NAKAHARA-LAB.net

2019.11.14 06:52/ Jun

大学今昔物語!?「時計の針のスピード」が変わったのではないか?

 せんだって、研究者たちが集まった、ある会合での出来事です。
   
「自分たちが学生時代を過ごした25年以上前の大学」と「今の大学」を比較して、いったい「何」が違うのか?
   
 という話題で盛り上がりました。
   
 大学といっても、文系・理系、国立・私立、総合大学・単科大学など、さまざまにございますので、今日の話題は「僕の経験に限定」されてのお話になります。一般化はできませんので、あしからず。
  
  ▼
  
「25年以上前の大学」と「今の大学の違い」
  
 表面的にすぐに思ってしまうのは、今の大学には
  
 ・15コマの授業時間が厳密に確保されていること
 ・シラバスなどの体裁などが確保され、書かれていること
 ・空調やICT的な環境も以前よりも整備されていること
  
 などの特徴があることが思いつきます。
   
 どこの大学からはさておき・・・一般論として?、昔は・・・「授業時間に15分遅れてきて、15分早く帰る先生」というのはおりました。
  
 また、シラバスを見ると、たとえば「実験心理学基礎」という科目で、「実験心理学の基礎を学ぶ。以上」という・・・意味があるんだか、ないんだか、わかんないシラバスもありました。
  
 また、少なくとも、僕が大学に入った頃は、教室にエアコンがない部屋もあったりしましたし、ICT的な環境も、今のようではありませんでした。
 文系の研究室などは、30人ちかくで1台のマッキントッシュを共有していました。今のように、一人一台のコンピュータをもち、オールキャンパスでWifiが使える環境はありませんでした。
  
  ▼
  
 このように、大学は、この25年で「よくなった」と思うところもあります。
  
 しかし、一方で、思うのは、この25年で、大学は「残念な方向に大きく変わってしまったな」と思うところもゼロではありません。
  
 細かいことを言い出せば、いろいろあります。
 しかし、個人的には、もっとも気になるのは「時間」です。
  
 この25年で「大学の時計が回るスピード」は、感覚的には、ものすごく早くなったような気がします。
 
 むかしの大学は、ルーズだったし、整備もされていなかったけど、比喩的にいえば「時間」がありましたし「精神的な余裕」がありました。
  
 比喩的ですが「大学の時計が回るスピード」は、今よりも、ずっとゆっくりしていたように思います。
  
 たとえば、ゼミでは、重要文献の「1ページ」を一文一文精読して読み解いていく時間がありました。90分の授業時間をかけて、進んだページ数といえば、たった「1ページ」。でも、その「1ページ」に含まれる1行1行の意味をみなで考え、議論する時間があったように思います。
 大学の時間は、どちらかというと「円環的時間」が流れていました。今日も、明日も、じっくりゆったりと何かに取り組むような時間が、何度も何度も繰り返されていたような気がします。それは「無限」につづくのかもしれない、と思えるほど、あまり変化はなく・・・。
(今でも学部によっては、やられていると思いますが・・・)
  
 ジーン・レイヴとエティエンヌ・ウェンガーの「正統的周辺参加」、ルーシー・サッチマンの「プランと状況的行為」、ピエール・ブルデューの「再生産」などなど・・・難しい本を、1ページ、1ページ、謎を解き明かしていくように学んだ経験を思い出します。
  
 こんな授業?寄り合い?的ゼミなので、プロダクトは予想ができません。
 だから、シラバスは書けなかったはずなのです。
 何をどのようなスケジュールで学び、どんな力がつくか、など。
  
 残念ながら、今の大学には、そのような時間が限られています。
  
 教えなければならないことは膨大ですし、そもそも学生たちも忙しそうです。重要文献と向き合い、読み込む時間があったら、他にやるべきことがある、と思うひとも出てくるかもしれません。今は、大学の時間は、非常に直線的に、寄り道せずに動いているともいえそうです。
  
