NAKAHARA-LAB.net

2019.9.4 06:38/ Jun

あなたの会社の「HRテック系サーベイ」が現場を1ミリも変えない理由!? : データによる組織開発が「コケる」5つの理由!?

 組織や職場の「現状」を、組織調査などの手段をもちいて、何らかのかたちで「見える化」すること
 見える化したデータを用いて、組織メンバーが「対話」を行うこと
 対話を通して、自分の組織や職場の「未来」を、自分たちの意志で「決めること」
   
  ・
  ・
  ・
  
 これら3つの手法を用いた「組織変革の方法」を、今日ここでは「組織開発」と呼びましょう(他にもいろいろな手法がございますが、ここではこれを組織開発とよびましょう)。
  
 いわゆる、
  
 データによる組織開発
 見える化による組織開発
  
 は、近年、HRテック(人事に科学やテクノロジーを用いようとするムーヴンメント)の普及とともに注目されている領域のひとつだと思います。
 が、あまりに注目されているがゆえに、安易に普及し、様々な問題を起こしていることも、また事実です。
  
 今日は、「データによる組織開発」が「コケる」いくつかの典型的パターンを論じてみることにしましょう。あなたの会社のHRテック系サーベイが現場を1ミリも変えない理由ですね。これらの理由は、僕がいくつかの現場を回るなかで、いろいろ見聞きしてきた事例です。
  
 思いつく限りざっとあげてみると、以下の5点になるかと思います。
  
1.データに「正解」を求める
2.データを「万能」だと思い込む
3.データを「やたらめったら」取り過ぎる
4.データを「放置」する
5.データが「マンネリ化」する
  
  ▼
  
 まず、1の「データに正解を求める」は、一番よく起こる事例かと思います。
  
「データによる組織開発」は、たしかにデータをとりますが、そのデータそのものが、組織やチームの「未来のあり方」を教えてくれるわけではありません。
  
 データそのものは「現場」を変えません
 データは現場のひとびとに解釈され、意味づけられ、対話されてこそ「現場」を変えます。
  
 図で示すと、下記の通りです。 
  
  
 
 決定的に重要なのは、ひとびとが、データをもとに「対話」することです。
 しかし、ともすれば、データやHRテックを信奉しすぎる方の中には、どうやらこれを「誤解」してしまうようです。
   
 端的に申し上げますと、
  
 データが「正解」を教えてくれると思ってしまう
 データそのものが「教えてくれる」と思ってしまいます
  
 これが第一の「誤謬」です。
  
 データは「正解を教えません」
 データで「納得解を導く」のは組織メンバーの対話です
   
  ▼
  
 次に2の「データを万能だと思い込む」です。
  
 データは、現場の「一部」を切り取り、伝えます
 見える化された「事実」とは、ひとつの角度から見たリアルです。
   
 つまり、
  
 データは「現場のリアル」を、そっくりそのまま「写像」できるわけではありません
   
 どんなに数字を使おうとも、どんなに高度な計算をしようとも、データに写像できるのは「現場の一部」です。
 
 つまり、
  
 データには「限界」があるということです。
  
 もちろん、データを高度に取り扱ったことのあるひとで、心あるひとは、そのことをよくわかっています。プロフェッショナルは、ここを誤解しません。
  
 だから、
  
 データに「期待」しつつも、
 データに「期待しすぎること」はありません。
  
 またプロフェッショナルは、
  
 データでは「測れないもの」があることをよく知っています。
  
 しかし、ともすれば、データやHRテックを信奉しすぎる方の中には、データが「万能」である、と思い込んでしまう方もいらっしゃいます。
 
 みなさんは、調査者に
  
 あなたが初恋のひとに抱いた思いを、1から10のリッカートスケールで表現してみてください。あてはまるものを1つに「まる」をつけてください
  
 と問われたら、「ドン引き」するでしょう?
 あなたが青春時代に感じた、あの甘酸っぱい淡い思いは、1から10のリッカートスケールで表現できますか?
   
 データには「測れないもの」がある、とはそういうことです。
    
  ▼
  
 3の「データをやたらめったら取り過ぎる」は、最近よく聞くことです。
  
 パルスサーベイ(パルス=心拍のように、短い期間に高頻度で同じ設問を組織メンバーに答えさせること)の普及によって、最近、組織メンバーには、高頻度で「様々な調査」がよせられます。そのことも一因のひとつで、「データをやたらめったら取り過ぎる」という状況が生まれます。
  
 「データをやたらめったら取り過ぎること」は、最悪の場合、4の「データを放置する」につながるので注意が必要です。
  
 4の「データを放置する」とは読んで文字のとおりです。
 1でも論じましたが、データは「組織メンバーに解釈され、意味づけられて、対話されてこそ」意味をもちます。つまり、
  
