NAKAHARA-LAB.net

2019.9.13 05:57/ Jun

「実践=低級」vs「理論=高級」という二分法に隠されている「アイデンティティクライシス」!?

 人事・教育の領域において
  
 「ハウツー(How to : やり方)」とか「手法」とか言われるものは、どちらかといえば「低級なもの」として嫌われる傾向があります。
  
 たとえば
  
「そんなの、ハウツーじゃないか」
「手法なんてくだらない」
  
 のように。
  
 こうしたことを叫ぶのは、高邁な理論や思想をよしとする人であればあるほど、そうです。
 彼らは、「ハウツー」や「手法」を「低級なもの」とし、「理論」や「思想」を「高級なもの」とします。別の言葉でいうならば、「実践」や「やってみること」を「低級」なものとし、「理論」や「思想」を「高級」なものと位置づける。
  
  ▼
  
 しかし、世の中には、そうした「思想家」には「二種類の人種」がいることを見極めなければなりません。
  
「ハウツー」や「手法」は最低限、自分で実践できて、そのうえで、「ハウツー」や「手法」を「低級なもの」と位置づけている人種
  
 と
  
低級だとする「ハウツー」や「手法」すら自ら実践できないくせに(できないから)「ハウツー」や「手法」を「低級なもの」と位置づけている人種
 
 です。
  
 前者の場合は、何も言うことはございません。
 自ら実践できて、それでも、理論や思想が大切だといっているので、何も申し上げることはございません。
  
 ただ・・・後者の場合には、注意が必要です。中には貴重な指摘をしているものもございますので、峻別は必要ですが、その中には「アイデンティティ問題」が隠されている場合があるのです。
   
 すなわち、ハウツーや手法を「低級なもの」と位置づけるのは、彼らが、自ら「実践できないから」です。つまり、理論や思想しか語れない自分の「アイデンティティ」を守るために「ハウツー」や「手法」をさげすんでいる場合がありえます。他を攻撃することで、自らの存在意義を守る。
  
 つまり、
  
 ハウツーや手法をさげすむのは「アイデンティティ問題」でもある
  
 ということです。
   
 つまりは「アイデンティティクライシス」
 あー、言っちゃった(笑)。
   
 個人的には、そうしたアイデンティティ問題は、青年期に、部屋でひとりひざを抱えて、自ら処理してきてほしいのですが、シャバの世界では、そうなっていません。
  
  ▼
  
 実践的な領域は、やはり
  
 自らやってみること
 自ら実践できること
  
 にもそれ相応の「価値」があるものだと思います。そこに一定のリスペクトを置くことが重要です。
   
 少なくとも、僕は「低級」「高級」という二分法で、物事を考えたくない。
 「理論」や「思想」も重要。
 しかしながら、物事を変えるためには、同時に「ハウツー」や「手法」も大切なのです。
 
 少なくとも、低級だとか、高級だとか言うまえに、
     
 まずは自分でやってみて
  
 まぁ、「自分でやってみなくても」いいけど・・・せめて「実践するひと」や「やってみるひと」や「現場にたっているひと」は、リスペクトしよう。あんまりdisってると「OKY」って言われちゃうよ。
  
 O(おまえが)
 K(きて)
 Y(やってみろ)
  
 (笑)
  
 まぁ、誰も責めないから、
 青いお空の下で、スーハー、スーハーと深呼吸でもして、心に余裕を持ちなさいな。
  
 話は、それから。
   
  ・
  ・
  ・
  
 そして人生はつづく
    
 ーーー
  
新刊「組織開発の探究」発売中、重版4刷決定しました!AMAZONカテゴリー1位「マネジメント・人事管理」を獲得しています。「よき人材開発は組織開発とともにある」「よき組織開発は人材開発とともにある」・・・組織開発と人材開発の「未来」を学ぶことができます。理論・歴史・思想からはじまり、5社の企業事例まで収録しています。この1冊で「組織開発」がわかります。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
 ーーー
   
【注目!:中原研究室のLINEを好評運用中です!】
中原研究室のLINEを運用しています。すでに約13000名の方々にご登録いただいております(もう少しで1万人!)。LINEでも、ブログ更新情報、イベント開催情報を通知させていただきます。もしよろしければ、下記のボタンからご登録をお願いいたします!QRコードでも登録できます! LINEをご利用の方は、ぜひご活用くださいませ!
   
友だち追加
  

ブログ一覧に戻る

最新の記事

2019.10.22 09:06/ Jun

【御礼】「組織開発の探究」が「HRアワード2019書籍部門・最優秀賞」を受賞しました!

ひとりぼっちの「孤独なデータ」は価値を生み出さない!? : データの「おひとりさま化」をいかに避けるのか?

2019.10.21 07:50/ Jun

ひとりぼっちの「孤独なデータ」は価値を生み出さない!? : データの「おひとりさま化」をいかに避けるのか?

転職のとき、中途採用者が遭遇する「トホホなジレンマ」図鑑!?

2019.10.17 06:28/ Jun

転職のとき、中途採用者が遭遇する「トホホなジレンマ」図鑑!?

2019.10.16 06:21/ Jun

「人づくり・組織づくりのプロフェッショナルを養成する大学院」リーダーシップ開発コース:11月30日・今年度最後の大学院説明会開催!

2019.10.15 06:08/ Jun

能力が低いひとほど、セルフアウェアネス(自己認識)が狂ってしまうのはなぜか?:ダニング=クルーガー効果について考える