NAKAHARA-LAB.net

2021.8.24 07:23/ Jun

「トホホな課題解決」を生み出してしまう「思いつき王子」と「思い込み姫」と「いいね、いいねピーポー」とは?

 わたしたちの生きるリアル社会は、常に課題解決の連続です。そして、シャバにあふれる「課題」を解決するための「メソドロジー(方法)」のことを「課題解決法」といいます。
      
 わたしの勤める立教大学経営学部では、大学1年生のうちから、民間企業の皆様とコラボ授業をさせていただき、
  
1)企業のひとびとも悩む真正の課題(ホットイシュー)を
2)学生たちがチームになって課題解決を行い
3)発表・提案を行う中で
4)自らのリーダーシップを高める授業
  
 を実施しています。
  
 わたし自身は、現在、大学院拡充の件もあり(そちらの仕事をメインにしています)、この学部の授業には関与していません(かつては関わっておりました)。舘野泰一先生や、田中聡先生、宇田武文先生など、多くのパッションあふれる先生方、小森谷祐司さん、司村千尋さんなど、事務局のみなさん、また学生スタッフによってプログラムは運営されています。
    
 その公開講演会が、下記にありますように9月3日に開催されるようです。ぜひ多くの皆様にご参加いただければと思います(無料・オンラインです)。
 大学と企業がコラボして、どのような授業が生まれ、どのようなインパクトを産みだしているのか、お聞きいただきたいと願っております。
      
公開講演会「立教BLPカンファレンス2021——企業と大学のコラボレーションが生み出す新たな学び」(9月3日・無料・オンライン)
https://www.rikkyo.ac.jp/events/2021/09/mknpps000001o5y2.html?fbclid=IwAR1Y-R0N7Es5xsY3JHLjPP6VzwVwy5CNcNrBJHIdLTJH2YdzhOBD9jWZ-WA
     
 今年は、パーソルホールディングス株式会社の木下学さま、カルビー株式会社の見目泰彦さま、株式会社TBSホールディングスの西岡武嗣さまにもご登壇いただけるとのことです。大変ありがたいことです。心より感謝いたします。
    
  ▼
   
 ところで、学生あるいは大学院生に「課題解決を教える局面」で、もっとも難しいことは何かと申しますと、それは2つございます。
    
 ひとつは「課題を決めること」
    
 より具体的にいえば、課題解決の初期プロセスにおいて「自分たちが、何を問題として、何が課題であるかを、自ら決めること」に困難を感じます。
   
 学生たちは、現状と理想を決めたうえで、それをはばむものがいかなるものなのかを分析し、すべて並べることが難しいのです。
    
 ついつい、
   
「ま、これが課題ってことでいんじゃね?」
「いいね」
「いいね」
   
 とか
  
「じゃ、これが絶対に、課題だよね?」
「それな」
「それな」
   
 になってしまいます。
   
 要するに、課題解決のプロセスにおいて、課題を一択で決めてしまう「思いつき王子」がどこからともなくやってきて、思いつきで意志決定を行ってしまうのです。
 本来ならば、課題と思えることは網羅的に「すべてテーブルのうえに並べて」、どこにレバレッジ(注目)すれば、どの程度のインパクトを与えられるかを考えなくてはなりません。
   
 しかし、この「すべてテーブルに並べる」ということに苦手を感じる学生が多いものです。
   
 問題設定・課題設定ができてしまえば、課題解決プロセスの「6」はおわったも同然です。しかし、これが学生たちの伸びしろです(大学院生のみなさんもですね・・・)。
    
  ▼
    
 学生が陥りがちなもうひとつの落とし穴は、「よき解決策つくること」です。これは課題解決プロセスの「3」くらいをしめます(残りの1はデリバー・自分のオーディエンスにいかに伝えるかということでしょう)。
   
