NAKAHARA-LAB.net

2021.2.26 07:52/ Jun

脳内でひそかに行われる「錆び付きセルフチェック」!?:学生に対するフィードバックの機会では、僕自身が一番学んでいる!?

 学生に対するフィードバックの機会では、僕自身が一番学んでいる!?
  
  ・
  ・
  ・
  
 仕事柄、学生の皆さんや、研修の受講生の皆さんが成し遂げた成果(プレゼンなど)に対して、いわば「審査員」としてフィードバックを差し上げる機会が、僕には、たくさんあります。 
   
 多くの機会では、僕ひとりからのフィードバックではなく、他の先生方や経営者の方々も同席し、皆さんで、多様な角度から、学生に対するフィードバックを行います。
  
 このフィードバック会は、一般には「学生にとっての学びの場」と考えられるかもしれません。しかし、僕にとっては、このフィードバック会は「自分のための学びの場」であり、かつ、「自分の知的鋭さを検証するための時間」だったりします。
  
 といいますのは、こうした会合において、僕は、下記のことを「ひそかに」行っています。頭のなかで、ひそかに、しれっと。
  
1.学生に対する多くの方々のフィードバック内容を「予想」するゲームをしている
 あの学問分野、あの経験をもっている、あのひとなら、きっと、この発表に対して「こういうだろうな」ということを予想する。とりわけ異分野の場合には、熱心にやる。そのことによって、異なる分野の思考回路を、頭の中にたたき込む。
  
2.審査員のなかから「知的に鋭いひと」を、最初から決めておき、その人が行うフィードバックを予想し、自分のフィードバックと比較しつづける
 自分の知的鋭さの精度が「錆び付いていないか」を常にチェックする。「知的に鋭い他の人」と同じ事を、僕も考えていれば、まだ「錆び付いていないはず」だとホッとする。まだ、「発表の本質」を自分がまだ見抜けているはずだ、と考える。もし、それがズレれば、なぜ、自分とその人は、異なる指摘をしたのかを考える。通称「錆び付きセルフチェック」(笑)
  
3.他の審査員が使った言葉で、自分がわからない言葉は徹底的に調べる
 とりわけ若い研究者が使っている言葉のなかには、最先端の内容が含まれる。審査の機会を、自分の学びの機会にもする。
  
 ・
 ・
 ・
  
 要するに、単に「審査員」「フィードバック役」を行い、学生に「学びの機会」を提供するだけではなく、自分自身にとっても学ぶ機会にしているということです。
  
 時間がないもので・・・そういう機会をいかして、学び直しの機会をつくらなきゃね。ただでさえ「ショボショボの知的鋭さ」なんて、すぐに「錆び付いてしまう」。審査のプロセスでも、フィードバックのプロセスでも、ボーっとしている暇はないんです(笑)。
  
 ボーッとしていると、チコちゃんに叱られるよ(笑)。
    
  ・
  ・
  ・
  
 皆さんは、他人のフィードバックから何を学んでいますか?
 どんな短い時間でも、自分のために活かさなきゃね。
  
 そして人生はつづく
   
  ーーー
    
【新刊予約発売中】
新刊「学校がとまった日」の特設サイト完成!&予約販売開始中! 緊急事態宣言・全国一斉休校で「学びを継続できた子どもの特徴」は?学びをとめないために学校にできることは?:書籍の内容が概観できます!どうぞご覧くださいませ!
  

新刊「学校がとまった日」の特設サイト
http://toyokan-publishing.jp/stop/index.html
  
新刊「学校がとまった日」予約販売開始中(AMAZON)

   
  ーーー
     
【好評発売中】1on1の失敗・成功ケースをまとめ、映像教材を中原とPHP研究所さんとで開発しました。失敗しない1on1について、具体的なイメージをもって学ぶことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
   
  ーーー
  
ラーニングエージェンシーさんと中原研究室の共同研究により開発した「女性の視点で見直す人材育成:トランジションサポートプログラム」のご提供がはじまっています。ライフステージに応じて、役割移行を支援する、きめ細かい研修となっています。共同研究の成果は書籍「女性の視点で見直す人材育成」としても刊行されています。
  
女性の視点で見直す研修 トランジション サポート プログラム
https://www.learningagency.co.jp/service/transition/
 

 
 ーーー
    
。AMAZONの各カテゴリーで1位記録!(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。
長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
また残業学プロジェクトのスピンアウトツールである「OD-ATRAS」についても、ご紹介しています。職場の見える化をすすめ、現場マネジャーが職場で対話を生み出すためのTipsやツールが満載です。ご笑覧ください。
    

対話とフィードバックを促進するサーベイを用いたソリューション「OD-ATLAS」の詳細はこちら
https://rc.persol-group.co.jp/learning/od-atlas/
   
  ーーー
   
「研修開発ラボ」(ダイヤモンド社)が、フルオンライン化して大幅リニューアルしました。人材開発の「基礎の原理」を学ぶことのできるトレーニングプログラムです。どうぞお越しくださいませ!
    
研修開発ラボ 特別講座「人材育成の原理・原則を学ぶ」
https://jinzai.diamond.ne.jp/seminar/SEMINAR0495/
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

    
 ーーー
  
中原研究室では、一般社団法人ピアトラストさんとの共同研究で、相互称賛アプリ『Peer-Trust(ピア・トラスト)』の研究を行っています。
      
相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が導入された職場では、職場のメンバー同士が、お互いの日々の仕事を観察し、そこにキラリと光るものがあったときに「称賛カード」というものをメッセージとともに送りあいます。利用人数20名までは「無料」だそうです。ご興味があえば、ぜひ、ご利用くださいませ。
    
あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/12062
   
 ーーー 
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約31000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2021.4.15 07:55/ Jun

【参加者募集中】ニッポンの学びをアップデートせよ!「リーダー育英塾2021」募集開始!

2021.4.14 08:21/ Jun

「働く」と「学ぶ」が近接している大学院!?

コロナ禍のなかでの「新人育成あるある」!? : 僕らに「過去」はありません、「今」しか知りませんから!?

2021.4.13 07:37/ Jun

コロナ禍のなかでの「新人育成あるある」!? : 僕らに「過去」はありません、「今」しか知りませんから!?

2021.4.12 07:33/ Jun

転職に「煽り」と「ロマンス」はいらない!? : 新刊「働くみんなの必修講義 転職学」執筆にかけた思い!?

ひきあう孤独の力のなかでの「詩人の闘い」とは何か?:尾崎真理子「詩人なんて呼ばれて」書評

2021.4.9 08:18/ Jun

ひきあう孤独の力のなかでの「詩人の闘い」とは何か?:尾崎真理子「詩人なんて呼ばれて」書評