NAKAHARA-LAB.net

2020.5.25 08:01/ Jun

あなたの組織には「ウィズコロナをどうサバイブするか」についての「センスメイキング(腹落ち感)」がありますか?:緊急事態宣言解除が予定される日の朝に思うこと

※5月26日(火曜日)のブログはお休みです! また明日お会いしましょう!
   
  ・
  ・
  ・
   
 緊急事態であればあるほど、組織には「センスメイキング(腹落ち)」が求められる
   
 あなたの組織には「ウィズコロナをどうサバイブするか」についての「センスメイキング(腹落ち感)」がありますか?
   
  ・
  ・
  ・
  
 せんだって、大学院生さんたちの読書会に混ぜていただいて、「センスメイキング」について改めて学ぶ機会がありました(レジュメは島田徳子さん作成、感謝!誘ってくれた新村さん、大学院生の皆様、ありがとうございます!)。
  
 ここで「センスメイキング」とは、端的にいえば「現状についての腹落ち」とお考えください。カールワイクという研究者が打ち立てた理論で、とても有名な理論です。
   
 組織の構成メンバーが、いかに「環境と自己のかかわり」を考え、「現状をどのように認知し」、「腹に落ちているのか」ということが「センスメイキング」だと考えていただければと思います。
  
  ▼
  
 センスメイキングにおいて重要なのは、下記の3つのプロセスだと言われています。
   
1.【現状認知】
 まずは、予測不能の緊急事態において、まずは経営者が「現状をどのように」把握しているのか?
  
 そのことによって・・・
  
2.【現状の解釈】
 組織の構成メンバーが、「現状の解釈」について、足並みをそろえ、意味づけを一致できているのだろうか? 経営者は、組織が、今、何に直面し、これからどうなっていくかについてのストーリーを語り、それが「腹落ち」できているかどうか
  
3.【行動の実行】
 組織は、1と2の過程を通して、現状についての行動をとれているだろうか。
  
 ということですね。
  
 たとえば、多くの企業・組織は、いま、「新型コロナウィルスの感染拡大」という「100年に1度の災害」に直面しているのですが、先ほどの3点を敷衍するならば、下記のようになるでしょうか。
  
 「新型コロナウィルスの感染拡大」においての「センスメイキング」とは、
  
1.【現状認知】
「100年に1度の災害」によって、現状はどのようになっており、これからどうなっていくのかについて、経営者が何を認知しているのか?
  
2.【現状の解釈】
 組織のメンバーは「100年に1度の災害」をどのように解釈し、それが「腹に落ちているのか」。組織の経営者は、向こう1年ー2年、組織が何に直面し、これからどのように行動していくかについてのストーリーを語っているか。それが「腹落ち」しているのか?
  
3.【行動の実行】
組織は、1と2の過程を通して、現状について行動をとっているのかどうか
  
 ということです。
  
 そのなかに、緊急事態であればあるほど、組織のなかには「現状認識」についての認知が「ぬるく」、「ゴタついて」きます。要するに、組織メンバーによって、その認知が異なり、足並みがそろわない。
  
 また、僕が、この数ヶ月よく思っているのは、
  
 ひとは危機に陥ると、「希望的観測」と「現実に起こっていること」の峻別がつかなくなるのだな
  
 ということです。
  
 経営者やリーダーであるならば、マインドフルな状態(曇りのない状態)で、冷静に現場を見つめ、将来を認知しなくてはなりません。【現状認知】がうまくいかないのに、【現状の解釈】や【行動の実行】がうまくいくわけはありません。
  
 要するにかくして、組織のなかに「センスメイキング(腹落ち感)」が失われてくるのだと思います。
  
 そんなときこそ必要なのは、
  
1.経営者・管理者・リーダーが、曇りなく現状を見つめること
  
2.組織メンバーに働きかけ、ストーリーを語り、足並みをそろえていくこと
  
3.優先順位をつけて、実行していくこと
  
 なのかな、と思います。
   
 こんなときに脳天気に、精神論に繰り出すリーダーがいたとしたら、メンバーのなかには動揺が走ると思います。
  
「緊急事態が終わったから、おけまる!」
「みんな大変だったよねー、こっからはいつもどおり、いきまっしょい!」
  
 じゃないんですYO(笑)。
  
  ▼
   
 緊急事態宣言は、本日、おそらく、解除の予定のようです。
 しかし、緊急事態宣言は解除されたとしても、新型コロナウィルスが「いなくなった」わけではありません。
  
 新型コロナウィルスは、わたしたちと「ともにある」のです。
  
 むしろ「緊急事態宣言解除」は、わたしたちが「ウィルスと、長く、ともにあること(ウィズコロナ)」に腹をくくった「はじまりの日」ではないでしょうか。経済的な打撃を避けつつ、いかに感染拡大を広めないか・・・これから手探りの生活が続きます。
  
 また、新型コロナウィルスの経済的影響は、今後1年以上にわたる、という予測もあります。また、いつ、第二波・第三波がくるかはわかりません。
  
 そんな「100年に1度の緊急事態」である「今」だからこそ、組織のなかに「センスメイキング(腹落ち感)」が必要なのだ、と僕は思います。
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
    
新刊「サーベイフィードバック入門ーデータと対話で職場を変える技術 【これからの組織開発の教科書】」が好評発売中です。AMAZON人事・マネジメントカテゴリー1位を記録しました。組織調査を用いながら、いかに組織を改善・変革していくのかを論じた本です。従業員調査、HRテック、エンゲージメント調査、教学IRなど、組織調査にかかわる多くの人事担当者、現場の管理職の皆様にお読みいただきたい一冊です!
  

  
 ーーー
  

    
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
   

  
 ーーー
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約25000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2020.7.10 07:12/ Jun

リモートワークの成功を導く、たったひとつの「貴重な資源」とは何か!?

ITは「文房具」ではない! 息をするための「ボンベ」である! : ニッポンは「教育現場のIT利用の後進国」である!?

2020.7.8 07:16/ Jun

ITは「文房具」ではない! 息をするための「ボンベ」である! : ニッポンは「教育現場のIT利用の後進国」である!?

2020.7.7 06:45/ Jun

リーダー育英塾【緊急事態下のスクールリーダーシップ】カンファレンス開催決定(8月15日-16日)、7月15日よりお申し込み開始!

2020.7.6 08:50/ Jun

研修満足度を質問する「直後アンケート」が研修評価としては「プチ残念」になりつつある件:研修評価は「行動の変化」まで追うのであーる!?

「完璧に作り込まれたオンライン研修」よりも、「人事が挑戦する姿」と「わたしが貢献できるスキマ」が効果を決める!?

2020.7.3 07:36/ Jun

「完璧に作り込まれたオンライン研修」よりも、「人事が挑戦する姿」と「わたしが貢献できるスキマ」が効果を決める!?