NAKAHARA-LAB.net

2020.8.6 08:56/ Jun

出会いは「あなた」を変える!? : 「ひとと出会うときの敷居が低い街」での思い出!?

 今から17年前、僕は、フルブライト奨学生として、米国・マサチューセッツ工科大学に客員研究員として籍をいただいていた。1年弱の、本当に短い間の留学だったけれど、ここで得た刺激は、こののちの僕の研究に大きな影響を与えている。
  
 せんだって、ある理由があって、この当時の書類やら、写真などを整理していた。留学時代にもやはりブログ(日記)などを書いていて、長い時間かけて、当時のことを思い出していた。
   
 写真やらブログやらを長いあいだ、見続けていて、ふと、気付いたことがある。
  
 それは、
  
 当時の僕は、「わらしべ長者」のごとく、他人に「ぜひ逢ったらいいひと」を紹介されて、人との出会いを続けていた
   
 ということだ。
 17年後に残された、多くの写真や記録が、それを物語っていた。
   
  ▼
  
 出会いは、すべて自分が「起点」である。
  
「自分としては、こんな研究をしてみたい」
「自分は、こんなことに興味がある」
  
 まず、すべては、自分のことを説明するところからはじまる。
 そうすると、それを聞いてくれていた友人は、たいていの場合、こんな風に「出会い」をつくってくれる。
  
「OK、Jun、君の研究なら、僕の知り合いに、こんなひとがいるよ。あってみるといい」
「ありがとう」
「あとで、emailするよ」
  
  ・
  ・
  ・
  
 学生の街だからなのか、町の気風なのか。
  
 僕にとって、米国ボストン・ケンブリッジは、
  
「ひとと出会うときの敷居が低い街」
  
 であった。それが事実かどうかわからぬ。僕は、そういう印象をもった、というだけだ。
  
 つまり、かの街で、出会いは「伝染」していた
  
  ▼
  
 面白いもので「出会い」はたいていの場合、連鎖する。
  
 新たに出会ったひとと、ハーバードスクエアやケンダルのカフェ(オーボンパンというカフェがありました。今でもあるかな?)で談笑していて、大抵、こんな風に会話が終息する。
    
「今日はありがとう。Jun、楽しかったよ。そうだ、君の研究なら、僕の知り合いに、こんなひとがいるよ。今度、あってみるといい」
「ありがとう」
「じゃあね、また」
  
 かくして、僕は幸せなことに、わらしべ長者のように、人脈や己の世界を広げていった。
  
  ・
  ・
  ・
  
 もちろん、すべての出会いが、自分にとってジャストミートするわけではない。
 なかには「なんで、あのひとは、このひとを僕に紹介したんだろう。全然、お畑違いじゃないかな・・・」という時もあった。
  
 でも、人の出会いに「ジャストミート」を求める方が間違いだ。
  
 出会いは「打算」ではない。
 そして
 出会いに「ROI(投資対効果)」は求めてはいけない

 実際、自分にとって「異質の出会い」があるからこそ、自分のことがわかる側面もあるだろう。
  
 出会いとは、そういう偶然に満ちたものだと思う。
 だから、世界は広がる。
  
  ▼
  
 それから17年たって・・・僕は今年45歳になろうとしている。
 当時は助教で学生指導はしていなかったが、今では、少なくない数の学生を抱えている。
    
 教員としての僕にできることは、まずは「教えること」であり、学生を「考えさせること」だ。
  
 しかし、それと同等くらいにパワフルなことは、かつての僕が、誰かに手助けされていたように、僕が学生に、社会のひととの「出会い」を提供することだと思う。そういう思いで、さまざまな学生に出会いを提供しようとしつづけてきた。
      
 学生指導をしていると、ひとつの事実に気付く。
     
 それは、
    
 学生には2種類のタイプがいる
   
 ということだ。
  
 ひとつのタイプは、出会いを提供しても、いろいろな理由をつけず、逢おうとしないひとだ。
  
 もうひとつのタイプは、何が起こるかは少し不安だろうけど、エイヤッと自ら出会おうとする学生だ。
  
 もちろん、どちらがいいとか、悪いとか、ではない。
 大人なのだから、自分で決めればいい、それだけだ。
  ・
  ・
  ・
  
 出会いの機会はいくら作れても、それを活かせるか、どうかは自分の心持ち一つだ、と思う。
 出会いは、いつだって「偶然」に満ちている。
  
「ひょんなことから生まれそうな出会い」を、自ら「活かす」ひとになって欲しいな、と僕は思う。
  
 出会いは、ひとを変えることもある。
  
 あなたがたは「まだ、何者でもない」
 「何者でもない」からこそ「何にでもなれる」
 この出会いが、あなたを変えることも、あるだろう。
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
新刊「サーベイフィードバック入門ーデータと対話で職場を変える技術 【これからの組織開発の教科書】」が好評発売中です。AMAZON人事・マネジメントカテゴリー1位を記録しました。組織調査を用いながら、いかに組織を改善・変革していくのかを論じた本です。従業員調査、HRテック、エンゲージメント調査、教学IRなど、組織調査にかかわる多くの人事担当者、現場の管理職の皆様にお読みいただきたい一冊です!
  

  
 ーーー
  

    
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
   

  
 ーーー
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約28000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun
 

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2020.9.18 07:53/ Jun

1on1の失敗学!? : 1on1はなぜ失敗するのか、どうやれば成果を残すことができるのか?

リーダー・管理職とは「完全無欠のドリームチーム」を夢見つつ、「凸凹低空飛行チーム」と格闘する存在である!?

2020.9.17 08:01/ Jun

リーダー・管理職とは「完全無欠のドリームチーム」を夢見つつ、「凸凹低空飛行チーム」と格闘する存在である!?

2020.9.16 11:52/ Jun

立教大学大学院で「人材開発・組織開発」を学び、修士号(経営学)を取得しませんか?:9月19日(土曜日)入学説明会を開催します!

秋の夜長におすすめの2冊!? :「組織行動論の考え方・使い方」と「関係からはじまる」はおすすめの2冊!

2020.9.15 08:24/ Jun

秋の夜長におすすめの2冊!? :「組織行動論の考え方・使い方」と「関係からはじまる」はおすすめの2冊!

インフルエンザ流行時期に高まるかもしれない「教育中断のリスク」と「学びの事業継続計画」のこと:楽観的な楽観主義者になってはいけない! 

2020.9.14 08:35/ Jun

インフルエンザ流行時期に高まるかもしれない「教育中断のリスク」と「学びの事業継続計画」のこと:楽観的な楽観主義者になってはいけない!