NAKAHARA-LAB.net

2021.6.18 06:11/ Jun

すべての子どもたちに「リーダーシップ発達」の機会を! : 学校にあふれている「リーダーシップ発達」のための貴重な「ごちそう」!?

 すべての子どもたちにリーダーシップ発達の機会を!
    
  ・
  ・
  ・
   
 昨日の大学院・中原ゼミでは、D2の堀尾志保さんが、「リーダー開発に長期的視点でアプローチする利点」という英語論文を報告してくれました(Murphy & Johnson、2011:The Leadership Quarterly 22 (2011) 459–470)。興味深い論文をご紹介いただき感謝です。
    
 一般に「リーダーを生み出すこと(リーダー開発・リーダー発達)」と言いますと、会社にはいってから、管理職手前に受講する「研修」を思い浮かべることが多いのですが、この論文で対象にしているのは、幼少期・青年期です。
    
 この論文の要点は、
   
 リーダーを生み出すなんてのは、一生涯にわたるプロセスですがな
    
 そして
    
 リーダーを生み出すのは「鉄は熱いうちに、さっさと打て」でっせ。若いときから働きかける方が、効果が高い!
    
 ということですね。
  
 ざくっといえば。。。「ざくっ」としすぎだけど(笑)。
 
 ひとは、幼少期から、親の言葉かけ(養育態度)、子どもの頃の学校での委員会活動、スポーツ活動、ボランティア等々、さまざまな物事を経験して、リーダーシップの発達させ、リーダーとしてのアイデンティティを獲得していくのです。
  
 そして、その伸びしろは「若ければ、若いほど早い」
    
  ▼
    
 論文に寄りますと、早期の働きかけが、将来のリーダーシップ開発の土台になる理由は主に2つある、といわれています。
    
 そのひとつは、そもそも「発達する力」というものは、若年期の方が高いことです。
  
 人生100年時代なので、いつになっても遅くはない、と考えることもできますが、
  
 オッサンになってから、リーダーシップの発達、といっても、若い人よりは「伸びしろ」が少ないこともある
   
 のです。
  
 大人になるよりも幼少期や⻘年期のほうが、行動、性格、スキルなどが「変化」しやすく,発達がよりスム ーズに起こる可能性があるのです。なぜなら、人生の初期段階は、発達にとっての敏感期(sensitive period)です。
  
 すでに「臨界期(crucial period:ある能力が発達しなければ以降発達しない時期)」に入った大人とは、そこが違う。
  
  ・
  ・
  ・
  
 ふたつめの理由は「早期にリーダーになる経験が、自己効力を生み出し、次のリーダー経験を呼び込むこと」ですね。
   
 ひとは、早期にリーダーになると、自らが「リーダーである」というアイデンティティを獲得したり、リーダーシップ効力感(leadership efficacy:リーダーとしてやれば、集団を引き入れるじゃないの、という感覚)を強めることになります。
  
 なので、早いほうがいいのです。
  
  ▼
  
 今日はリーダーシップ発達についてお話をしました。いつも思っていることなのですが、
  
 小学校・中学校・高校というのは、あえて、リーダーシップ開発(発達)の機会をつくらずとも、それを可能にする機会がめちゃくちゃあります。
  
 運動会、修学旅行などのイベント。委員会活動。そして部活・スポーツの機会。人材開発の観点から見れば、これらは「ごちそう」です。リーダーシップ開発をバコバコと行える絶好の機会です。
  
 人材開発の観点からすると、こうした機会をただ漫然と過ごさずに、リーダーシップ開発の働きかけを埋め込んでいけば、それほどコストをかけずに、リーダーの育成ができるのにな、と思います。

 現在、立教大学大学院「ひとづくり・組織づくりの大学院」に通われている大学院生のなかには、関西におられる現役の高校の先生もいらっしゃいまうs。週末・金曜日、土曜日、フルオンラインで熱心に学ばれております(お疲れ様です)。彼女が、近い将来、これまで以上に、リーダーシップ開発を現場に普及させていく第一人者になっていかれることを、わたしは願っています。
  
 すべての子どもたちに「リーダーシップ発達」の機会を!
 あなたは、子ども時代、リーダー発達をとげる機会がありましたか?
  
 そして人生はつづく
    
  ーーー
    
【立教大学大学院で大学院生しませんか?】
 立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コースでは、経営学を基盤にしながら、人材開発・組織開発・リーダーシップ開発を実践できるアカデミックプラクティショナーを養成しています。別名、「ひとづくり・組織づくりの大学院」です。
 授業は「フルオンライン」。授業は金曜日夜と土曜日だけ行われており、2年間で、修士(経営学)が取得できます。
   
 来年の大学院入試は2月です。3期生の募集になります!ご興味がおありの方は、ぜひ、下記のページにお越しください!
   

   
立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コース
https://ldc.rikkyo.ac.jp/
 
  ーーー
      
拙著「経営学習論」の増補改訂版が、東京大学出版会より刊行されました。新たに「リーダーシップ開発」の章を追加し、カバーの装いも変わっています。人材開発の基礎的な理論を体系的に学べる一冊です。どうぞご高覧くださいませ!
      

    

      
  ーーー
  
【新刊予約発売中】
新刊「学校がとまった日」の特設サイト完成!&予約販売開始中! 緊急事態宣言・全国一斉休校で「学びを継続できた子どもの特徴」は?学びをとめないために学校にできることは?:書籍の内容が概観できます!どうぞご覧くださいませ!
  

新刊「学校がとまった日」の特設サイト
http://toyokan-publishing.jp/stop/index.html
  
新刊「学校がとまった日」予約販売開始中(AMAZON)

   
  ーーー
     
【好評発売中】1on1の失敗・成功ケースをまとめ、映像教材を中原とPHP研究所さんとで開発しました。失敗しない1on1について、具体的なイメージをもって学ぶことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

     
 ーーー
      
拙著「職場学習論」(東京大学出版会)のカバー・装いが10年ぶりに変わりました(内容は変わっていませんのであしからず!)。ひとは、職場でどのようにして学ぶのか、というテーマを考察しています。どうぞご高欄くださいませ!
    

    

      
 ーーー
    
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
      
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。1カ月間は無料トライアルだそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
    
強みの自己認知と意欲を高める『ポジティブ1on1』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000059483.html
   
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
   
ピアトラストお問い合わせ
https://www.peer-trust.com/contact/
  
ピアトラストの効果まとめページ
https://www.peer-trust.com/research/2020/
   
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約32000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2021.9.24 07:38/ Jun

リーダー育英塾カンファレンス参加者募集中!:ワンデイで「教育改革」の最前線を学びませんか?

ケアマネジャーとは「いらだちに直面する仕事」である!? : 岸山真理子著「ケアマネジャーはらはら日記」書評

2021.9.22 07:57/ Jun

ケアマネジャーとは「いらだちに直面する仕事」である!? : 岸山真理子著「ケアマネジャーはらはら日記」書評

中高年のキャリアとは「巨艦を操縦すること」である!?

2021.9.21 07:40/ Jun

中高年のキャリアとは「巨艦を操縦すること」である!?

2021.9.17 08:28/ Jun

学生・受講生の「刺激になりました症候群」を引き起こしているのは、教員側の「何でもいいから書いときなさい病」ではないか!?

2021.9.16 07:52/ Jun

あなたの周囲では「刺激になりました症候群」や「ためになりました病」が感染拡大していませんか?