NAKAHARA-LAB.net

2020.3.3 07:21/ Jun

科学は3割、自分の頭で考えるは7割!? : 経営書をしこたま読んでも、たぶん「大成功」しないのはなぜか?

「説明力は3割くらいだ。それ以外の7割は、自分の状況で、自分の頭で考え、自分で持論を見つける他はない。経営学は、自分で考える余地を残す学問だ」
   
  ・
  ・
  ・
  
 せんだって、神戸大学の金井壽宏先生の退職記念パーティに伺ったときのことです。金井先生がおっしゃっていた言葉のひとつで、僕がとくに、印象に残ったものが、冒頭のそれです。
  
 ここで「説明力」とおっしゃっているものは、
    
 ある変数(A)が、ある変数(B)の「変動」を、どの程度の割合で、説明しうるかどうか
   
 ということだとお考えいただけるとよいのかなと思います。
   
 要するに、AがBをどの程度予測しちゃうかどうか。
       
 この割合が3割くらいなら、AはBの変動を3割くらい予測する。これが10割なら、AはBをぴったり確実に100%予測できる。
  
(これ、厳密に書こうとすると、ここだけでデータ解析・統計の授業を14回やることになってしまうので、敢えてシンプルに、このくらいの記述にしておこうと思います)
  
 そのうえで、「説明力が3割」というのは、わたしたちが生きるシャバの世界において科学的に、あるひとびとの「経営行動」や「組織行動」を予測できるのは、たかだか、3割くらいだ、ということです。
  
 逆にいうと、複雑怪奇・魑魅魍魎なひとの行動は、そのくらいしか、予測できない、ということです。
   
  ▼
  
 ここで、問題になるのは、この3割を高い、とみるか、低いとみるかです。
   
 物質を扱っている自然科学ならば、物質自体には「意志」はありません。また物質が置かれている環境も、通常は「実験室」で安定しております。
 ですので、物質を扱っている科学では、説明率は9割、場合によっては99%を求められる分野もあります。
  
 しかし、人間科学、社会科学の場合はそうはいきません。3割くらいは科学の力で予測はできるかもしれない。しかし、残りの7割は、科学的には推測ができない。
  
 じゃあ、7割はどうするか?
 端的に申し上げれば、
  
 残りの7割は、自分の頭で考えるほかはない。

 ある行動主体が、どのような組織環境で、どのような職場環境で、どのような状況に置かれているかによって、この7割は、容易に変わりうるということです。
  
 この事態は、一般的な自然科学の研究者からみれば、実に「嘆かわしく、かつ不確かに見える」ところもあるようです。
 研究者によっては「ノイズをノイズで推測している」と揶揄する方もいらっしゃるとのこと。私自身も、他の分野の研究者に、同種のことを言われたことがあるので、よくわかります。
 
 しかし、一皮むけばドロドロ血的な複雑怪奇・魑魅魍魎世界を生きる、人間行動が、3割しかわからないことは、それほど悲観するべきことでもない、ともいえます。
  
 だからこそ、金井先生は「それ以外の7割は、自分の状況で、自分の頭で考え、自分で持論を見つける他はない」とおっしゃったのだと思っています。
  
 そして、それゆえに、高らかに
    
 経営学は、自分で考える余地を残す学問だ
    
 と結論づけられたのではないかと推測します。
 わたしは、そこに共感いたします。
  
  ▼
  
 今日は、金井先生のご講義をもとに、人文社会科学における科学の役割とは何か、というお話をさせていただきました。
  
 わたしが、学生によく申し上げるのは、
    
 ひとに関する科学は、「大成功」を導くことはないと思うよ
 でも、ひとに関する科学は、「オオゴケ」を防ぐことはできると思う
 先人の肩にのったうえで、あとは、自分で考えるしかないよ
     
 ということです。
  
 だからね・・・どんなに経営書を読んでも「大成功」はしないよ。
  
 でも、それは「無駄」ではない。
 複雑怪奇な世界で、大失敗することをさけ、安定的基盤から、じっくりと、自分の頭で物事を考えることができる。
    
 成功を導くのは、
 
 自分の頭で考えること
  
 です
  
 ま、アタリマエのことですが・・・
 そして人生はつづく
   
  ーーー
  
新刊「サーベイフィードバック入門ーデータと対話で職場を変える技術 【これからの組織開発の教科書】」が好評発売中です。AMAZON人事・マネジメントカテゴリー1位を記録しました。組織調査を用いながら、いかに組織を改善・変革していくのかを論じた本です。従業員調査、HRテック、エンゲージメント調査、教学IRなど、組織調査にかかわる多くの人事担当者、現場の管理職の皆様にお読みいただきたい一冊です!
  

  
 ーーー
  

    
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
   

  
 ーーー
    
【注目!:中原研究室記事のブログを好評配信中です!】
中原研究室のTwitterを運用しています。すでに約25000名の方々にご登録いただいております。Twitterでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記からフォローをお願いいたします。
   
中原淳研究室 Twitter(@nakaharajun)
https://twitter.com/nakaharajun
  
 ーーー
  
なお、今日のブログは、金井壽宏先生(神戸大学)の退職記念式に、外部の講演者として守島基博先生(学習院大学)とともにお招きいただいたときのお話です。このとき、先生から伺ったお話をときに思い起こしております。金井先生におかれましては、一区切り、おめでとうございました。さらなるご活躍を心より願っております。
 
服部先生、金壽会のみなさま、そしてMBAの同門の皆様には、大変お世話になりました。心より御礼を申し上げます。平野先生や、鈴木先生、同門の先生方にもお会いでき、大変嬉しく思いました。暑く御礼を申し上げます。ありがとうございました!
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「アイデアはいいんだけど、それ、誰やんの症候群」にご注意を!:「プチ残念な課題解決」の3つの典型症例!?

2022.9.26 08:13/ Jun

「アイデアはいいんだけど、それ、誰やんの症候群」にご注意を!:「プチ残念な課題解決」の3つの典型症例!?

2022.9.20 08:39/ Jun

中原ゼミ5期生は「OJT指導支援ツール」をダイヤモンドグループの皆さんと共同開発させていただきます!:4期生が開発した内定者フォローワークショップは、おかげさまで16社にご成約!

「硬直した話し合い」が氷解しはじめる「あの一瞬」は、いかなる行動から生まれてくるのか?:「Deliberative Transformative Moments : 熟考に至るための変革点」を生み出すために必要なもの

2022.9.15 07:53/ Jun

「硬直した話し合い」が氷解しはじめる「あの一瞬」は、いかなる行動から生まれてくるのか?:「Deliberative Transformative Moments : 熟考に至るための変革点」を生み出すために必要なもの

2022.9.14 08:14/ Jun

あなたの会社の人事管理は「脱・いけすモデル」して「鮭(シャケ)モデル」に向かっていますか?

中央教育審議会「令和の日本型学校教育を担う教師の在り方特別部会」8回目 中原の発言要旨メモ

2022.9.9 14:58/ Jun

中央教育審議会「令和の日本型学校教育を担う教師の在り方特別部会」8回目 中原の発言要旨メモ