 大学の「時計の針の進む速度が変わった」のではないか?
 これが個人的にはもっとも印象深いことです。
  
  ▼
  
 今日は「25年以上前の大学」と「今の大学」の「違い」を書きました。
  
 もちろん、だからといって、「25年以上前の大学」のことをノスタルジックに感じているわけでも、美化しているわけでもありません。
 昔の大学は、ある意味で、いい加減。制度は未整備。昔の大学は、プロフェッサーに任せすぎ、「優秀な学生」に甘え、教育改善をする努力を惜しんでいた、ともいえると思います。
  
「昔にかえれ!」と言いたいわけではありません。
  
 しかし、キャンパスのなかを忙しく走り回るとき・・・
 ついつい、そんな過去のことを思い出してしまうのです。
  
 この25年で、大学は大きく変わりました。
 そして、残りの20年・・・大学はどうなっていくのかな、と。
  
 あなたは、大学で「どんな時間」を過ごしていましたか?
    
 そして人生はつづく
  
  ーーー
  
新刊「未来を語る高校が生き残る」・・・2020年の大学入試改革、2022年の新学習指導要領改訂。社会をきりひらく人材を育成するために、高校・大学・企業に何ができるか? アクティブラーニング、カリキュラムマネジメント、そして「未来を語ること」。「未来を語ること」を通した学校づくりを提唱する中原研究室×河合塾×JCERIの研究の最新知見です。どうぞご笑覧ください。村松灯、渡邊優子編著、中原淳監修、学事出版さんからの出版です。
  
 
   
  ーーー
  
新刊「女性の視点で見直す人材育成」(中原淳・ラーニングエージェンシー著)が重版出来!1万部突破です!AMAZONカテゴリー1位「企業革新」「女性と仕事」を記録しました!。女性のキャリアや働くことを主題にしつつ、究極的には「誰もが働きやすい職場をつくること」を論じている書籍です。7000名を超える大規模調査からわかった、長くいきいきと働きやすい職場とは何でしょうか? 平易な表現をめざした一般書で、どなたでもお読みいただけます。どうぞご笑覧くださいませ!
    

    
  ーーー
  
「育児は仕事の役に立つーワンオペ育児からチーム育児へ」(浜屋祐子、中原淳著 光文社新書)、AMAZONカテゴリー1位(光文社新書)、経営学カテゴリー2位を記録しました。育児と仕事の良好な関係、ワンオペ育児を乗り越え、チーム育児に転換していくヒントがあふれる書籍です。浜屋祐子さんの修士論文の知見をモティーフにした、育児の科学。どうぞご笑覧くださいませ。
   

  
  ーーー
     
新刊「データから考える教師の働き方入門」(辻和洋・町支大介編著、中原淳監修)好評発売中です。1日の労働時間が約12時間におよぶ、先生方。その働き方を見直し、いかに持続可能な職場をつくりだすのか、を考えます。「サーベイフィードバック方の組織開発を応用した働き方改革」の事例として、教育機関以外の組織でも応用可能です。どうぞご笑覧くださいませ
    

  
  ーーー
  
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約14000名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

 

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「感覚遮断」して生きる私たちの日常と「五感の解放」!?

2019.12.9 07:01/ Jun

「感覚遮断」して生きる私たちの日常と「五感の解放」!?

2019.12.6 06:40/ Jun

「戦艦ヤマト化した研修体系」に巣食う「ゾンビ研修」は「成仏」させたほうがいい!?

2019.12.5 07:11/ Jun

「ひとづくり・組織づくりのプロフェッショナルを養成する大学院」ー入試要項を公開しました!

人事業界に広がる「テクノロジー決定論」は「人間の猛烈なスルー能力」を軽視している!?

2019.12.4 07:10/ Jun

人事業界に広がる「テクノロジー決定論」は「人間の猛烈なスルー能力」を軽視している!?

この10年で「日本の人事・人材開発」は何が変わったのだろうか?

2019.12.3 06:38/ Jun

この10年で「日本の人事・人材開発」は何が変わったのだろうか?