NAKAHARA-LAB.net

2021.9.2 08:21/ Jun

「古典」を通して気がついた「激変する学問の内部」!?

 先日、大学院ゼミの、夏の勉強会が開催されました。
   
 夏の勉強会では「古典を読もう!」ということで、今年はロシアの心理学者、ヴィゴツキーの著作を読みました。
(企画してくださった新村さん、ありがとうございました。又大学院生のみなさんもお疲れ様でした)
  
 ヴィゴツキーといえば1890年代に生まれ、40歳手前で夭折した天才心理学者。唯物論をベースにしながら、新たな心理学の大系を打ち立てました。
 1990年代に、マイケル・コールらによって再評価がなされ、のちに、状況的学習論とよばれる学問的潮流を生み出すきっかけのひとりになった研究者です。
  
 今から20年前。わたしが学部生、大学院生の頃は、ヴィゴツキーが、ある種のブームになっており、熱狂的に読まれていました。ほぼ20年ぶりに読むヴィゴツキーは、なんだかとても新鮮でした。
  
 嗚呼、あの頃は、こんなことが議論されてたな・・・
 嗚呼、あの頃は、あの論文が、読まれていたな・・・
 嗚呼、あの頃は、熱い議論があったな・・・
  
 大学院生の多くのみなさんにとっては、「初出」の論文が多かったものと思いますが、わたしとしては、当時読んだものが多く・・・なんだか「懐かしさ」などがこみ上げてきて、昔話が長くならないようにしたいなと思いながら、ゼミの議論に参加していました。
(それでも、喋りすぎたかもしれません・・・すみません)
  
 ▼
  
 勉強会をへて、考えたこと。
  
 20年という長い時間は、わたしにとってはわずか「20秒」のように感じられる短いものでしたが(笑)、その中でも、学問のあり方は、ずいぶん変化したな、ということを再認識しました。
  
 端的に言ってしまえば、かつての学問は、今よりもずっとずっと「理論」が強かった(少なくともわたしの関係する分野では・・・研究領域によると思います)。
  
 理論とは、端的にいってしまえば、「現象と現象を説明する首尾一貫した抽象的なストーリー」です。学問の世界では、「理論」が、今よりも、もっと意識されていたように思うのです。
  
 そのうえで、理論は・・・
  
 人間とはどういう存在か?
 知るとはどういうことなのか?
 学ぶとは何か?
  
 を説明しようとしていました。
  
 大言壮語なところはあるかもしれない。しかし、そういうものが、常にひとびとに意識され、学問が進展していました。
  
  ▼
  
 しかし、20年という月日は、知らず知らずのうちに「学問の内部」を変えてしまったような気がします。
  
 端的にいうと、理論というよりは「個別の現象データ」が重視されるようになりました。
 そして、いまや、現象を構成する個別の「要素X」と、個別の「要素Y」の微細な因果関係・相関関係を明らかにすることが、「学問」と言われるようになり始めているような気がします。
  
 そこでは、
  
 人間とは?
 知るとはどういうことなのか?
 学ぶとは?
  
 ということはあまり問われることはない。とにかく「XとY」を「果てないあやとり」のように調べることが、研究者のやることになっているような気がします。
    
 ここで非常に興味深いのは、「学問の内部」にいて、この20年を過ごしてみると、その変化には、なかなか気付かない、ということです。
 しかし「古典を読む」という、いわば「タイムマシン」にのるような経験を通してみると、そのことがよくわかる。
   
 そうか、僕らは、こんな変化のまっただ中にいたのだ、と。
    
 そうか、知らず知らずのうちに、僕らも変化してきたのだ、と。  

 ここから導き出される命題は下記ですね。
  
 変化しているまっただ中にいるひとは、
 変化に気付けない
  
 逆にいうと、自分が今、どういう時代を生きているのか、自分の立ち位置とは何なのかを、おりに触れて、再確認する意味でも、古典を読むことは重要なのだ、と思いました。
  
  ▼
  
 今日は、学問内部に生まれる変化について書きました。
  
 思うに「要素Xと要素Yの因果関係探しゲーム」は、さらに変化していくものと思います(わたしのいる研究分野では)。
   
 おそらく、1)データのデータベース化、2)分析の自動化、3)知見の一般化をへて、最終的には、人間が、今よりも介在しないものになる気もします。
   
 そして、そうなれば、研究者が「外部」から、現象を観察する意味もありません。
    
 経営・組織の研究でいえば、おそらく、それぞれの組織・企業が、データを蓄積し、サイトスペシフィックな知見(自分の組織にもっとも刺さる知見)を、自ら生産する未来が見て取れます。
 実際、すでに、先端的な企業では、そうなりはじめているのです。わたしが関わっているいくつかの企業では、データをもとに、自分の現場にもっとも刺さる知見を生み出し始めているのです。
    
  ・
  ・
  ・
  
 畢竟、やがて「今」も「過去」になる。
 そして、わたしも、あなたも、「変化のまっただ中」にいる。
  
 わたしは今45歳なので、残りの仕事人生は20年たらずほどでしょう。しかし、見方をかえれば、来し方の「20年」と同じ長さの時間が、わたしには、まだある(元気であれば)。
  
 そういえば、僕は若い頃、「仕事人生は前半20年、後半20年」とうそぶいていました。
  
 前半20年は25歳から45歳。
 後半20年は45歳から65歳。
    
 残りの20年・・・変化のまっただ中にいながらも、自分の立ち位置、自分がやるべきことを、見失わないようにしたいものです。
   
 20年なんて20秒。
 まことに、人生は短い。
 そして人生はつづく
    
  ーーー
           
新刊「チームワーキング」おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。さらに、新刊「チームワーキング」がオンライン管理職研修になりました。JMAMさんからのリリースです(共同開発をさせていただいた同社の堀尾さん、ありがとうございました。中原は共著者の田中聡さんと監修をつとめさせていただきました)。どうぞご笑覧ください! 
   
