NAKAHARA-LAB.net

2021.1.18 07:36/ Jun

コロナ禍で失われつつある「学び」とは何か?:デュデク&マクルアー(編)、絹川友梨(監訳)「応用インプロの挑戦」書評

「人と人とのつながり」を断つ新型コロナウィルス
 猛烈な勢いで展開する「オンラインの世界」
   
  ・
  ・
  ・
  
 このような社会において、僕が心を痛めていることのひとつに「身体を使った学ぶこと」や「ひとびと出会い楽しみながら学ぶこと」が失われつつあることがあります。
 この状況を別の言葉で申し上げれば、「パフォーマンスによる学びが失われつつある」といってもいいのかもしれません。
  
 オンラインの恩恵は素晴らしいものがあるけれど、そういう身体的で、共愉的で、かつパフォーマティブな学びが、ともすれば、失われているのです。
  
 ▼
  
 せんだって、デュデク&マクルアー(編)、絹川友梨(監訳)「応用インプロの挑戦」(新曜社)を読みました。
  
 本書は、ビジネス・医療・教育・NPOなど多様な分野に広がる「応用インプロ(即興劇)」について、各分野の実践者がその事例を紹介している書籍です。インプロとは、筋書きやシナリオのない、みなで楽しめる即興的な演劇をさします。
  
 
  
 同書には、ティファニー社のリーダーシップ開発として行われた「イエス・アンド実践」、高等教育の現場で行われた紛争解決におけるインプロ実践などが掲載されています。
 巻末には、さまざまなエクササイズも紹介されておりますので、実践者の方にもおすすめです。
  
「パフォーマティブな学び」が見失われがちな、コロナ禍だからこそ、もう一度、そうしたものの重要性を見直してみませんか?
  
 ▼
  
 今日は「応用インプロの挑戦」という書籍をご紹介させていただきました。
   
 もう10年くらい前のことになりますけれど、僕は、かつて、高尾隆さん(東京学芸大学:学部時代の同級生)と「インプロする組織」という書籍を著したことがあります。
  

  
 その当時は、インプロというと、まだまだ「知る人ぞ知る学習手法」であったと記憶しています。が、爾来、10年弱・・・少しずつ、類書も増えて、より多くの実践が生まれていることを、嬉しく思います。
  
 インプロする組織の、わたしの担当章にも書かせていただきましたが、インプロは、1)即興的で、2)創造的で、3)協働的で、4)非言語的で、5)共愉的な活動と解釈できます。
  
 これに対して、わたしたちの生活、仕事とは、1)計画的で、2)管理され、3)個での業績達成が目指され、4)言語に支配され、5)粛々と進めることがもとめられます。
   
 つまり、インプロにおける身体の活用法は、わたしたちの日常生活における「身体の活用法」と、真逆とは言わないにせよ、相当のズレがあることがわかります。
  
 そして、だからこそ、インプロは、わたしたちを「ほぐし」そして「ゆさぶる」のかと思いますし、学び直しの契機につながるのかな、と思います。
  
 コロナ禍は、もうすこし続きそうです。
 ステイホームの夜長に、一冊いかがでしょうか?
  
 
  
 そして人生はつづく
    
 ーーー
    
【新刊予約発売中】
新刊「学校がとまった日」の特設サイト完成!&予約販売開始中! 緊急事態宣言・全国一斉休校で「学びを継続できた子どもの特徴」は?学びをとめないために学校にできることは?:書籍の内容が概観できます!どうぞご覧くださいませ!
  

新刊「学校がとまった日」の特設サイト
http://toyokan-publishing.jp/stop/index.html
  
新刊「学校がとまった日」予約販売開始中(AMAZON)

   
  ーーー
     
【好評発売中】1on1の失敗・成功ケースをまとめ、映像教材を中原とPHP研究所さんとで開発しました。失敗しない1on1について、具体的なイメージをもって学ぶことができます。どうぞご笑覧くださいませ!
     
上司と部下がペアで進める 1on1 振り返りを成長につなげるプロセス
https://www.php.co.jp/dvd/detail.php?code=I1-1-061
   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
   
  ーーー
  
ラーニングエージェンシーさんと中原研究室の共同研究により開発した「女性の視点で見直す人材育成:トランジションサポートプログラム」のご提供がはじまっています。ライフステージに応じて、役割移行を支援する、きめ細かい研修となっています。共同研究の成果は書籍「女性の視点で見直す人材育成」としても刊行されています。
  
女性の視点で見直す研修 トランジション サポート プログラム
https://www.learningagency.co.jp/service/transition/
 

 
 ーーー
    
。AMAZONの各カテゴリーで1位記録!(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。
長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
また残業学プロジェクトのスピンアウトツールである「OD-ATRAS」についても、ご紹介しています。職場の見える化をすすめ、現場マネジャーが職場で対話を生み出すためのTipsやツールが満載です。ご笑覧ください。
    

対話とフィードバックを促進するサーベイを用いたソリューション「OD-ATLAS」の詳細はこちら
https://rc.persol-group.co.jp/learning/od-atlas/

  ーーー
   
「研修開発ラボ」(ダイヤモンド社)が、フルオンライン化して大幅リニューアルしました。人材開発の「基礎の原理」を学ぶことのできるトレーニングプログラムです。どうぞお越しくださいませ!
    
研修開発ラボ 特別講座「人材育成の原理・原則を学ぶ」
https://jinzai.diamond.ne.jp/seminar/SEMINAR0495/
  
 ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

   
 ーーー
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約31000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

脳内でひそかに行われる「錆び付きセルフチェック」!?:学生に対するフィードバックの機会では、僕自身が一番学んでいる!?

2021.2.26 07:52/ Jun

脳内でひそかに行われる「錆び付きセルフチェック」!?:学生に対するフィードバックの機会では、僕自身が一番学んでいる!?

2021.2.25 07:33/ Jun

研究アウトプットの裏側は「超絶アナログ付箋紙作業」!?:並べて、動かし、眺めて見つかる「一筋のロジック」!?

2021.2.24 08:05/ Jun

ザ・研修評価!:人材開発に残された「大きな課題」を乗り越える!

紙上完全再現!?「ナラティブセラピーとは何か?」ワークショップの魅力!:国重浩一著「ナラティブセラピーワークショップBOOK1 : 基礎知識と背景概念を知る」書評

2021.2.22 08:15/ Jun

紙上完全再現!?「ナラティブセラピーとは何か?」ワークショップの魅力!:国重浩一著「ナラティブセラピーワークショップBOOK1 : 基礎知識と背景概念を知る」書評

ニッポン社会に「対話」がさっぱり普及しないわけ!?:あなたは「対話」に、どんなイメージをもっていますか?

2021.2.19 08:04/ Jun

ニッポン社会に「対話」がさっぱり普及しないわけ!?:あなたは「対話」に、どんなイメージをもっていますか?