NAKAHARA-LAB.net

2021.7.28 07:08/ Jun

現代マネジャーは「ポワンと任せて、あとは勝手にやってね!」で成果が残せるわけがない!? :あなたの会社の管理職は、自分で動く:他人を動かす=「X:Y」ですか?

 マネジャーの役割とは「職場の成果」をだすことです。そして、この「職場の成果創出」の手段としては、2つのあり方・やり方が存在します。
    
  ▼
  
 ひとつめのやり方は「他人を動かして成果を残す」です。
  
 マネジメントの古典的定義が「Getting things done through others(他者を通じて、物事を成し遂げる)」ですので、このやり方は、マネジャーの王道 of 王道かもしれません。「自分でやる」のではなく「他人を動かす」。これがマネジメントの基本中の基です。
    
 しかし、この20年・・・マネジャーの役割は大きく変わったようにも思います。
  
 端的に言ってしまえば、「他人を動かす」だけでなく、「自らも動いて」成果創出を行うことが求められるようになった。あるいは、そうせざるをえないような組織的状況、成果へのプレッシャーが生まれたようにも思います。
    
 かつてのマネジャーは「他人を動かすこと」に、より多くの時間をさき、それに専念することができました。しかし、現代のマネジャーとは、そのあり方が変わってきている。
    
 現代のマネジャーは「他人を動かすこと」が、その「役割のひとつ」になってしまっているのです。
  
 すなわち、
  
 マネジャーとは「自ら動くこと」に加えて、「他人を動かすこと」も、役割のひとつとして担う人になってしまった
   
 のです。
    
 全部かい!
 そりゃ、忙しいはずだわ(泣)
  
  ▼
  
 しかし、この役割の変化は、大きな問題をもたらします。
 人間とは、1つのことに専心するのは楽なのですが、2つのことを「バランス」をとってやっていくのは、なかなか難しいのです。
  
 要するに、
  
「自ら動くことに加えて、他人を動かすことも、アンタの仕事の役割のひとつだかんね。そこんとこよろしく」
     
 と言うのは簡単ですが、たいていの場合、どちらかが疎かになる。
 そして、一般にマネジャーは実務担当者・ソロプレーヤーの時期に、自ら動き、自ら成果をあげていた方が多いので、前者の「自ら動くこと」に長けているケースが多い。
  
 ということは「他人を動かすこと」が疎かになったり、後回しになるのだと思います。
  
 かくして、
    
 マネジャーなのに「マネジメントしないマネジャー」が生まれてしまうのです。
  
  ▼
  
 これに関して、せんだって、心から尊敬する某企業の人事責任者(役員)の方と対談させていただいた際(おつかれさまでした&ありがとうございました!)、その方がおっしゃっていたひと言が印象的でした。
    
 曰く
  
それは会社が悪いんです。マネジャーにどういう役割が期待されているかを、きちんと、彼らにわかる言葉で、わかりやすく説明していないんですから。そういうことは、会社が言わなければならない。具体的に、何に、どのくらい時間と労力をかけるかを、イメージさせなければならないのです。
   
 たとえば、
   
 課長レベルならば、自分で動く:他人を動かす=7:3

 の割合で仕事をしてね、とか

 部長レベルならば、自分で動く:他人を動かす=2:8

 とかだよ、と役割期待を明示するのです。

 はっきりと、何にどのくらいの時間と労力をかけるのか、イメージさせなきゃだめなんです。もちろん、これは基準で、あとは現場の状況に応じて、カスタマイズは可能です。でも、何らかの基準は明示しなければ、仕事のしようがない。
 
 マネジメントがうまく機能しないところは、ポワンと任せて、あとは勝手にやってね、になってしまっている。
    
 そして、最終的に重要なのは報酬と評価です。先ほどの基準に、報酬と評価を連動させる。いくら成果をあげていても、他人を動かしていないひとを評価すると、誰も面倒くさいことをやりたがらなくなります。
  
 今の(多くの会社の)状況は、役割も明示されていない。何にどのくらいの時間と労力をかけていいかわからない。さらには、評価基準も曖昧です。こんな状況で、何をしていいか、わからない」
  
 ・
 ・
 ・
  
 たしかに・・・慧眼です。
 具体的に
  
 仕事のイメージができないから、マネージもできない。
  
 月並みですが、そんなことを感じました。
 みなさんはいかが思われますでしょうか?
  
