NAKAHARA-LAB.net

2020.5.22 09:50/ Jun

「弱み」をゴリゴリ指摘されるよりも「Area of Growth」を伸ばしていきたい!? :フィードバックのときの重要ポイント!?

フィードバックのときは、「弱み」という言葉よりも、「Area of Growth(エリア・オブ・グロウス)」という言葉を使った方がいいのではないだろうか?
  
  ・
  ・
  ・
  
 せんだって、コロンビア大学大学院の成人学習コースに留学している方々(水越香さん、寺本美欧さん)、OBの方々(桔梗哲也さん)と研究会でご一緒した際、彼らからうかがった言葉が、頭から離れません。
  
 人材開発やリーダーシップ開発のなかで、よく用いられる言葉のひとつに「弱み」というものがございますが、同コースでは、「弱み」という言葉を使わないのだとのこと。
  
 その代わり用いるのが
  
 Area of Growth
  
 だそうです。
  
 日本語にすると、どうなんだろう?
  
 成長領域?
 成長の幅?
 成長余地
  
 でしょうかね。
  
 僕の下手くそな和訳能力では、ちょっとあまりにイケてないので、話を先に進めるとして、
  
 この話のポイントは、
    
 弱み=ダメなところ
  
 と捉えるのではなく
  
 Area of Growth=まだ伸ばしていける可能性があるところ
  
 と捉えるところかと思います。
  
 この発想の転換って、ものすごく大事なことだよな、と思いました。
   
  ・
  ・
  ・
  
 中原君、君の弱みはさ、ちょめちょめのように思えるよ。
  
 とフィードバックを受けるよりも
  
 中原君、君のArea of Growthはさ、ちょめちょめのように思えるよ
  
 と指摘された方が、まだマシのような気もする。
 「Area of Growth」という英語を使われると厳しいかもしれないけど、その背後にある発想が重要かなと思うんです。
 「Area of Growth」という言葉には、「まだ伸ばしていける可能性があるところ」を一緒に伸ばしていこうよ、というメッセージが聞こえてくる気がするのです(幻聴?)。
  
 問題は、Area of Growthに「適切な和訳」がないことなんですが・・・。
  
 どなたか、いい和訳を生み出しませんか?
 この国の、共通財産として(笑)。
 流行語大賞、めざそう。
  
  ・
  ・
  ・
   
 あなたの「Area of Growth」は何ですか?
    
 そして人生はつづく
    
  ーーー
    
「フィードバック入門」13刷、「実践!フィードバック」が重版5刷です。ハラスメント時代に必要な部下育成の技術がフィードバック。耳の痛いことをいかに部下に通知し、そこから立て直しをはかることができるか。全国各所の管理職研修で用いられています。はじめてリーダーになる方、管理職になる方におすすめの2冊です。どうぞご笑覧くださいませ! この書籍をベースにした映像教材、通信教育教材、研修などもございます。
     
 
   
DVD『フィードバック入門』、通信教育、研修はこちら
https://www.php.co.jp/seminar/feedback/
   
 ーーー
   
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約25000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2020.8.7 08:43/ Jun

あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?

出会いは「あなた」を変える!? : 「ひとと出会うときの敷居が低い街」での思い出!?

2020.8.6 08:56/ Jun

出会いは「あなた」を変える!? : 「ひとと出会うときの敷居が低い街」での思い出!?

2020.8.5 09:04/ Jun

新型コロナウィルスは「優秀なひと」の「定義」を書き換えている!? : 己の「学習能力」を駆使せよ、そして「適応」せよ!

あなたの組織や職場では、最近「希望」が失われていませんか?:「成長企業が失速するとき、社員に“何”が起きているのか? 」書評

2020.8.4 08:24/ Jun

あなたの組織や職場では、最近「希望」が失われていませんか?:「成長企業が失速するとき、社員に“何”が起きているのか? 」書評

2020.8.3 12:09/ Jun

人材開発と組織開発の専門ラヂオ番組「モールナイトニッポン」をやっちゃいました!:今、必要な「人と組織のコミュニティメディア」!?