NAKAHARA-LAB.net

2019.12.9 07:01/ Jun

「感覚遮断」して生きる私たちの日常と「五感の解放」!?


   
 現地の自然ガイドの方が、ポツリと言いました。
  
「都会で、おおくの人々は、感覚を遮断して生きているそうです
この森では五感を解放してください」
  
  ・
  ・
  ・
  
 週末は、山に家族で出かけておりました。
  
 もう10年にわたって通わせていただいている清泉寮自然学校のプログラム「森のようちえん」に、6歳・KENZOを連れて行ったのです。
  
清泉寮自然学校
https://www.seisenryo.jp/experience_overview.html
  
 週末2日間は、おかげさまで、清々しくすみきった空気、目の前を横切る鹿の群れ、おいしい食事を堪能させていただきました。
  
 いつもながら、素晴らしいプログラム、おいしい食事で、我々を迎えてくれている清泉寮自然学校のスタッフの皆様には、心より御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
  
  ▼
  
 今回の滞在でもっとも心に残ったのは、冒頭の言葉です。
  
「都会で、おおくの人々は、感覚を遮断して生きているそうです」
  
  ・
  ・
  ・
  
 感覚遮断(sensory deprivation)か。
 かつて心理学の教科書でみたおぞましい実験場面を思いつつも、なるほど・・・言い得て妙だな、と思いました。
   
 確かに、都会では、ぎゅうぎゅうに詰め込まれた満員電車で、「五感を解放」しているひとを、僕は、ほとんど目にしたことがありません。
   
 スーハースーハーと匂いをかぐ
 じっくりと物事を見つめる
 何かを味わう
  
 そんなことをしていたら、周りから「変な目」で見られてしまうこと請け合いですし、場合によっては、「お縄」になってしまうこともあるかもしれません。

 むしろ、満員電車などのひとがたくさんいる場所では、一時的であるけれども、
  
「感覚すること」を止める
「感覚する自己」を放棄する
  
 そして
  
 満員電車に身を委ねてボーっと過ごす
   
 という方がしっくりきます。
 それが、わたしたちの「サバイバルストラテジー」でしょう。
  
 問題は、この状況がどれほど続くか、です。
  
 ひとによっては、満員電車の感覚遮断状態が、常態化してしまうひともいらっしゃるのかもしれません。
 ひとによっては、駅についた途端、覚醒し、精気を取り戻す人もいるのかもしれません。
  
 感覚遮断が長く続いたひとには、五感を解放する森がおすすめなのかもしれません。そこにいけば、否が応でも、感覚することができるから。
  
 凜とした空気が、胸に入り込み
 生きものが、目に映る
  
 草の匂いに驚き
 数十年を生きた木々に触れる
  
 あなたも五感を解放してみませんか?
  

    
  ▼
  
 さぁ、週の頭です。
 12月は師走。
 またまた、猛烈に忙しい。
  
 いったん解放された五感を携え、
 この時期を走り抜けたい、と願うのです。
  
 そして人生はつづく
  

    
  ーーー
  
追伸.
 6歳・KENZOとピアノで連弾しました。天空の城ラピュタのテーマ曲「君をのせて」です。ちょっと嬉しい一瞬でした。成長したんだな、と思いました。
  
 
  
 ーーー
    

   
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

日本初!刑務所のなかでの「治療共同体(対話)」を克明に描き出した、とてつもない映画「プリズンサークル」を見た!

2020.1.27 07:32/ Jun

日本初!刑務所のなかでの「治療共同体(対話)」を克明に描き出した、とてつもない映画「プリズンサークル」を見た!

研修の「満足度」を問うな、研修転移を問え!? :「現場にインパクトを1ミリも及ぼさない研修」は「共犯関係」によって生み出されている!?

2020.1.24 07:14/ Jun

研修の「満足度」を問うな、研修転移を問え!? :「現場にインパクトを1ミリも及ぼさない研修」は「共犯関係」によって生み出されている!?

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評

2020.1.23 07:43/ Jun

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評

主体的な新人とは「トンガリ勘違いボーイ」なのか、それとも「仕事に前向きな人材」なのか?

2020.1.22 06:49/ Jun

主体的な新人とは「トンガリ勘違いボーイ」なのか、それとも「仕事に前向きな人材」なのか?

「他人をホイホイと動かすこと」だけに長けている「暗黒面に堕ちたリーダー」にならないために為すべきこととは何か?

2020.1.21 07:01/ Jun

「他人をホイホイと動かすこと」だけに長けている「暗黒面に堕ちたリーダー」にならないために為すべきこととは何か?