 データは「フィードバック」されて意味をもちます
  
 しかし、あまりにも高頻度でデータを取得したり、組織そのものにフィードバック文化がない場合には、せっかく取得されたデータも、現場には返されません。
  
 かくして
  
 データは「放置」されます
  
 よって
  
 現場は「1ミリも変わりません」
  
  ▼
  
 最後に、5.データは「マンネリ化」するとは、文字の通り、データの取得が「マンネリ化する=飽きられる」ことです。
  
 一番最初に、ひとがデータを「取得される」ときくと、たいていの場合は、「恐怖心」を「不安感」を抱き、抵抗をします。
  
 このように、最初のうちは、ひとは
  
 データに「びびり」ます
   
 これは、想定の範囲内です。
  
 しかし、たいていの場合、そうした「心理的抵抗」は、あっという間にやわらぎます。データを取得することが、それほど「自分に害をもたらさない」ということがわかると、今度は、逆に「緊張が弛緩」します。
   
 たいてい長いあいだ、それを続けていくと、その先に起こるのは「マンネリ化」です。
  
 つまり、
  
 データの取得が「マンネリ化」する
  
 具体的には、どんな調査をおこなっても、回答が「高ぶれ」してしまったり(社会調査をやっている方は、天井効果というものをご存じでしょう)、適当につけられたりしてしまう。
  
 ひとが「データに抵抗」する期間は短いものです
   
 しかし
  
 いったん「マンネリ化したデータ取得」は、内省なき場合、中長期に続きます
  
 適当につけているのだから、データは「ひずみます」
  
 ひずんだデータなのだから、「現場を変えません」
  
  ▼
  
 今日は「データによる組織開発」や「見える化による組織開発」がコケてしまう理由を5つ書いてみました。
  
 みなさんの組織では、
  
 データに「正解」を求めていませんか?
 データを「万能」だと思いんでいませんか?
 データを「取り過ぎて」いませんか?
 データを「放置」していませんか?
 データが「マンネリ化」していませんか?
  
 すなわち、
  
 データは「メンバーの対話」を促していますか?
 データは「活かされています」か?
  
 そして人生はつづく
  
  ーーー
      
9月1日・日本経済新聞の中原の記事「長時間労働の構造にメス」のなかで拙著「残業学」が紹介されました。おかげさまで重版出来6刷、さらに多くの皆様にお読みいただいております。AMAZONの各カテゴリーで1位記録!(会社経営、マネジメント・人材管理・労働問題)。
長時間労働はなぜ起こるのか? 長時間労働をいかに抑制すればいいのか? 大規模調査から、長時間労働の実態や抑制策を明らかにします。大学・大学院の講義調で語りかけられるように書いてありますので、わかりやすいと思います。どうぞご笑覧くださいませ!
  

  
また残業学プロジェクトのスピンアウトツールである「OD-ATRAS」についても、ご紹介しています。職場の見える化をすすめ、現場マネジャーが職場で対話を生み出すためのTipsやツールが満載です。ご笑覧ください。
    

対話とフィードバックを促進するサーベイを用いたソリューション「OD-ATLAS」の詳細はこちら
https://rc.persol-group.co.jp/learning/od-atlas/

ブログ一覧に戻る

最新の記事

効果の高い「人材開発・組織開発」をしたければ「ワークショップ」に飛びついてはいけない!

2019.9.20 06:59/ Jun

効果の高い「人材開発・組織開発」をしたければ「ワークショップ」に飛びついてはいけない!

【感染拡大中】「ガチ対話」をパコーンとすっ飛ばした「組織開発とは言わない組織開発」!?

2019.9.19 06:40/ Jun

【感染拡大中】「ガチ対話」をパコーンとすっ飛ばした「組織開発とは言わない組織開発」!?

【〆切間近:リーダー育英塾カンファレンス2019】で「未来の教育を考える」&「急成長するメルカリの人づくり・組織づくり」!?

2019.9.18 17:12/ Jun

【〆切間近:リーダー育英塾カンファレンス2019】で「未来の教育を考える」&「急成長するメルカリの人づくり・組織づくり」!?

上司が求める「がんばる」と部下の考える「ガンバル」の間の「絶望的なすれ違い」!?:パコーンとかましたフィードバックが1ミリも効果を生みだせない理由!?

2019.9.17 06:46/ Jun

上司が求める「がんばる」と部下の考える「ガンバル」の間の「絶望的なすれ違い」!?:パコーンとかましたフィードバックが1ミリも効果を生みだせない理由!?

「実践=低級」vs「理論=高級」という二分法に隠されている「アイデンティティクライシス」!?

2019.9.13 05:57/ Jun

「実践=低級」vs「理論=高級」という二分法に隠されている「アイデンティティクライシス」!?