NAKAHARA-LAB.net

2019.10.28 06:56/ Jun

あなたの「本番」はいつ来るんだ?:あなたが「学んで欲しい人」には「学びは届かない」という「皮肉なテーゼ」

 「学びの機会」を貪欲にとらえて、「自分の糧」にするひとがいます。
   
 一方で、
     
 どんなに機会を与えても、自ら動こうとせず、何もしない人もいます。
  
 教員というものをやっておりますと、そういう、なんとも「もどかしい場面」に、毎週、一回は遭遇するのではないでしょうか?
  
  ▼
  
 本来ならば、教員として「機会を活かして欲しい」のは「これまで、自ら動こうとせず、何もしなかった人」です。しかし、現実はそう甘くありません。
  
 たいがいの場合、教員が与えた機会を貪欲に活かそうとするのは「これまでも、機会をとらえて、自分の糧にしてきた人」なのです。
  
 本来動いて欲しい層は、てこで押しても、ブルドーザーで引いても、動きません。どんなに機会を与えても動かずに、「学んでいない」と不平を述べる。全く「不燃」ということもないのですが、「難燃」であることは間違いございません。
  
 ここで、わたしたちは「皮肉なテーゼ」に至ります。
  
ひとつ、あなたが「よかれ」と思ってつくった「学びの機会」は、「本来届いて欲しいひと」には届かない
  
ひとつ、あなたが「よかれ」と思ってつくった「学びの機会」が届くのは、本来、そうした機会が必要ではない層(自ら動ける層)である
  
結論、あなたが「よかれ」と思ってつくった「学びの機会」は、「動ける層」と「動けない層」の格差を拡大する
  
 結局、
  
 動くひとは、動く。
 動かない人は、動かない
  
 ただ、それだけのことなのです。
  
 しかし、高等教育機関の教員としては、だからといって、「学びの機会」をつくらないわけにはいきません。だからといって、あきらめるわけにはいかない(笑)。教員というものは、なかなか「あきらめられない存在」なのです。
  
「動かないこと」は「動かないことを選択している層」の「主体性」です。その「主体性」を最大限尊重しつつ、やはり、教員として「よかれ」と思っていることを、為そうと思います。いつか、それが「届くこと」を夢見て。
  
 要するに「ほっとけない」のです。
 ため息を漏らしつつも、自己嫌悪に陥りつつ、ついつい、こんな言葉が、口にでます。
  
「君にとって、本番は、いつくるんだ?」
「君の本番は、今日じゃなくて、いつでも明日だよね」
  
 なんとも、もどかしいものです。
 でも、教員が下を向くわけにはいきません。
  
 そろそろ「本番」にしようよ
 あなたの「本番」はいつ来るんだ?
  
 ま、オレは諦めないからね。
 おれと、根性勝負だな
    
 そして人生はつづく
  
 ーーー
     

  
「組織開発の探究」HRアワード2019書籍部門・最優秀賞を獲得させていただきました。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

   
 ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約14000名の方々にご登録いただいております。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

「生まれたての新規事業」が組織の中で「殺される」メカニズムとは何か?

2019.12.11 08:54/ Jun

「生まれたての新規事業」が組織の中で「殺される」メカニズムとは何か?

フィードバックは「憑依」で学び、「憑依」で研ぎ澄ます!?

2019.12.10 07:09/ Jun

フィードバックは「憑依」で学び、「憑依」で研ぎ澄ます!?

「感覚遮断」して生きる私たちの日常と「五感の解放」!?

2019.12.9 07:01/ Jun

「感覚遮断」して生きる私たちの日常と「五感の解放」!?

2019.12.6 06:40/ Jun

「戦艦ヤマト化した研修体系」に巣食う「ゾンビ研修」は「成仏」させたほうがいい!?

2019.12.5 07:11/ Jun

「ひとづくり・組織づくりのプロフェッショナルを養成する大学院」ー入試要項を公開しました!