 そして、ここでも「思いつき王子」に加えて、もうひとりの人物が登場します。いわゆる「思い込み姫」です。
    
 要するに
  
「この解決策、ぜったいに、うまくいくって。ワンチャン、やってみようよ」
「いいね」
「いいね」
  
「この解決策、いったく、これしかないっしょ」
「それな」
「それな」
  
 になってしまいます(泣)。
  
 つまり、ここでも「思いこみで解決策を一択しか提案しない姫」がどこからともなくやってきて、思いこみで解決策をパコーンとひとつだけ決めてしまうのです。
  
 本来ならば、経穴作と思えることは網羅的に「すべてテーブルのうえに並べて」、どこにレバレッジ(てこ入れ)すれば、どの程度のインパクトを与えられるかを考えなくてはなりません。
  
 しかし、この「すべてテーブルに並べる」ということが苦手なのです。

  
 かつて、ドラッカーは、下記のような名言を残したといいます。
  
 問題分析によって「解決案」が、「ひとつ」だけしか見つからなければ、その解決案は、あなたの「先入観」に「理屈」をとってつけたものにすぎない
(ピーター・ドラッカー)
  
 網羅的に考える
 すべて並べる
   
 ということは、かくのごとく課題解決の基礎中の基礎なのですが、それがなかなか難しいのです。
   
 しかし、リアル社会では、それでは困ります。
 目の前に押し寄せる大変重大な危機や局面に対して、「単体の施策」だけで乗り切るのは、シャバ(リアル社会の課題解決)では、実に困難なのです。
     
 シャバの課題解決は、常に「総力戦」
     
 すなわち、すべて解決策を並べること。場合によっては「プランB」「プランC」を考えること。これがもっとも重要なことなのですが・・・。でも、シャバでは、実に「竹槍で闘え」的な課題解決が多いことか。。。
        
 ・
 ・
 ・
  
 ちなみに、なぜ「思いつき王子」と「思い込み姫」が、「思いつき」や「先入観」だけで物事を決めることができるのか。それは「個人の資質」によるものでしょうか(思いつき王子と思い込み姫がイカれているからでしょうか?)。
   
 いいえ、違います。
 
 彼・彼女らが「思いつき」や「先入観」だけで物事を決めることができるのは、実は、「ソーシャルなやりとりの結果」なのです。だって、そうでしょう。彼 / 彼女の先入観に満ちた事柄は、「社会的」にやりとりをされ、みなで決定されているのですから。
   
 要するに、彼らのまわりに「いいね、いいねピーポー」と「それなパーソン」という「何も考えずに、面従腹背」する「おとり巻き」がいなければ、こうしたことは起きないのです。だから「同罪」。
   
 ▼
   
 今日は課題解決のことを話しました。
   
 あなたのまわりには「思いつき王子」と「思い込み姫」と「いいね、いいねピーポー」が「残念な課題解決」を行っていませんか?
        
 そして人生はつづく
        
 ーーー
        
新刊「中小企業の人材開発」(中原淳・保田江美著、東京大学出版会、2021年)マニアックなガチ・学術研究書なのですが、発売10日で重版出来となりました。ありがとうございます。中小企業の人材開発メカニズムに接近を試みています。どうかご笑覧くださいませ!
  

    
  ーーー
     
新刊「働くみんなの必修講義 転職学」好評発売中です!どうかご高覧くださいませ! ひとが会社を辞めなくなるのはなぜか(それを防止するためにはどうすればいいのか)?、どのような転職活動を行えば、納得のいく転職が可能になるのか、そして、どのように新たな組織に自ら適応するのか。転職にまつわる、これらの「問い」に対して、1万2000人の大調査を通して答えをだしました。パーソル総合研究所、パーソルキャリア、中原の共同研究成果です。ご高覧くださいませ!
   

    
           
  ーーー
    
新刊「チームワーキング」おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。せんだっても、あるグローバル製薬企業の人事役員の方から、この本を、管理職全員で購読して、研修をしてくださっているというお話を伺いました。ありがとうございます。
   
 
https://amzn.to/3esCOrW
     
すべてのひとびとに、チームを動かすスキルを! これがこの書籍のメインメッセージです。
  
 このたび9月から「チームワーキング」の内容をさらにブラッシュアップして高度化した研修をJMAMさんからリリースすることになりました。これを記念して、8月23日に無料のウェビナーイベントを開催させていただきます(こちらは以前2021年3月10日に実施されたイベントの内容と重なるところがあります)。
  
ニッポンのチームをアップデートせよ!
ぜひお越しくださいませ!
    

