NAKAHARA-LAB.net

2019.10.21 07:50/ Jun

ひとりぼっちの「孤独なデータ」は価値を生み出さない!? : データの「おひとりさま化」をいかに避けるのか?

 「孤独なデータは価値を生まない」
  
   ・
   ・
   ・
  
 最近、いつも思っていることのひとつです。
  
 これは、逆にいうと、
  
 「データは、データ同士が紐付けられて、はじめて価値を生み出す」
  
 ということです。
   
 どういうことかと申しますと、仕事柄、中原研究室には、さまざまな組織のデータが寄せられますが、それらのデータは、そもそも最初は「紐付けられていないこと」が、まことに多いのです。つまり、ここでいうと「孤独なデータ」です。そして「ひとりぼっちのデータ」は、そのままでは価値を生まない。ですので、研究室では、様々なデータを結合することから、仕事をはじめます。
  
  ▼
   
 組織サイズにもよりますが、多くの組織には、多種多様なデータが、そもそも、存在していることの方が多いように思います。
  
 人事データ
 採用時のデータ
 ストレスチェックのデータ
 従業員調査のデータ
 研修受講のデータ
 評価のデータ
 360度フィードバックのデータ
  
  ・
  ・
  ・
  
 などなど。
  
 組織サイズにもよりますが、多くの組織には「データがない」というよりも、むしろ「データがあふれている」。
  
 しかし、それらのデータが、相互に「紐付けられているか=ひとつの項目をキーにして、お互いのデータが結合されているか」というと、多くの場合は、そうではありません。
 それぞれが別々のデータベースに格納されていたり、エクセルの表になっていて、全く結合されていない。ひどい場合には、「存在している場所」すら忘れらされているのです。エクセルのファイルには、いつ、誰が、かけたんだかわからないパスワードが設定されていて、ファイルを開くこともできない
  
 もし万が一、これらのデータが相互に「紐付けられて」いたら、
  
 ・どういう採用を行ったひとが、組織への初期適応に成功するのか?
 ・どういうマネジャーが率いる職場が、ストレスが高いのか?
 ・マネジャーがどのような研修を受けると、どのような変化が職場にもたらされるのか?
  
 などなど、様々なことが「わかる」可能性があるというのに、実際はそうなっていません。
  
 もちろん、その先には違う問題もございます。
  
 いわゆる、
 
 「結合されたデータを、いったい、誰が、分析するんですか問題」

 という、まことに香ばしい問題ですね。
  
 しかし、多くの場合、話は「それ以前」なのです。
     
 データが、「とりっぱなし」になっている
 データが、「ひとりぼっち」になっている
   
 大切なことは、
   
 つなげられたデータこそが、価値を生み出す
  
 です。
  
  ▼
  
 今日はデータについて書きました。
  
 書いていて思ったのは、もしかすると、データというものは、よほど意識して結合させない限り、おそらく、「ひとりぼっちになっていく」ものなのかな、とも思います。

 つまり、どこかの誰かが企画して、データを収集して、そのひとが属人的に分析し、どこかに忘れ去られる。

 そもそも
  
 データとは、ほおっておけば、「おひとりさま」化するものなのかもしれません。
     
 データから価値を生み出すために、それを「ひとりぼっち」にせず、つなげていく意識的な努力が必要なのかもしれません。
  
 そして人生はつづく
  
 ーーー
    
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
    
新刊「データから考える教師の働き方入門」(辻和洋・町支大介編著、中原淳監修)好評発売中です。1日の労働時間が約12時間におよぶ、先生方。その働き方を見直し、いかに持続可能な職場をつくりだすのか、を考えます。「サーベイフィードバック方の組織開発を応用した働き方改革」の事例として、教育機関以外の組織でも応用可能です。どうぞご笑覧くださいませ
    

  
 ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約13000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

日本初!刑務所のなかでの「治療共同体(対話)」を克明に描き出した、とてつもない映画「プリズンサークル」を見た!

2020.1.27 07:32/ Jun

日本初!刑務所のなかでの「治療共同体(対話)」を克明に描き出した、とてつもない映画「プリズンサークル」を見た!

研修の「満足度」を問うな、研修転移を問え!? :「現場にインパクトを1ミリも及ぼさない研修」は「共犯関係」によって生み出されている!?

2020.1.24 07:14/ Jun

研修の「満足度」を問うな、研修転移を問え!? :「現場にインパクトを1ミリも及ぼさない研修」は「共犯関係」によって生み出されている!?

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評

2020.1.23 07:43/ Jun

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評

主体的な新人とは「トンガリ勘違いボーイ」なのか、それとも「仕事に前向きな人材」なのか?

2020.1.22 06:49/ Jun

主体的な新人とは「トンガリ勘違いボーイ」なのか、それとも「仕事に前向きな人材」なのか?

「他人をホイホイと動かすこと」だけに長けている「暗黒面に堕ちたリーダー」にならないために為すべきこととは何か?

2020.1.21 07:01/ Jun

「他人をホイホイと動かすこと」だけに長けている「暗黒面に堕ちたリーダー」にならないために為すべきこととは何か?