    
 
https://amzn.to/3esCOrW
    
新リリースしました! 「チームワーキング研修版」
https://www.jmam.co.jp/hrm/course/training/twk.html
          
すべてのリーダー、管理職にチームを動かすスキルを!
ニッポンのチームをアップデートせよ!           
     
 ーーー    
       
【立教大学大学院で大学院生として学びませんか?】
 立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コースでは、経営学を基盤にしながら、人材開発・組織開発・リーダーシップ開発を実践できるアカデミックプラクティショナーを養成しています。別名、「ひとづくり・組織づくりの大学院」です。
 授業は「フルオンライン」。授業は金曜日夜と土曜日だけ行われており、2年間で、修士(経営学)が取得できます。
   
 リーダーシップ開発コースの入試説明会を2021年9月18日(土曜)午前中に開催させていただきます。来年2月の入試・コースのご説明をさせていただきます!3期生の募集になります!ご興味がおありの方は、ぜひ、お申し込みくださいませ!
   

   
【お申し込みはこちら!】2021年9月 リーダーシップ開発コース説明会開催・申込み方法について
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/2021/20210730/
   
 なお、在学生などの声、リーダーシップ開発コースでの授業の様子について知りたい方は、ぜひ、下記のニュース欄をお読みくださいませ!
  
ひとづくり・組織づくりの大学院での「学び」とは?
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/
   
  ーーー
     
新刊「働くみんなの必修講義 転職学」好評発売中です!どうかご高覧くださいませ! ひとが会社を辞めなくなるのはなぜか(それを防止するためにはどうすればいいのか)?、どのような転職活動を行えば、納得のいく転職が可能になるのか、そして、どのように新たな組織に自ら適応するのか。転職にまつわる、これらの「問い」に対して、1万2000人の大調査を通して答えをだしました。パーソル総合研究所、パーソルキャリア、中原の共同研究成果です。ご高覧くださいませ!
   

   
  ーーー  
       
拙著「経営学習論」の増補改訂版が、東京大学出版会より刊行されました。新たに「リーダーシップ開発」の章を追加し、カバーの装いも変わっています。人材開発の基礎的な理論を体系的に学べる一冊です。どうぞご高覧くださいませ!
      

    

      
  ーーー
     
【好評発売中】1on1の失敗・成功ケースをまとめ、映像教材を中原とPHP研究所さんとで開発しました。失敗しない1on1について、具体的なイメージをもって学ぶことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

     
 ーーー
      
拙著「職場学習論」(東京大学出版会)のカバー・装いが10年ぶりに変わりました(内容は変わっていませんのであしからず!)。ひとは、職場でどのようにして学ぶのか、というテーマを考察しています。どうぞご高欄くださいませ!
    

    

      
 ーーー
    
新刊「中小企業の人材開発」(中原淳・保田江美著、東京大学出版会、2021年)マニアックなガチ・学術研究書なのですが、発売10日で重版出来となりました。ありがとうございます。中小企業の人材開発メカニズムに接近を試みています。どうかご笑覧くださいませ!
  

   
 ーーー
        
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
       
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。1カ月間は無料トライアルだそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
     
強みの自己認知と意欲を高める『ポジティブ1on1』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000059483.html
   
仲間から実際に認められた行動のデータから、自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加されました。職場における相互称賛を、自分の強みの発見と目標設定に役立てられます。
 
自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000059483.html
   
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
    
ピアトラストお問い合わせ
https://www.peer-trust.com/contact/
   
ピアトラストの効果まとめページ
https://www.peer-trust.com/research/2020/
    
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約34000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2021.9.24 07:38/ Jun

リーダー育英塾カンファレンス参加者募集中!:ワンデイで「教育改革」の最前線を学びませんか?

ケアマネジャーとは「いらだちに直面する仕事」である!? : 岸山真理子著「ケアマネジャーはらはら日記」書評

2021.9.22 07:57/ Jun

ケアマネジャーとは「いらだちに直面する仕事」である!? : 岸山真理子著「ケアマネジャーはらはら日記」書評

中高年のキャリアとは「巨艦を操縦すること」である!?

2021.9.21 07:40/ Jun

中高年のキャリアとは「巨艦を操縦すること」である!?

2021.9.17 08:28/ Jun

学生・受講生の「刺激になりました症候群」を引き起こしているのは、教員側の「何でもいいから書いときなさい病」ではないか!?

2021.9.16 07:52/ Jun

あなたの周囲では「刺激になりました症候群」や「ためになりました病」が感染拡大していませんか?