NAKAHARA-LAB.net

2020.10.1 06:36/ Jun

大学生が「卒論」を書く意味とは何か?: 「中原ゼミ論文8か条」を守って「学生時代、最後の探究」を達成せよ!

 大学生が「卒論」を書く意味とは何か?
   
  ・
  ・
  ・
  
 中原ゼミの初代1期生、すなわち、4年生は、今、個人で「卒業論文」に取り組んでいます。
  
 ゼミ生は、20名弱おりますので、個人で卒論を書かれてしまうと(!?)、わたしとしては、かなり(というか猛烈に)大変なのですが、敢えて敢えて、僕は、中原ゼミの学生に、個人で卒論を書くことを推奨しています。
(立教経営の制度では、卒論は書いても書かなくてもいい。書く場合は1人2万字)
  
 それはなぜか?
 そこには大きく分けて、2つの理由があります。あくまで僕の個人的な考えであり、一般化したいわけではありませんが、以下に論じてみましょう。
  
  ▼
  
 ひとつめの理由は、
  
「自分1人のちからで、解くべき課題が何かを決めて、自ら設定した課題を解き切る経験」
  
 を学生の最後に持たせてあげたいからです。
  
  ・
  ・
  ・
  
 彼ら4年生は、あと半年もたてば、シャバにでて、仕事をしはじめます。
 長いと思っていた学生時代は、もう半年もたたないうちに、終わります。
  
 彼らの多くは、学生の時分は、「プロジェクト学習」などで、教員や企業から「与えられた課題」を、「チームで解くこと」を行ってきました。
    
 しかし、シャバでは、
  
 問題とは「与えられるもの」ではなく、
 自ら「設定するもの」になる局面が増えます
   
 究極的には、何を解くのか(What)、どのように解くか(How)を自分自身の頭で考える  
 そして、その際、それを「個人」で達成することも求められる。
    
 シャバでは、大学のプロジェクト学習のように、「よきチーム」に必ずしも恵まれるわけではなく、「個人」で解かなければならないこともある。
  
 僕は、「卒論」という機会を通して、学生には、
  
 自ら解くべき課題を設定し、自ら設定した課題を解決して欲しい
 
 これが、僕が卒論を重視する理由です。
  
 世界を見渡してみれば、学部レベルで、ひとかどの論文を書く経験を学生に課している国は、そう多いわけではありません。僕は「SOTSURON」は、日本の大学が守っていきたい文化のひとつではないか、と個人的には思います。 何でもかんでも、グローバルにあわせりゃ、いいってもんぢゃないんだよ。
  
 だから、卒論、やる。
 でも、指導は20名。
 たぶん、死ぬ(泣)  
 でも、根性でやる(笑)。 
   
 ▼
     
 もうひとつの理由は、「卒論をとおして、自分と向き合って欲しいから」です。
   
 学生のなかには、これまでの人生、22年間を通して「自分としてこだわってきたこと」「自分として課題だと思ってきたこと」がある学生もいます。
 ひとによっては、そうした「自分のこだわり」を卒論のテーマにして、探究する、といったことも目指して欲しいと思います。もちろん、すべての学生がそうする必要はありません。
  
 せんだって、6名分の卒論指導をオンラインで行いました。
 そのなかのひとりに、長いあいだスケートをやってきた学生Aさんがいました。
  
 Aさんが、僕のところにもってきた研究テーマは、
  
 引退を控えたスケート選手による「コロナ禍」の意味形成プロセスに関する定性的研究
  
  ・
  ・
  ・
  
 もうおわかりだと思いますが、これは「コロナ禍によって競技人生の集大成をかけた大きな試合」があえなく中止になってしまったAさんが、今、一番気になっていることです。
   
 この卒論は、自分自身が、今、探究したいことなのです。
  
 彼女は、今回の卒論で、自分以外の他のスケート選手と対話を行うことで、Aさんと同じように、コロナ禍で競技人生があえなく中断してしまった選手が、いかにしてレジリエンスを発揮して立ち直るかを考えてみたい、とのことでした。
  
 コロナ禍なので、競技が中断してしまったことはどうしようもない。
 誰も責められるわけではない。
 そのことは頭ではわかっている。
 でも、このやり場のない怒りや寂しさ。
 噛みきれない思い。
  
 こうした思いをもつのはAさん自身です。
 Aさんが、今回の卒論で、自分以外の様々なスポーツ選手に、コロナ禍に関するヒアリングを行うことで、きっと、「Aさん自身のコロナ禍の意味形成」も進むのではないでしょうか。
  
  ・
  ・
  ・
  
 このように、僕は、学部生の卒論の意味とは「自分に向き合うこと」「自分のこだわりを消火する」も含まれていいのではないかと思っています。もちろん、それができるのは、僕の分野だからというのもあるでしょう。
  
 卒論での探究を通して、自らを「癒やして」欲しい
    
  ・
  ・
  ・
  
 彼らの多くは、職業研究者になるわけではありません。ならば、学問として正統な?テーマを設定させるよりも、多少破天荒であっても、彼らがやりたいテーマをなるべく実現させてあげたい。そのプロセスを通して、僕は「自分に向き合うこと」を彼らにすすめたいと思います。
  
 卒論を通して「噛みきれない思い」を消火していってほしいと思います。
   
  ▼
  
 今日から10月!
  