  ▼
  
 役割定義がなされていない管理職が引き起こすトホホな問題、具体的な仕事のイメージが持てていないリーダーがもたらす悪影響は、このニッポンに、360万ケースくらい?存在しているような気がします。会社でも、教育現場でも、医療の現場でも・・・。
  
 まずは、話はそこからなのかもしれないな、と思い始めています。
   
 あなたの会社の管理職は、自分で動く:他人を動かす=「X:Y」ですか?
    
 そして人生はつづく
  
  ーーー
      
新刊「チームワーキング」おかげさまで「重版」を重ねております。応援いただいた皆様に心より感謝いたします。せんだっても、あるグローバル製薬企業の人事役員の方から、この本を、管理職全員で購読して、研修をしてくださっているというお話を伺いました。ありがとうございます。
    
 
https://amzn.to/3esCOrW
      
すべてのひとびとに、チームを動かすスキルを! これがこの書籍のメインメッセージです。
   
 このたび9月から「チームワーキング」の内容をさらにブラッシュアップして高度化した研修をJMAMさんからリリースすることになりました。これを記念して、8月23日に無料のウェビナーイベントを開催させていただきます(こちらは以前2021年3月10日に実施されたイベントの内容と重なるところがあります)。
   
ニッポンのチームをアップデートせよ!
ぜひお越しくださいませ!
    

  
8月23日「チームワーキング」無料ウェビナーイベント:申し込みはこちら!
https://www.jmam.co.jp/hrm/dir/seminar_20210823/
      

   
 ーーー
      
【立教大学大学院で大学院生しませんか?】
 立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コースでは、経営学を基盤にしながら、人材開発・組織開発・リーダーシップ開発を実践できるアカデミックプラクティショナーを養成しています。別名、「ひとづくり・組織づくりの大学院」です。
 授業は「フルオンライン」。授業は金曜日夜と土曜日だけ行われており、2年間で、修士(経営学)が取得できます。
   
 来年の大学院入試は2月です。3期生の募集になります!ご興味がおありの方は、ぜひ、下記のページにお越しください!
   

   
立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コース
https://ldc.rikkyo.ac.jp/
 
  ーーー
      
拙著「経営学習論」の増補改訂版が、東京大学出版会より刊行されました。新たに「リーダーシップ開発」の章を追加し、カバーの装いも変わっています。人材開発の基礎的な理論を体系的に学べる一冊です。どうぞご高覧くださいませ!
      

    

      
  ーーー
  
【新刊予約発売中】
新刊「学校がとまった日」の特設サイト完成!&予約販売開始中! 緊急事態宣言・全国一斉休校で「学びを継続できた子どもの特徴」は?学びをとめないために学校にできることは?:書籍の内容が概観できます!どうぞご覧くださいませ!
  

新刊「学校がとまった日」の特設サイト
http://toyokan-publishing.jp/stop/index.html
  
新刊「学校がとまった日」予約販売開始中(AMAZON)

   
  ーーー
     
【好評発売中】1on1の失敗・成功ケースをまとめ、映像教材を中原とPHP研究所さんとで開発しました。失敗しない1on1について、具体的なイメージをもって学ぶことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

     
 ーーー
      
拙著「職場学習論」(東京大学出版会)のカバー・装いが10年ぶりに変わりました(内容は変わっていませんのであしからず!)。ひとは、職場でどのようにして学ぶのか、というテーマを考察しています。どうぞご高欄くださいませ!
    

    

      
 ーーー
    
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
      
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。1カ月間は無料トライアルだそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
    
強みの自己認知と意欲を高める『ポジティブ1on1』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000059483.html
   
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
   
ピアトラストお問い合わせ
https://www.peer-trust.com/contact/
  
ピアトラストの効果まとめページ
https://www.peer-trust.com/research/2020/
   
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約33000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2021.9.24 07:38/ Jun

リーダー育英塾カンファレンス参加者募集中!:ワンデイで「教育改革」の最前線を学びませんか?

ケアマネジャーとは「いらだちに直面する仕事」である!? : 岸山真理子著「ケアマネジャーはらはら日記」書評

2021.9.22 07:57/ Jun

ケアマネジャーとは「いらだちに直面する仕事」である!? : 岸山真理子著「ケアマネジャーはらはら日記」書評

中高年のキャリアとは「巨艦を操縦すること」である!?

2021.9.21 07:40/ Jun

中高年のキャリアとは「巨艦を操縦すること」である!?

2021.9.17 08:28/ Jun

学生・受講生の「刺激になりました症候群」を引き起こしているのは、教員側の「何でもいいから書いときなさい病」ではないか!?

2021.9.16 07:52/ Jun

あなたの周囲では「刺激になりました症候群」や「ためになりました病」が感染拡大していませんか?