  
8月23日「チームワーキング」無料ウェビナーイベント:申し込みはこちら!
https://www.jmam.co.jp/hrm/dir/seminar_20210823/
      

   
 ーーー     
      
【立教大学大学院で大学院生しませんか?】
 立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コースでは、経営学を基盤にしながら、人材開発・組織開発・リーダーシップ開発を実践できるアカデミックプラクティショナーを養成しています。別名、「ひとづくり・組織づくりの大学院」です。
 授業は「フルオンライン」。授業は金曜日夜と土曜日だけ行われており、2年間で、修士(経営学)が取得できます。
   
 リーダーシップ開発コースの入試説明会を2021年9月18日(土曜)午前中に開催させていただきます。来年2月の入試・コースのご説明をさせていただきます!3期生の募集になります!ご興味がおありの方は、ぜひ、お申し込みくださいませ!
   

   
【お申し込みはこちら!】2021年9月 リーダーシップ開発コース説明会開催・申込み方法について
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/2021/20210730/
   
 なお、在学生などの声、リーダーシップ開発コースでの授業の様子について知りたい方は、ぜひ、下記のニュース欄をお読みくださいませ!
  
ひとづくり・組織づくりの大学院での「学び」とは?
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/
   
  ーーー
      
拙著「経営学習論」の増補改訂版が、東京大学出版会より刊行されました。新たに「リーダーシップ開発」の章を追加し、カバーの装いも変わっています。人材開発の基礎的な理論を体系的に学べる一冊です。どうぞご高覧くださいませ!
      

    

      
  ーーー

     
【好評発売中】1on1の失敗・成功ケースをまとめ、映像教材を中原とPHP研究所さんとで開発しました。失敗しない1on1について、具体的なイメージをもって学ぶことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

     
 ーーー
      
拙著「職場学習論」(東京大学出版会)のカバー・装いが10年ぶりに変わりました(内容は変わっていませんのであしからず!)。ひとは、職場でどのようにして学ぶのか、というテーマを考察しています。どうぞご高欄くださいませ!
    

    

      
 ーーー
      
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
       
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。1カ月間は無料トライアルだそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
     
強みの自己認知と意欲を高める『ポジティブ1on1』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000059483.html
   
仲間から実際に認められた行動のデータから、自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加されました。職場における相互称賛を、自分の強みの発見と目標設定に役立てられます。
 
自身の強みと職場での関係を定期的に把握できるレポーティング機能も追加!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000059483.html
   
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
    
ピアトラストお問い合わせ
https://www.peer-trust.com/contact/
   
ピアトラストの効果まとめページ
https://www.peer-trust.com/research/2020/
    
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約34000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「アイデアはいいんだけど、それ、誰やんの症候群」にご注意を!:「プチ残念な課題解決」の3つの典型症例!?

2022.9.26 08:13/ Jun

「アイデアはいいんだけど、それ、誰やんの症候群」にご注意を!:「プチ残念な課題解決」の3つの典型症例!?

2022.9.20 08:39/ Jun

中原ゼミ5期生は「OJT指導支援ツール」をダイヤモンドグループの皆さんと共同開発させていただきます!:4期生が開発した内定者フォローワークショップは、おかげさまで16社にご成約!

「硬直した話し合い」が氷解しはじめる「あの一瞬」は、いかなる行動から生まれてくるのか?:「Deliberative Transformative Moments : 熟考に至るための変革点」を生み出すために必要なもの

2022.9.15 07:53/ Jun

「硬直した話し合い」が氷解しはじめる「あの一瞬」は、いかなる行動から生まれてくるのか?:「Deliberative Transformative Moments : 熟考に至るための変革点」を生み出すために必要なもの

2022.9.14 08:14/ Jun

あなたの会社の人事管理は「脱・いけすモデル」して「鮭(シャケ)モデル」に向かっていますか?

中央教育審議会「令和の日本型学校教育を担う教師の在り方特別部会」8回目 中原の発言要旨メモ

2022.9.9 14:58/ Jun

中央教育審議会「令和の日本型学校教育を担う教師の在り方特別部会」8回目 中原の発言要旨メモ