、詰め込み、盛り込み、言いたくなってしまいます。自信がないこともあり、あれも、これも言わなければと思ってしまいます。
 あるいは、学習者の「心の動き」や「物理的な動き」が、解像度高く読み切れないので、「このくらいは伝わるっしょ」と思ってしまうのです。学習者を「置き去りにするワークショップ」は、かくして生まれます。
  
「これくらいは伝わるかなー」と一度でも疑念を感じて、「ついつい盛り込んだもの」は、もれなく「伝わりません」。 そのくらいの感覚で、ワークショップをつくることで、ちょうどいいのです。
        
 だから、
  
 ワークショップ開発では「何を言うかを決めること」よりも「何を言わないかを決めること」の方が重要
   
 なのです。
  
  ▼
  
 今日はワークショップ開発のコツについて私見を述べました。今日の話題は「ワークショップ開発」の部分を、「プレゼンづくり」とか「授業づくり」などに置き換えても、文意が成立するのではないか、と思います。
   
 フレッシュな感覚をもったみなさんの、素敵な学びにあふれたワークショップを楽しみにしております。
  
 そして人生はつづく
    
  ーーー
                    
新刊「チームワーキング」がオンライン管理職研修になりました。JMAMさんからのリリースです(共同開発をさせていただいた同社の堀尾さん、ありがとうございました。中原は共著者の田中聡さんと監修をつとめさせていただきました)。どうぞご笑覧ください! 
     
リリースしました!「チームワーキング研修版」
https://www.jmam.co.jp/hrm/training/special/teamworking/
   
 書籍「チームワーキング」おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。
   
    
 
https://amzn.to/3esCOrW
           
すべてのリーダー、管理職にチームを動かすスキルを!
ニッポンのチームをアップデートせよ!           
     
 ーーー    
       
【立教大学大学院で大学院生として学びませんか?】
 立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コースでは、経営学を基盤にしながら、人材開発・組織開発・リーダーシップ開発を実践できるアカデミックプラクティショナーを養成しています。別名、「ひとづくり・組織づくりの大学院」です。
 授業は「フルオンライン」。授業は金曜日夜と土曜日だけ行われており、2年間で、修士(経営学)が取得できます。
 今年は、3期生の募集になります!ご興味がおありの方は、ぜひ、お申し込みくださいませ!
   

      
 なお、在学生などの声、リーダーシップ開発コースでの授業の様子について知りたい方は、ぜひ、下記のニュース欄をお読みくださいませ!
  
ひとづくり・組織づくりの大学院での「学び」とは?
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/
       
  ーーー  
       
拙著「経営学習論」の増補改訂版が、東京大学出版会より刊行されました。新たに「リーダーシップ開発」の章を追加し、カバーの装いも変わっています。人材開発の基礎的な理論を体系的に学べる一冊です。どうぞご高覧くださいませ!
      

    

      
  ーーー
     
【好評発売中】1on1のコツをまとめた映像教材を、中原とPHPさんで共同開発しました。上司用、部下用あります。1on1について「同じイメージ」をもつことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス(上司用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
  
経験を成長につなげる1on1(部下用)
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061   
  
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

     
 ーーー
    
新刊「中小企業の人材開発」(中原淳・保田江美著、東京大学出版会、2021年)マニアックなガチ・学術研究書なのですが、発売10日で重版出来となりました。ありがとうございます。中小企業の人材開発メカニズムに接近を試みています。どうかご笑覧くださいませ!
   

   
 ーーー
        
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
       
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。1カ月間は無料トライアルだそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
     
強みの自己認知と意欲を高める『ポジティブ1on1』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000059483.html
   
仲間から実際に認められた行動のデータから、自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加されました。職場における相互称賛を、自分の強みの発見と目標設定に役立てられます。
 
自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000059483.html
   
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
    
ピアトラストお問い合わせ
https://www.peer-trust.com/contact/
   
ピアトラストの効果まとめページ
https://www.peer-trust.com/research/2020/
    
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約35000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「アイデアはいいんだけど、それ、誰やんの症候群」にご注意を!:「プチ残念な課題解決」の3つの典型症例!?

2022.9.26 08:13/ Jun

「アイデアはいいんだけど、それ、誰やんの症候群」にご注意を!:「プチ残念な課題解決」の3つの典型症例!?

2022.9.20 08:39/ Jun

中原ゼミ5期生は「OJT指導支援ツール」をダイヤモンドグループの皆さんと共同開発させていただきます!:4期生が開発した内定者フォローワークショップは、おかげさまで16社にご成約!

「硬直した話し合い」が氷解しはじめる「あの一瞬」は、いかなる行動から生まれてくるのか?:「Deliberative Transformative Moments : 熟考に至るための変革点」を生み出すために必要なもの

2022.9.15 07:53/ Jun

「硬直した話し合い」が氷解しはじめる「あの一瞬」は、いかなる行動から生まれてくるのか?:「Deliberative Transformative Moments : 熟考に至るための変革点」を生み出すために必要なもの

2022.9.14 08:14/ Jun

あなたの会社の人事管理は「脱・いけすモデル」して「鮭(シャケ)モデル」に向かっていますか?

中央教育審議会「令和の日本型学校教育を担う教師の在り方特別部会」8回目 中原の発言要旨メモ

2022.9.9 14:58/ Jun

中央教育審議会「令和の日本型学校教育を担う教師の在り方特別部会」8回目 中原の発言要旨メモ