 卒論提出まではあと3ヶ月ほどです(ちなみに、年末には出してもらえないと、僕はフィードバックできませんよ! & 大学教員歴20年・・・僕は〆切を超えた卒論を1度も受け取ったことがありませんYO!)。
  
 彼らが、「自ら課題を設定すること」「自分自身に向き合うこと」に取り組み、卒論を楽しむことができたとしたら、これ以上に嬉しいことはありません。
  
 もし、自分だけで進まない夜があるなら、Zoomで他のゼミ生に話しかければいい!
 決して、孤独にならないこと。閉じぬこと。
 これさえ守っていれば、必ず、卒論は達成できます。
  
 最後に、中原ゼミ論文8か条!
  
【卒論・修論・博論を書いている皆様へ】
  
 1.こまめにセーブ
 2.バックアップは複数で
 3.印刷はお早めに
 4.手洗いうがいで、体調管理
 5.睡眠快眠、よい論文
 6.今日も執筆、明日も執筆
 7.終わった論文が、よい論文!
 8.完璧めざすより、終わらせろ!
  
 そして人生はつづく
   
  ーーー
        
新刊「サーベイフィードバック入門ーデータと対話で職場を変える技術 【これからの組織開発の教科書】」がこのたび、HRアワード2020書籍部門のリストに入賞したそうです。
   
ここから、みなさまによる投票で、最優秀賞、優秀賞が決まるとのご連絡を得ました。本書は、従業員調査、エンゲージメント調査などをもちいて、組織開発を行うときに、マネジャーの方々に留意いただきたいポイントをまとめたものです。どうぞ応援のほど、よろしくお願いいたします!
  
HRアワード2020(投票)
https://jinjibu.jp/gfrm/eventEnquete/award-20-0001/form/
    

   
  ーーー
   
【祝・eラーニング完成!】中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース完成しました。リーダー・管理職になる前には是非もっていたいフィードバックスキルを、PC、スマホ、タブレット学習可能です。ケースドラマでも学べます! 
     
中原淳監修「実践!フィードバック」eラーニングコース:Youtubeでデモムービーを公開中!
https://youtu.be/qoDfzysi99w
   
「実践!フィードバック」コース ありのままを共有し、成長・成果につなげる技術(PHP)
https://www.php.co.jp/el/detail.php?code=95123&fbclid=IwAR2he6Z_PTe3YiahcnCv3z9pNRXvrajPwVaRS8LLAYFkbWVH167qHDfYF5Q    
   
  ーーー
   
「研修開発ラボ」(ダイヤモンド社)が、フルオンライン化して大幅リニューアルしました。初回は、特別講座「人材育成の原理・原則を学ぶ」で中原が講演させていただきます。人材開発の「基礎の原理」を学ぶことのできるトレーニングプログラムです。どうぞお越しくださいませ!
    
研修開発ラボ 特別講座「人材育成の原理・原則を学ぶ」
https://diamond-labo0911.peatix.com/
  
  ーーー
   

     
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
    

   
 ーーー
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約28000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
 

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2020.10.26 08:00/ Jun

よき人材開発・組織開発は「サイエンス(科学)」と「アート(技芸)」とともにある!

あなたの上司がもつ「人間観」は「ひん曲がって、よじれて、途中で枯れて」いませんか?:ふりかえれば、部下が誰もついてこない理由!?

2020.10.23 08:50/ Jun

あなたの上司がもつ「人間観」は「ひん曲がって、よじれて、途中で枯れて」いませんか?:ふりかえれば、部下が誰もついてこない理由!?

あなたの組織は「自組織の課題」を誤解して「場当たり的な解決策」を講じている!?:「72%」は「解くべき課題」ではない!

2020.10.22 07:51/ Jun

あなたの組織は「自組織の課題」を誤解して「場当たり的な解決策」を講じている!?:「72%」は「解くべき課題」ではない!

2020.10.21 08:24/ Jun

オンラインでのプレゼンテーションに最も欠けているのは「身体性」である!?

2020.10.20 09:07/ Jun

なぜ世の中には「むごい1on1」が生まれてしまうのか?:リモート1on1を含め、1on1の失敗と成功のポイントを映像教材化!