NAKAHARA-LAB.net

2021.9.13 07:59/ Jun

学習者の「動き」が「読める」ようになること!? : 研修・ワークショップにおける「熟達」のひとつ!?

「たぶん、そのタイムスケジュール、時間通りにいかないと思うよ」
   
「きっと、そのタイムスケジュールだと、学習者は、こちらの想定通りには動かないと思うよ」
    
  ・
  ・
  ・
    
 これらは、僕が、よく学生にかける言葉のひとつです。
       
 20年にもわたって人材開発の研究・仕事をしていて、すこしは「熟達」したかなと思うことのひとつに「学習者の動きと、その動きに必要な時間を読むことができるようになってきた」というものがあります。
      
 たとえば、研修やワークショップなどで、
    
 1.既有知識をどの程度お持ちになっている
 2.あの集団サイズの、あのひとびとに
 3.この「問い」を提供さしあげたら、
 4.そもそも答えられるのか、それには何分かかるのか?
 5. 学習者はいったいどのように動くのか?
   
 こういうことを、あまり考えなくても類推できるになったのが、この領域の「熟達」なのかもしれない、と思います。
      
 そして、タイムスケジュールを見ただけで、ある程度は、わかる。どこが時間的に厳しいのか、そして、どこでつまづくのか。いまだ「完全にわかる」とは言えませんが、以前よりは、クリアにわかるようになってきた。
     
 はたまた、このタイムスケジュールをつくったひとが、どの程度の経験をもっているひとなのか、それともあまり経験をもっていない方なのか。そういうのも、だいたい、ははーんと、わかってしまう。
      
 その妙は、言葉になかなかできないのですが、20年近く、人材開発の研究やら実践やらを繰り返していると、そういうのを「感じて」しまうようになっているのです。もちろん、まだまだ修行中ですが。
     
 学習者の動きと時間を読むことができるようになれば、円滑なプログラム開発ができるようになります。
 そういう意味で、このスキルは、研修開発やワークショップ開発にとって必須のスキルなのですが、その向上が難しいことも、また事実です。
    
 いくつかの方法はあって・・・おそらくは、
    
1.とにかく基本は、自らタイムスケジュールを書いて、自ら実践して、振り返りを繰り返すこと
    
2.当日は、あらかじめつくったタイムスケジュールをそのまま実践しつつ、学習者の様子を子細に観察しつつ、案配がわるけれど、スケジュールをリアルタイムに変更して、実践を継続し、その振り返りを行うこと
    
3.あるいは、先輩のファシリテータ・講師と一緒にプログラムを実行し、彼らのタイムスケジュール運営を子細に観察学習すること
  
 だと思います。
     
 そういうことを繰り返していくと、どこで学習者がつまづくのか、どのように学習者が動くのが、おのずとわかるようになってくる。
      
 要するに「場数」と「振り返り」と「メンタリング」が必要だということですね。たぶん、研修やワークショップの仕事につかれているかたなら、今日書いた、この実感は、おわかりいただけるのではないか、と思うのですが、いかがでしょうか?
   
  ▼
    
 今日は、研修開発・ワークショップ開発の実践知について書きました。
    
 この世界に長くおりますと、
   
「学習者が見えていない」のにもかかわらず、無理矢理に、学習者を動かそうとする、どっから考えても、無理ゲーなタイムスケジュール
    
 を目にします。タイスケから無理ゲーなのですから、そこで引き起こされるのも「無理ゲー」です。
    
 さて、そのようなものを目にするたび、僕が経験から学んできた実践知を、どのように伝えたらいいのかな、と考えております。
     
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
【参加者募集中!】  
    
2021年10月19日(火)にPHPさんの主催で「1on1の失敗学2021~若手社員の1on1力を高める」という講演をさせていただくことになりました。
    
質の高い上司部下面談(1on1)は、上司のみならず、メンバー(若手)にもインストールするべきスキルや態度がある、といった内容です。無料イベントになります。どうぞお越しくださいませ!
 

 
「1on1の失敗学2021~若手社員の1on1力を高める」
https://hrd.php.co.jp/management/casestudy/PHPconference202110.php#utm_source=hrd&utm_medium=banner&utm_campaign=hrd

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2021.9.24 07:38/ Jun

リーダー育英塾カンファレンス参加者募集中!:ワンデイで「教育改革」の最前線を学びませんか?

ケアマネジャーとは「いらだちに直面する仕事」である!? : 岸山真理子著「ケアマネジャーはらはら日記」書評

2021.9.22 07:57/ Jun

ケアマネジャーとは「いらだちに直面する仕事」である!? : 岸山真理子著「ケアマネジャーはらはら日記」書評

中高年のキャリアとは「巨艦を操縦すること」である!?

2021.9.21 07:40/ Jun

中高年のキャリアとは「巨艦を操縦すること」である!?

2021.9.17 08:28/ Jun

学生・受講生の「刺激になりました症候群」を引き起こしているのは、教員側の「何でもいいから書いときなさい病」ではないか!?

2021.9.16 07:52/ Jun

あなたの周囲では「刺激になりました症候群」や「ためになりました病」が感染拡大していませんか?