NAKAHARA-LAB.net

2019.10.16 06:21/ Jun

「人づくり・組織づくりのプロフェッショナルを養成する大学院」リーダーシップ開発コース:11月30日・今年度最後の大学院説明会開催!


日本初! 人づくり・組織づくりの大学院新コース「リーダーシップ開発コース」11月30日・2回目の大学院説明会開催
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/2019/1007/
   
2020年4月より、立教大学大学院 経営学研究科が「再編」され、「日本初」の新コース「リーダーシップ開発コース」が生まれます。
     
「リーダーシップ開発コース」は、経営学を基盤にしつつ、「人材開発・組織開発・リーダーシップ開発」についてこってり学び、修士(経営学)を取得できるコースになります。
  
 このコース、30単位あまりの取得単位のうち、なんと、22単位が「ひとと組織」の科目、プロジェクト、演習からなっています。
 卒業するころには、人材開発・組織開発・リーダーシップ開発のプロフェッショナルになっていること請け合いです。
  
  ▼
  
 せんだって7月に、この新コースの大学院説明会を開催させていただきましたが、当日、ご参加いただけなかった方がいらっしゃいました。このたび、2度目の説明会を、11月30日に開催させていただくことになりました。
  
「リーダーシップ開発コース」11月30日・2回目の大学院説明会開催、お申し込みはこちら!
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/2019/1007/
  
 第2回説明会の内容は、7/27に開催した第1回説明会と同内容となります。教育内容、カリキュラム、入試制度についてご説明を差し上げます。
    
 万障お繰り合わせの上、どうぞお越しくださいませ。
 すでに応募がはじまっております。
  
「リーダーシップ開発コース」11月30日・2回目の大学院説明会開催、お申し込みはこちら!
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/2019/1007/
  
 本大学院新コースに関しましては、皆様から多くのお問い合わせをいただいておりますが、つくづく思うことがあります。
    
 それは、経営学を基盤とした「人づくり・組織づくり」に特化した大学院コース、というものが、「社会から求められていた」のだ、ということです。
    
 人手不足、リーダー不足、働かないぶら下がり社員
 女性のキャリア問題、管理職の力量不足
 イノベーションを生み出せない組織、多様性を許容できない職場
   
 見回せばわたしたちのまわりは「人と組織」の社会課題だらけです。
 そうした社会課題を、大学院生の皆様とともにプロジェクトを成し遂げ解決できたとしたら、望外の喜びです。
  
 新コースは、まだはじまっていません。
 ですので、このコースに
     
 伝統は、ありません
 経験も、ありません
 決まっていないことばかりです
   
 しかし
   
 ここには、リーダーシップがあります
 経営学の智恵があります
 人づくり・組織づくりの経験があります
   
 11月30日の大学院説明会には、多くの方々がご参加いただけますことを、心より願っております。たぶん、他の大学院にはない、一風変わった大学院説明会にさせていただきたいと思っております。
  
 11月30日は、立教大学でお逢いしましょう!
   
 そして人生はつづく
  

日本初! 人づくり・組織づくりの大学院新コース「リーダーシップ開発コース」11月30日・2回目の大学院説明会開催
https://ldc.rikkyo.ac.jp/news/2019/1007/

ブログ一覧に戻る

最新の記事

日本初!刑務所のなかでの「治療共同体(対話)」を克明に描き出した、とてつもない映画「プリズンサークル」を見た!

2020.1.27 07:32/ Jun

日本初!刑務所のなかでの「治療共同体(対話)」を克明に描き出した、とてつもない映画「プリズンサークル」を見た!

研修の「満足度」を問うな、研修転移を問え!? :「現場にインパクトを1ミリも及ぼさない研修」は「共犯関係」によって生み出されている!?

2020.1.24 07:14/ Jun

研修の「満足度」を問うな、研修転移を問え!? :「現場にインパクトを1ミリも及ぼさない研修」は「共犯関係」によって生み出されている!?

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評

2020.1.23 07:43/ Jun

30年前の名著で予見されていた「3つの仕事」と「社会の分断」!? – ロバート・ライシュ(著)ザ・ワーク・オブ・ネーションズ書評

主体的な新人とは「トンガリ勘違いボーイ」なのか、それとも「仕事に前向きな人材」なのか?

2020.1.22 06:49/ Jun

主体的な新人とは「トンガリ勘違いボーイ」なのか、それとも「仕事に前向きな人材」なのか?

「他人をホイホイと動かすこと」だけに長けている「暗黒面に堕ちたリーダー」にならないために為すべきこととは何か?

2020.1.21 07:01/ Jun

「他人をホイホイと動かすこと」だけに長けている「暗黒面に堕ちたリーダー」にならないために為すべきこととは何か?