NAKAHARA-LAB.net

2020.2.7 07:17/ Jun

仲良くしたければ、言葉を減らせ!:社会構成主義から妄想する「チームづくり」のコツとは何か?

「我思うゆえに、我あり」ではない
「我、他者とコミュニケーションする」、故に、我あり
   
Word creates world!
(やりとりされた言葉こそが、現実をつくる)
  
  ・
  ・
  ・
  
 これらは、いわゆる「社会構成主義」とよばれる思想の基本テーゼです。
  
 ここで「社会構成主義」とは
    
1.意味や現実とは、個人の頭の中で、つくられるのではなく
  
2.ひとびとが物事をやりとりしているなかで、
  
3.ソーシャルにつくられていくのだYO!
   
 という考え方のことをいいます。ここ数十年、もっとも注目される理論のひとつですね。
 もちろん、これらの需要期の定義、「その筋の専門家」の耳に入ったとしたら、便所スリッパでカンチョーされて、さらにグリグリされそうな「3行要約」ですが、ここはブログ。どうかお許しください(笑)。
   
   ▼
  
 ところで、社会構成主義のことを考えていて、いつも、「あるあるの事例だな」と妄想してしまうことのひとつに、「組織を小集団に分割した際に起こる、いざこざやコミュニケーションギャップの問題」を思いおこしてしまいます。
   
 そうした局面では、
  
「言葉」こそが「組織の仲違い」をつくる
  
 ことが多いような気がするのです。
 より、具体的には、こういうこと。
  
 皆さんは、ある程度、自分の所属する組織が大きくなったときに、よく「部門・グループ・ユニット」とよばれる下位集団(小集団)をつくりだし、名前をつけませんか?
 もちろん、そうしたグループを名付け、つくりだすことは、管理上、やむを得ないことです。しかし、そのように「新たに作り出した言葉」こそが、ひとびとの心のなかにある「つながり」を分断し、ひとびとの「意思疎通」を機能不全に導いてしまう。私たちの生きるシャバワールドでは「言葉こそが、仲違いの元凶」につながってしまう事例が、多いような気がします。
  
 つまり、
  
 ひとびとをカテゴリー化(グループ化)する「言葉」を
 自ら創りだして
 その言葉によって、組織が機能しなくなっている
  
 という悪循環に陥るということです。
   
  ・
  ・
  ・
  
 たとえば、皆さんのまわりに、こうした事例はないでしょうか?
  
 今、ある集団が、昨日まで、9人のメンバーで、それなりにコミュニケーションをして、それなりに仲良く働いていた。
 しかし、「9人で、何の部門やグループもないというのは、非効率だ」と誰かが言い出して、ここによせばいいのに、部門やグループなどの下位集団をつくることにした。9人なので、3人ずつ別のグループをつくり、仕事をすることにした。名前を「ぶたさんチーム」「きりんさんチーム」「おさるさんチーム」と名付けた。
  
 「ぶたさんチーム」「きりんさんチーム」「おさるさんチーム」という名前は、「物理的な実体」を有するわけではない。しかしながら、この名前をつくりだすことによって、今まで、仲のよかったひとびとは「ぶたさんチームのじゅんさん」「きりんさんチームのKENZOさん」「おさるさんチームのTAKUZOさん」という風にアイデンティティをもつことになった。
  
 この組織の悲劇は、ここから生まれる。集団内部のアイデンティティを有するようになったひとびとは、互いの集団を意識したり、悪く言ったりすることが増えていった。さらに、仕事をしていくにしたがって、お互いが競い合うようになったり、いがみ合うようになっていった。
   
 仲の良かった9人は、お互いを蔑み、ののしりあう「3つの集団」になってしまった。
  
  ・
  ・
  ・
   
 この事例のポイントは、メンバーは、昨日とは何一つ変わっていないということであり、また、3つのグループは、なんら物理的実体を持たないということです。そこにあるのは、「ぶたさんチーム」「きりんさんチーム」「おさるさんチーム」という言語だけ。言語を介したやりとりこそが、メンバーの心のなかに「異なるアイデンティティ」をつくりだし、「集団間の競争や葛藤」をつくりだす。
  
 Word creates world!
 (やりとりされた言葉こそが、現実をつくる)
  
 というのは、こういうことかもしれないな、と思います。
  
  ▼
  
 今日は、社会構成主義を「枕」?「だき枕」?にしながら「集団づくり、チームづくりの罠」について妄想しました。もちろん、ここでチームが機能不全に陥ってしまう要因は「言語」だけではない。それだけじゃありません。
   
 でも、私たちが想像する以上に、
  
 言語は世界をつくりだし、世界を分断します
  
 しかも、分断は「ひとびとの心の中」にできる。そういう要因は、決して無視はできない、ということです。
      
 ちなみに、このことに関して、僕は、たまーに学生に申し上げているのは、
  
 仲良くしたければ、言葉を減らせ!
    
 ということです。
 
 端的に申し上げると、たいした人数もいないのに、あえて「部門」をつくったり、「グループ」を名付けたりするな、と申し上げたいのですね。分断につながる「言葉」をたくさんつくるのではなく、言葉を減らしなさい、と申し上げたいのです。
  
 言葉ができれば、分断が生まれます。その結果「内集団びいき」を引き起こしたり、「集団の葛藤」を生み出すことになる可能性が高いのです。過剰な言葉は、ひとびとの心のなかに、分断をつくりだしてしまいます。
      
 そしてね・・・
  
 ひとびとの「心の中」にあるものほど、厄介なんだよ
 目に見えないものほど、深刻なんです
   
 
 ただ、大学教員というものも多忙なもので、このシンプルなセンテンスだけーつまりは「言葉を減らせ!」とだけ学生には申し上げているので、
     
 「はー、また先生、何か言ってるー」
 「うけるー」
     
 と思っているかもしれません(笑)。
  
 実は、その背後には、実は「暗くて深い耳の穴」のような、深遠な哲学的世界があるということです。社会構成主義、興味持ったら、読んでみて。
   
 
    
 そして人生はつづく
   
  ーーー
   

    
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
   

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2020.8.7 08:43/ Jun

あなたの会社のリーダー・管理職は「部下の強み」を観察できますか?:相互賞賛アプリ「ピアトラスト」が示唆する「リーダーの条件」とは?

出会いは「あなた」を変える!? : 「ひとと出会うときの敷居が低い街」での思い出!?

2020.8.6 08:56/ Jun

出会いは「あなた」を変える!? : 「ひとと出会うときの敷居が低い街」での思い出!?

2020.8.5 09:04/ Jun

新型コロナウィルスは「優秀なひと」の「定義」を書き換えている!? : 己の「学習能力」を駆使せよ、そして「適応」せよ!

あなたの組織や職場では、最近「希望」が失われていませんか?:「成長企業が失速するとき、社員に“何”が起きているのか? 」書評

2020.8.4 08:24/ Jun

あなたの組織や職場では、最近「希望」が失われていませんか?:「成長企業が失速するとき、社員に“何”が起きているのか? 」書評

2020.8.3 12:09/ Jun

人材開発と組織開発の専門ラヂオ番組「モールナイトニッポン」をやっちゃいました!:今、必要な「人と組織のコミュニティメディア」!?