NAKAHARA-LAB.net

2020.3.11 07:29/ Jun

リーダーシップの根幹は「見ること・観察すること」だけれども、それが一番教えにくい!?

 リーダーシップの基本は「見ること」です。
     
  ・
  ・
  ・
    
 このワンセンテンスは、リーダーシップの本のなかには、必ず、出てくるワンセンテンスかと思います。本によっては「見る」ではなく、「観察する」という言葉を用いることもありますね。
       
 たとえば、
      
 リーダーの仕事は、とにもかくにも「観察すること」からはじまる
    
 のように。 
    
 その含意になっているのは、「見る」や「観察する」が、リーダーの行うすべての働きかけの「基層」を為すからです。
    
 たとえば、よくリーダー・管理職層は、リーダーや管理職になりたての頃、コーチング研修などで、部下を鼓舞するような言葉かけや問いかけを学びます。
    
 しかし、せっかく手にした「武器」であっても、「部下を見ること」「部下を観察すること」ができていない場合には、適切に、それを用いることができません。どんなによい武器をもっていても、相手のことを見ずに、やたらめったら、切り込んでいっても、相手にはヒットしないでしょう。
  
 たとえば、はじめての仕事のとき、手順がしっかり教えられておらず、わけがわからなすぎて、パニックになっている新人君に対して
  
「君はどう思う?」
  
 と聴いたりしてしまうような状況がそれに近いです。「どう思う?」も何も、何も、何にも知識がないんじゃい!
  
 部下の状態を「見ること」ができなければ、適切な働きかけを、適切なタイミングで行うことができなくなるのです。
  
 ▼
  
 しかし、言うのは簡単なのですが、この「見る」とか「観察する」の重要性を、研修などで教えること、獲得してもらうことは、容易なことではありません。
  
 部下のマインドを鼓舞したり、考えさせたりするような問いかけであれば、スキットを提示して、ロールプレイングを行ってもらったりすることができます。これらは、研修的には、非常に教えやすいことです。
  
 しかし、「見ること」や「観察すること」は、これに対して猛烈に教えにくい内容です。
  
 その最大の原因は、
  
 部下のことを「見ていないひと」や「観察していないひと」であったとしても、「おれは、部下を見ている」「わたしは部下を観察してます」
  
 と言ってしまうことが多いからです。
  
 つまり「視界・視野に、部下の姿が入っていること」をもって「見ること」や「観察すること」ができている、と考えてしまいがちなのです。
  
 極端な話でいえば、
  
「目が、2つ、ついてんだから、部下の姿くらい、ちゃんと見えてるよ」
  
 と言ってしまう、ということです。
  
 ▼
  
 しかし、おそらく、ここで「見ること」や「観察すること」とは、そういう「受動的な行動」ではありません。
  
 むしろ「見ること」や「観察すること」とは、「部下が視界に入る」といった受動的な行動ではなく、部下に積極的に関わり、彼らの内面を推測する、非常に能動的な行動だということになります。
  
 つまり
  
 見るためには、関わらなくてはなりません
 観察するためには、能動的にならなくてはならない
   
 のです。そのかかわりを通して、部下の行動を見る。部下の内面を推測する。こうしたものが「見る」であり、「観察する」なのかな、と僕は思います。
  
 このあたりをお伝えするのが、とても難しい、と思いますが、いかがでしょうか。「能動的に見る」「積極的に観察する」・・・このあたりの機微をうまく伝えられたら、僕はすごいことのように思いますが、いかがでしょうか。
  
  ▼
  
 今日は、リーダーにとって「見ること」「観察すること」が重要だ、というお話をしたうえで、これらの行為を学んでもらうことは難しい、というお話をさせていただきました。
  
 あなたは、部下を「見ていますか?」
  
 あなたの上司は、部下を「観察」できていますか?
  
 自戒を込めて
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
追伸.
 これに関しては、8年くらい前、超実験的なワークショップを、牧村真帆さんと実践したことがございます。当時、成城ナーサリィスクールの先生方、特に牧村さん、滝澤さん、さらには当日の記録をご担当いただいた、井上さん、池田さんには大変お世話になりました。早いものですね、もう8年です・・・
  
かかわりの中から、個を見て、表現する : 「プロセスの知を磨くワークショップ」第一回目が終わった!
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/2414

  
  ーーー
    
新刊「サーベイフィードバック入門ーデータと対話で職場を変える技術 【これからの組織開発の教科書】」が好評発売中です。AMAZON人事・マネジメントカテゴリー1位を記録しました。組織調査を用いながら、いかに組織を改善・変革していくのかを論じた本です。従業員調査、HRテック、エンゲージメント調査、教学IRなど、組織調査にかかわる多くの人事担当者、現場の管理職の皆様にお読みいただきたい一冊です!
  

  
 ーーー
  

    
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
   

  
 ーーー
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約25000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「授業のオンライン化」とは、オンライン用に「もうひとつ別の授業」をつくることである!?

2020.4.2 08:43/ Jun

「授業のオンライン化」とは、オンライン用に「もうひとつ別の授業」をつくることである!?

2020.4.1 08:48/ Jun

オンラインでの部下育成は「沈黙怖いから、まくしたてて、あっという間に終わる」に要注意!

新型コロナウィルス感染拡大下での「年度はじめ」は「目標を握ること」が当社比100倍くらい重要になるのではないか!? : 従業員の「社会的距離」が「心理的距離」することを防ぐ!?

2020.3.31 08:24/ Jun

新型コロナウィルス感染拡大下での「年度はじめ」は「目標を握ること」が当社比100倍くらい重要になるのではないか!? : 従業員の「社会的距離」が「心理的距離」することを防ぐ!?

オンラインでのグループワークを活性化させる「問い」と「手続き」と「アウトプット」!? : 「ファシリテーション」よりも「めっこりした事前の打ち込み」で「沈黙お見合い」を避ける方法!?

2020.3.30 09:12/ Jun

オンラインでのグループワークを活性化させる「問い」と「手続き」と「アウトプット」!? : 「ファシリテーション」よりも「めっこりした事前の打ち込み」で「沈黙お見合い」を避ける方法!?

2020.3.27 08:22/ Jun

オンラインゼミ・チームビルディングの企画・運営マニュアルができました!:どなたでも無料でダウンロードいただけます!